即時更新でお届けする、日本一周の旅実況中継

 | ホーム | 

DSC09141_20180911094716cc6.jpg
おはようございます。朝までぐっすり眠れました。ゲストハウスの一泊分かそれ以上にあたる二千円を足すことには躊躇いもありましたが、結果として寝台を奢って正解だったようです。
起きてまず甲板に出ると、開聞岳がまさに目の前でした。実に印象的な風景です。前方にはやや雲に隠れてうっすらとではありますが、桜島も見えてきています。このように山容が特徴的に際立った山は沖縄にはないので、これだけでも本土に帰って来た実感が湧いてきます。

この航路にしては珍しく定刻で航行されており、天気も悪くありません。今のところ万事順調です。桜島に迎えられて鹿児島に帰還するまであともう少しです。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
DSC09142.jpg
DSC09144_201809110947187e0.jpg
いよいよ鹿児島港入港も目前です。目の前には桜島の巨大な山容が聳え立っています。
何という神々しい姿か。まるで十ヶ月振りに帰って来た私を迎えるために太古からここに在ったのではないかと思える程です。半分が雲に隠れ山頂も見えないのは残念ではありますが、今の私にとってはこれで十分過ぎるくらいです。むしろこれまでに感じてきた、単に素晴らしい景色だという以上の存在感を感じています。旅の節目に相応しい印象際立つ光景です。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
DSC09145.jpg
23時間の航海を経て鹿児島新港に上陸しました。奄美大島へ向けて出港したあの日から数えて287日振りに本土の地を踏みました。
本日これからの予定ですが、まずは朝食です。そしてすぐに走り出すわけではありません。鹿児島ではカブの大掛かりな整備という何より大事な仕事があります。それから、久し振りの鹿児島の町をゆっくり楽しみたいという思いも強くあります。多くの読者諸兄の期待に応えて、鹿児島市街に留まります(笑)

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
DSC09149_20180911094947a72.jpg
既に空腹の極み、下船したところでとにかくまずは朝食です。意表を突いて今朝はモスでいただきます。何故朝モスなのかというと、これには三つの理由があります。
まず、鹿児島の町には朝食向きのこれといったネタがないこと。次に、手元にあと一枚残っているモスの株主優待券の使用期限が今月末に迫っていること。それから、食事だけでなく、落ち着いてパソコンを広げられるところで昨日のブログ記事に写真を貼り付ける作業をしたかったからです。ついでに一つ付け加えるなら、モスバーガーといえば昨日食中毒の不祥事が明らかになりました。その直後である今こそは最も安心安全に食べられるであろうからです(笑)

DSC09148a.jpg
DSC09146_20180911094944591.jpg
港のすぐ近くで駐車場がある与次郎店にやって来ました。鹿児島が冠されない味のある店名が良いです。駐車場には火山灰が積もっていて、これも鹿児島に来たことを実感する光景です。

DSC09150_20180911094948846.jpg
DSC09151.jpg
この店は店内の雰囲気が実に良いです。モスにしては相当に広い店です。そして天井が高いので開放感があります。焦げ茶色を貴重とした落ち着いた配色に背が高く大きなソファも良く、全てが上等な建材というわけではありませんが天井には天然木が張り付けられています。小物類なども洒落ていて実にセンスが良いです。
先日モスとバーガーキングの比較をする記事を書きました。しかしこういう店舗を見ていると、ハンバーガー類の味のみならず様々な面において、やはりモスはバーガーキングやマクドナルドあたりとは格が違うと改めて思わされます。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周 ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
DSC09152.jpg
はい、毎度お馴染み鹿児島市街のゲストハウス、鹿児島リトルアジアに着きましたよ(笑)

DSC09153.jpg
そしていきなり洗濯をします。着替えはまだ残っているのですが、ここは洗濯機も洗剤も無料という太っ腹なのです。だから出来る時にやっておくのみです。実は今日は天気が良いので午前中からこのようにして過ごすのは勿体なく、薩摩半島周遊なども当然考えました。が、止めました。

DSC09154.jpg
今回鹿児島で一番大事なのはカブの整備なのです。バイク屋へは明日の朝一番で行くことになっていますが、その前に全ての荷物を降ろさなければなりません。ここに、先日沖縄北部で打たれた雨が余りに強かったために色々な物が濡れてしまったという事情が加わります。枕を入れているリュックなど最たるものです。ヘルメットのインナーもやや湿っぽいです。そしてテントを巻いていたドカシーや、テント内に敷く銀色のシートなども濡れています。
普段はまず濡れないドカシーの折り返した裏側まで濡れているのには驚きました。こんな事は初めてで、いかに酷い雨だったかが分かります。それにしても久し振りに引っ張り出した挙句使う前に濡れてしまうとは不憫ですorz

荷物を一旦降ろすのならば、乾かす作業をついでにやるのが最も効率が良く、晴れているからこそこれをしなければならないというわけです。洗濯物ともども、ゆっくり乾くのを待ちます。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
晴れて風もあったのは助かりました。色々な物がすぐに乾いてくれて、取り込むことが出来ました。一つ鹿児島の町でやらねばならない用事があるのでカブで再出発したのですが、途中で昼を食べていきます。

DSC09156_2018091116360777f.jpg
昼に何を食べるかもまた問題です。夜のことを考えると軽めがいいのですが、恰好のものがありました。セブンイレブンの弁当です。沖縄から鹿児島に戻って来たことを実感するものがいくつもありました。桜島の眺めであったり、家並みの違いであったり色々ですが、その一つがセブンイレブンの存在です。リトルアジアへ向かう途中セブンイレブンの姿を見付けてヘルメットの中で一人歓声を上げたのはここだけの話です(笑)
総合点で考えるならコンビニの王者はセイコーマートですが、弁当や総菜の美味さだけを言えばセブンイレブンの圧勝、独擅場です。

DSC09157_20180911163608246.jpg
これだよこれ、まさに絶妙の味付け。大手三社だけで比較しても、ローソンとファミマはどうしてこの味に大きく劣るのか、積年の疑問です。それはともかくとして、この先は再びセブンイレブンの世話になる機会が多いでしょう。長いこと荷物の奥の方に眠っていたナナコカードを財布の中に移しました。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
DSC09158_20180911163701071.jpg
鹿児島の町でやらねばならない用事とはこれでした。荷物を留めるためのネットを新たに買うことです。この旅の出発時からずっと使ってきたネットですが、完全に劣化してもはやこんな酷い状態になっていました。

DSC09147_2018091116365876f.jpg
まさにぎりぎり、何とか荷物を飛ばさずにここまで来ることが出来ました。このネットはこの日本一周よりもずっと以前から使っていたもので、年数を考えれば大往生です。
2りんかんは市街の南の外れにあって思ったよりも遠く、産業道路こと県道217号を快走して三十分近くもかかってしまったのは誤算でしたが、わざわざ来た甲斐あって良いものを買えました。2りんかんのオリジナル商品ということで、用品メーカーの一般的な品の数分の一である600円という格安品です。目が粗く伸縮性も劣りますが、今の私の使い方ではこれで十分、安い方がありがたいです。

DSC09163_201809111637094ab.jpg
ところでこれまで使っていたネットは赤い色でした。好きな色でもないし全体の雰囲気に合っていないし、何故赤なのか我ながら不思議です。察するに、ワゴンなどに入っている格安の処分品を買い求めた結果でしょう。今回は色が選べたので好きな青色にしました。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
2りんかんのすぐ近くに簡易郵便局があったので寄っていきます。与那国島の久部良簡易局以来の貯金です。簡易局は名前よりも雰囲気や佇まいに惹かれて立ち寄る。予て述べていることですが、久々に大当たりの簡易局に出会いました。

DSC09160.jpg
DSC09159.jpg
DSC09161_20180911163706e09.jpg
DSC09162.jpg
商業団地の協同組合会館の中に入る佇まいが秀逸です。敷地の片隅の看板から局内の雰囲気まで全てが良く、外壁に付けられた黒色の局名の切り抜き文字は出色です。本土に戻って来たところでこの先は記念貯金の機会も増えると思われますが、最高の滑り出しとなりました。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周 ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
久しぶりの鹿児島の町、平日という絶好の条件です。勿論居酒屋を訪ねます。そして鹿児島で居酒屋といえば天文館です。とはいっても、昨秋にも述べた通り今や天文館にかつての輝きはありません。名店が次々と姿を消し、「焼酎天国」「屋久島」「ぶんご」「湯どうふごん兵衛」が閉業してしまいました。

教祖が薦める店の中で「味乃さつき」は健在ですが、ここはそこまで良いとは思えません。おまけに「菜々かまど」で予約満席が常態化してしまい、もはや天文館は総崩れだと嘆いたのです。ならばと西駅の北側に広がる飲み屋街の開拓に打って出たところ、一発で「魚福」という名店と出会ったのです。ならばその方針を継続すればいいと思われるでしょう。私自身もそうも思いました。しかし久しぶりの鹿児島の町への挨拶代わりとして、やはり天文館を訪れなければ落ち着きません。それで結局やって来た次第です。

DSC09165.jpg
この流れにおいて、本日の最初の方針は明確でした。まず「菜々かまど」を訪ね、入れなければ「大安」へ。ここも駄目なら意を決して新規開拓に挑むというものです。結果として一発で菜々かまどに入れたのは幸運でした。私の後からやって来た独酌ないし二人連れの飛び込み客は全て断られていたからです。

刺身の盛り合わせはまさに絶品。どのネタも美味ですが、中でも締め鯖を食べて本土に戻って来た実感が湧きます。居酒屋の肴に移動の実感を得る、何より幸せなひとときです。トビウオのつけあげも健在、秀逸な味わいです。一階はカウンター八席のみですが、そこに給仕の女性が二人も居て、打てば響く接客も心地好いです。独特の甘味とコクがある加世田の酒、八幡が飲めるのも、珍しくも嬉しいところです。天文館の最後の砦とも言えるこの店の価値が何一つ失われていなかったのはせめて幸いです。
印象的だったのは、私の後から来た客が全て断られていたと言いましたが、カウンターが全て埋まってはいなかったことです。虫食いの空席が二つありました。大衆酒場だったら席を詰めたり移動するように頼まれ、やって来た二人連れが入って満席になっていたでしょう。ここでは居心地を重視して敢えてそれをしない方針だということです。
かように何から何まで上等な店ですから、会計も大衆店とは一回り違います。生ビール一杯に焼酎二合、刺盛り、揚げ出し豆腐、つけあげで5,400円でした。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周 ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。