即時更新でお届けする、日本一周の旅実況中継

 | ホーム | 

DSC09024_2018090414070450e.jpg
おはようございます。昨日は快晴の下で気持ちよく洗濯物を干し、散髪を済ませ、那覇の町歩きをしてと、充実した過ごし方が出来ました。その前の日には布団を干したし、こうなるといよいよやる事がなくなってきます。今日は一転して朝から天気が悪いですが、その方がむしろ落ち着きます。原点に回帰して宿で無為に過ごすことを楽しみたいと思います。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
DSC09025_20180904140706987.jpg
いよいよ那覇のゲストハウスでの最後の自炊の朝食です。梅干し、納豆、金平に加えてひじきも昨日でなくなり、内容がより貧相になると予告しました。が、ここで逆転の一撃を繰り出しました。色々な野菜が予め炒め物用に切られた出来合いのパックです。最後が変化球の野菜炒め定食になりましたが、これも一興でしょう。
一方で卵が今日で最後の一個というのは良い流れでした。問題をこれをどう使うかです。考えられるやり方は三通りあって、野菜炒めに最後に加えてチャンプルーにするか、玉子かけご飯にするか、目玉焼きにして添えるかです。結局一番簡単なチャンプルーにしました。見た目には皿の数が少なく簡素にも見えますが、内容は充実しています。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
DSC09026_20180904140707609.jpg
DSC09030.jpg
髭剃り用のローションと石鹸がそれぞれ残り僅かになったので薬局で購入しました。髭剃り用ローションはともかく、石鹸はただでさえ減るのが遅い上に三個組で買うので、果たして前回はいつ何処で買ったのかもう思い出せません。はっきりと覚えているのは函館のセコマでポイントと引き換えたものですが、もう一年も前のことです。流石にその後に一度買っているのかも知れませんが、とにかくなかなか減らないものなので函館以来という可能性もあります。
日用の消耗品がなくなって新たに買う時に長旅であることを実感する。繰り返し述べていることですが、この三個組の石鹸はとりわけその匂いが強いです。

話が少々脱線しますが、石鹸はこのように長持ちするし、安価だし、小型で軽く携行し易いと、まさに良い事尽くめです。単に旅に持つのに向いているというだけでなく、化学物質の百貨店ともいうべき合成シャンプーなどで頭髪を洗うよりもあらゆる面で良いのです。ついでに言うと、本当は衣類や食器も石鹸で洗う方がいいのです。しかしこれらについては私は敢えてやっていません。何故かという話をすると長くなり過ぎるのでここでは省きますが、またいつかの機会にでも…

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
DSC09027.jpg
那覇を去る前に訪ねてみたい食堂を挙げ出せばそれこそきりがありません。取捨選択も辛い作業ですが、その中の一軒に昼を食べに来ました。二度目の訪問となる亀かめそばです。半年ぶりです、手堅く前回と同じフーチバー入りの軟骨ソーキそばの中を注文しました。

DSC09028_2018090414071090b.jpg
先日訪ねた「麺家丸翔」のずば抜けた美味には及びませんが、たっぷり乗ったフーチバーとソーキ、出汁、麺のバランスがとれたこの店ならではの完成された味わいです。大ぶりなソーキが四切れも乗って麺の分量も多く、これで550円とは天晴れ。昔ながらの食堂の雰囲気も良く、那覇を代表するそば屋の一つです。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
一日の始まりの朝から気分の悪い出来事があると、本当に嫌な気持ちになりますよね。残念ながら今日はそんな始まり方をしました。まさに起床した直後のことです。顔を洗おうと洗面所に行くと、あろうことか目の前で煙草に火をつける輩がいるではありませんか。迷惑千万ですが、百歩譲ってこの時点ではまだ悪気があるとは断定出来ません。或いは最近似たような安宿で館内禁煙でないところに泊まって、それで勘違いをしていた可能性もあります。

DSC09029.jpg
しかしこの直後に、やはりそんなものではなかったと思い知ることになります。その男にここは禁煙である旨を告げると、私と目も合わさず火を消すこともせずに、「うぃっす」と一言言っただけで煙草を咥えたまま洗面所に面した裏口から外に出て行きました。典型的なチンピラ、やくざ者の所作です。まさに不愉快の極み、とりあえず鍵をかけて締め出してやりました。

それにしても、自分の欲望のためにそうと知りつつ規則を犯し他人に迷惑をかけているのだから、私に喧嘩を売ってでもその場で煙草を吸い続けるというならまだ筋が通っているし、骨のある奴だとも思えます。しかしそうではなく、さりとて謝罪をして即座に煙草の火を消すでもなく、何という中途半端か。「自分が何をするか」ではなく、人に何か言われたから、おこられたからそれにどう対処するかを考えて行動しているのでしょう。自分が悪いくせに母親に叱られてへそを曲げている甘ったれの幼児のようです。生き方が情けない。
不逞の輩を取り上げて何を言ったところで無益なのですが、この事件の直後に荷物を持って宿を出て行ったのがせめてよかったです。清々しました。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周 ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。