即時更新でお届けする、日本一周の旅実況中継

 | ホーム | 

DSC09287_20180915161744edb.jpg
おはようございます。昨日は表題のキャンプ場でテント泊しました。過去に二回程利用したところでもあります。
この経路を予想出来た方はいらっしゃるでしょうか。朝に多良木を出発して人吉を通って南下していったわけですから、これは事実上「戻って来た」と言っていいでしょう。これには事情があって、私自身こうなるとは思わなかったのです。本当は西へ進んで長島から天草を目指す方向に進むつもりでいたのですが、ここに二つの壁が立ちはだかりました。
まず、もう九月も真ん中まで来ましたが、南九州はまだかなり暑いという事実です。バイクで走るにもTシャツ一枚ですが、昼間など晴れているとそれでも蒸し暑いくらいです。これは海が近い所でテント泊などしたら暑くて寝られない可能性が高いです。もう一つは、そのテント泊適地が見当たらなく、ならばと天草の安宿に問い合わせたのですが、連休の弊害で満室でした。そこで天草は後回しにすることにして、そして山に囲まれた内陸の人吉ならば夜も凌げるだろうと思ったのでした。

さあそれはともかくキャンプ場の紹介をしましょう。有料で430円かかりますが、十分に納得出来る素晴らしい施設です。てらいのないいかにもキャンプ場らしいキャンプ場で、広大な芝生や木立が気持ちよく、炊事場やトイレもよく手入れされています。バイクも車も乗り入れられます。広い公園の一番奥にある落ち着いた立地も申し分なしです。人吉の町までバイクなら十分程、スーパーはすぐ近くにあります。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周 ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
人吉の共同湯の中から一つだけ選ばなければならないなど、殆ど拷問のようなものです。昨日はキャンプ場との位置関係と古い佇まいの良さから堤温泉を選びました。

DSC09288.jpg
DSC09289.jpg
DSC09290.jpg
一体いつ建てられたものなのか、素晴らしい雰囲気です。中もここから想像される通りで、言うまでもなく完全放流式の本物の温泉です。料金は200円という安さ。まさに完璧です。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
DSC09291_20180916174237083.jpg
本日は久し振りのすき家で朝食をいただきます。実はすき家に寄るために僅かとはいえ遠回りしました。しかしその僅かな距離が原付には重いのです。コンビニで済ませずにわざわざそんな事をしたのは、今日はこれから長距離移動を控えているという事情があるからです。熱々の豚汁と牛丼、玉子で朝からしっかり力を付けようと思ったのです。牛丼もいつもはミニを注文するところ、今日は並にしました。

DSC09292_201809161742397a9.jpg
これについて一つ思い出したことがあります。実は以前に一度、すき家に対して意見を送ったことがあります。
この日本一周に出発する直前、運送屋のアルバイトをしていた時のことです。早朝六時の始業では家で自炊の朝食を食べていく気にもなれず、職場の最寄り駅の目の前にすき家があったので、毎朝のようにここで食べていました。毎度決まって牛丼のミニを注文していたのですが、これを店員が頻繁に並と間違えるのです。無理もない上に、ミニの注文がごく少ないが故に店員が並と思い込んでいると推察されます。

聞き取り易いようにと意識して伝えているにもかかわらず短期間の間に三回間違えられた時には流石に苛々して、意見を送ったのでした。これこれこういう事が頻発して煩わしい思いをしている、ミニではなく小という呼び名に改めたらどうだと。あれから一年半が経ちましたが、依然としてミニのままです。やはりミニの注文はごく少数派なのでしょうかorz

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
人吉から国道445号で北へ進んできました。景色は良いし交通量は皆無だし、最高です。只今五木村の道の駅で最初の休憩中です。

DSC09294_20180916174242b45.jpg
DSC09293_201809161742400a9.jpg
ここでまたしても「かなり久し振り」が二つ登場します。長袖シャツとインバーターです。すき家を出るところから長袖シャツを着て走っています。今はこれでちょうどよいです。沖縄でも一月や二月にはたまにこれを着る機会もありましたが、半年以上は着ていませんでした。ただし今はまだこの時間で、さらに山深い所を走っているという事情があります。それでも日差しはまだ夏のそれです。この後脱ぐ可能性が高いです。
バイクのバッテリーから引いた電源にインバーターをつないで充電する。実はこれは沖縄にいる間も動作確認のためにたまにやっていました。しかし必要にかられてこれでスマートフォンを充電するのは、昨秋以来のことです。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
DSC09296.jpg
DSC09298_20180916174454544.jpg
国道218号に突き当たって併用区間に入りました。東へ進んですぐに現れるのが霊台橋です。国の重要文化財でもある石積みの巨大なアーチ橋は素晴らしいの一言です。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
DSC09299.jpg
DSC09300.jpg
国道218号に入ったら一気に交通量が増えました。そして連休の中日です。混雑を嫌って通潤橋は敢えて素通りしました。過去に何度か訪ねているし一度放水も見ているので、今回はいいでしょう。県道141号に折れてすぐの所にある円形分水を訪ねます。人口の物ではありますが、他ではまず見られない不思議な光景です。

ところで予想通りの展開ですが、気温はぐんぐん上がって31度。日差しも強く、バイクを停めると実に暑いです。先程霊台橋から長袖シャツを脱いでTシャツ一枚で走っています。今日も夜までこの格好でしょう。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。


にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
DSC09301.jpg
DSC09302.jpg
DSC09303_20180916174502f0c.jpg
大分県は竹田市に入りました。県道8号を進んで行くと現れるのが、道路と川を一跨ぎにする石積みの六連アーチ橋です。水道橋とのことですが、鉄道橋と見まごう程の立派なもので、非常に素晴らしいです。九州はこのような規模の大きい水道建築が多いような気がします。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
DSC09295.jpg
今日は何と人吉から別府まで移動しました。走行距離は230kmにもなりました。北海道の200km超えとはわけが違います。朝から走りづめに走って、先程17時前に漸く到着したところです。かなり疲れました。

こんな事になったのは、旅人としての自任と過信、慢心があったからです。
昨日、南九州はまだ暑いから海が近い所でのテント泊は無理そうだと言いました。内陸で盆地の人吉ならいけるだろうと思っていたのですが、そう甘くはなかったです。テントの中はパンツ一丁でも蒸し暑く、蚊や蛾、蟻が入って来るのを構わずテントの入口を開け放って晩酌するしかありませんでした。ともあれ、今はとにかく北へ移動することが肝要です。
人吉から北へ移動となれば思い浮かぶのは何といっても阿蘇です。しかし、連休の阿蘇など絶対に行きたくない所です。何故かということについては後述します。そこで阿蘇からさらに先、別府のゲストハウスに駄目で元々で問い合わせたところ、連休中だというのにまさかの空室があったのです。

さあ慢心とはここからです。私は人吉から別府までの距離を慎重に確認することもせずに、九州の地図を頭に思い浮かべ、カブでも十分移動出来る距離だろうと思い込んでしまったのです。そして即答で別府ゲストハウスの予約を取ってしまいました。ところが人吉から別府まで優に200km以上もあると分かったのは今朝のことでした。だから朝食に牛丼と豚汁を食べたのです(笑)
何とか無事に、日のあるうちに着けたからこうして笑い話に出来ていますが、朝から夕方まで走り続けたのには参りました。もうしたくないですねorz

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周 ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
DSC09311.jpg
別府も人吉と同様、数多ある共同湯の中から一つを選ぶのは大変な仕事です。と言いたいところですが、今日は事情が違います。とにかく疲れ切っているので、宿から一番近い湯で決まりです。それが不老泉です。
確か以前来た時は工事中で休業していたと記憶しています。建物は真新しいものに代わっていました。しかし中の雰囲気は昔からの別府の共同湯そのままです。入浴料金も変わらず百円です。

それにしても昨日が人吉で今日が別府とは何という贅沢か。長距離走行の疲れも吹き飛びます。それどころか今日の移動はあるべくしてあったのではないかとすら思えてきます。別府温泉万歳。日本人の幸せここにあり。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
DSC09313.jpg
全国一千万の別府温泉ファンの皆様、こんばんは(笑)
別府で飲むのは実は初めてのことです。何度も宿泊していながらどうして今までこれをしなかったのか自分でも不思議です。事の成り行き、その場凌ぎで適当につまらない店に入ったことは或いはあったかも知れませんが、居酒屋を訪ねるべくして訪ねたのは今日が初めてのことです。だから別府の町にアーケードの商店街があることも、飲み屋街の中心を成す通りがそのアーケードと直交していることも知りませんでした。

それどころか大分県で飲んだこともありません。だから大分名物に琉球というものがあることも初めて知りました。沖縄帰りの身としてはまるで関係ない魚料理を琉球と呼ばれても不思議な感じがします。繰り返しますが、何故なのか自分でも不思議です。

DSC09312_20180917071412c2b.jpg
ともかくそんな大分県の居酒屋初訪問となれば教祖推奨の老舗しかありません。チョロ松にやって来ました。教祖の著によれば創業は昭和三十年とのこと。となると六十三年目です。大したものです。
七時半に暖簾をくぐるとカウンターは十三席中九席が、小上がりは五卓のうち三卓が埋まるという、実に適度な客入りです。注文したのはとりもつ、豆腐の田楽、そして当店名物のかも吸いです。とりもつは上品で濁りがない見事な味で、老舗の仕事が見て取れます。たっぷりの葱が乗り、その上に柚子胡椒が。九州を旅している実感が湧く嬉しいひと時です。
かも吸いは何といっても、胡椒が効いてかなり塩辛い出汁が特徴です。具はかも肉の他には少量の豆腐と蒟蒻、牛蒡、たっぷりの葱、そしてかぼすを客の目の前で最後に上に落とします。殆どが骨で僅かな固い肉がこびり付き、事実上食べられない部分も入っています。出汁を取っているのでしょう。それにしても塩辛いです。実はかも吸いにはそば入りとそばなしがあって、私はそばなしを注文しました。これについて思ったのは、この塩辛さは最後の締めのそば入りを前提としているが故なのだろうということです。伝統のかも吸いを誇るのではなく、あくまで居酒屋として在り、締めのものと位置付けるへりくだった姿勢は実に好感が持てます。

唯一残念だったのは、ここは外国人の店員が何人もいて、出身もまちまちです。彼等の意志の疎通と連携が取れていなくて、主任格の中国人か韓国人と思われる女性が苛々しているのが伝わってきてしまうのです。老舗の熟練の仕事と店内のこなれた雰囲気が合わされば完璧だったのですが。しかし別府に来たならまたここしかないと思える名店には違いありません。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周 ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。