即時更新でお届けする、日本一周の旅実況中継

 | ホーム | 

おはようございます。別府の町の安宿で朝を迎えました。嬉しいことに今日も天気が良く、今のところ国東半島周遊を予定しています。ただしその前に、朝風呂に入るなど別府の町をのんびり歩いてみたいと思っています。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周 ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
始動が遅くなるのを嫌って結局朝風呂はやめました。これだけでもぬるいのですが、今朝は更なる緩手があります。朝食が二日続けて牛丼屋になってしまったのです。それも昨日のように自ら望んだわけではありませんorz
別府の町も朝食向きのこれといったものがありませんでした。いや力及ばず見付けられなかったと言うべきでしょう。

DSC09316.jpg
DSC09317.jpg
ファミリーマート、地場のたこ焼き屋と長屋になっている風変わりな店舗です。いつも吉野家では牛丼しかたのまないのですが、流石に今日は変化を付けて豚丼を注文してみました。甘さと胡麻油の香りだけに頼ったタレは深みのない味わいで、牛丼の完成された伝統の味には遠く及びません。
すき家の後を追って総花式の品書きを持つに至った今の吉野家の姿には常々疑問を持っています。こういうのはすき家と松屋に任せておけばいいのであって、牛丼の味は飛び抜けているのだからむしろ品数を絞った方が、牛丼も値下げ出来るし業績も上がると思うのですが。素人考えでしょうか。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
DSC09318_20180917171310c2c.jpg
DSC09319_20180917171312703.jpg
DSC09320_2018091717131359c.jpg
国道10号を北へ快走してきました。県道に折れて山に入り、本日まず訪ねるは熊野磨崖仏です。見上げるような杉林の間から木漏れ日が差す山中を進むと、これも見上げるように急な乱積みの石段が現れます。汗だくになり息を切らしてそれを登ると、深い山の中に突如として巨大な磨崖仏が現れるのです。

DSC09322.jpg
DSC09323_20180917171316b2e.jpg
DSC09324.jpg
仏像や史跡にさしたる興味のない私でも、この森厳な佇まいには息を呑みました。連休中、快晴ですが訪れる人が少ないのも良いです。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
DSC09325.jpg
DSC09326.jpg
DSC09327.jpg
豊後高田から海辺を周回する国道を時計回りに走り、周防灘フェリーが発着する竹田津港に立ち寄っていきます。これに乗れば徳山まで僅か二時間で短絡出来ます。
昭和の佇まいを残すフェリー乗り場が秀逸です。売店も盛業です。駐車場の片隅には、長州急配という社名が書かれた大型トレーラーが大分ナンバーを付けて待機しています。きっと業務で頻発に、場合によっては毎日この航路を使っているのでしょう。

長距離フェリーから小さな渡船まで含めて、全国の全ての航路を乗りつぶしてみたいというのが秘かな願望です。しかし死ぬまでにそれが実現する可能性は限りなく低いです。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
DSC09328.jpg
県道201号に入ったところで、偶然にも萱島酒造が現れました。昨晩訪ねた「チョロ松」で出された西の関を造っている蔵です。大分の酒というくらいの認識しかなく、蔵の所在地までは把握していなかっただけに、嬉しい出会いです。旅先で居酒屋を訪ね、当日ないし前後日にそこで扱われている酒を造っている蔵も併せて訪ねる。これぞまさしく至福のひとときです。

DSC09329_20180917171550afe.jpg
DSC09330_20180917171551f40.jpg
そしてこの蔵は国の文化財に指定されているそうです。川に沿って古めかしい建物群や煉瓦積みの煙突が建つ様は素晴らしいです。酒好きならずとも、単純に一連の建築物群としても一見の価値があるものです。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
DSC09332.jpg
DSC09331.jpg
DSC09333_2018091717170703a.jpg
DSC09334_20180917171708722.jpg
DSC09335.jpg
DSC09336_20180917171711b69.jpg
杵築まで来ました。城下町の面影が色濃く残されています。現地の人達の現在の生活とかけ離れた町並み保存には疑問を抱かずにはいられませんが、ここではそのような不自然はなく、且つ広範囲、大規模なのです。素晴らしいです。

DSC09337_201809171717132fe.jpg
そして出色は意外にも杵築市役所です。鉄筋コンクリート造りでありながら屋根の一部に木を使って瓦を葺き、現代の建築物としての合理と機能を保ちつつ、意匠の統一も両立しているのです。この発想は見事と言う他ありません。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
DSC09338.jpg
DSC09339.jpg
この流れで杵築駅も訪ねます。堂々たる破風を持つ木造駅舎が健在で非常に素晴らしいです。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
DSC09342_20180918074954e43.jpg
沖縄から戻って来て何より大事なこの仕事を、忘れていたわけではありません。ここまで報告がなかったことを不安に思われていた方もいらっしゃるでしょう。ご心配をお掛けしましてたいへん申し訳ございません(笑)

鹿児島の書店にも人吉の書店にも、何故だか置かれていなかったのです。出発前に住んでいたさいたま市の自宅の最寄りの「須原屋」に毎月十冊入荷して、一冊か二冊売れ残っていたので油断していたのです。それにしてもお膝元の九州、それも鹿児島のような大都市の大型書店に入荷がないのは不可解です。
ともあれ無事手に入れることが出来ました。果たして今月は元が取れるでしょうか。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
DSC09340_20180918074952394.jpg
昨日は疲れ切っていたのでとにかく宿から一番近い共同湯に入ったと言いました。では今日は新規開拓するかというとさに非ず。夕方の風呂は、宿からサンダル履きで歩いて行けることが最も大事なのです。然るに別府ゲストハウスから徒歩圏内にある共同湯は過去に全て入ったことがあるのです。それも複数回。ならば二番目に近いところへ行くのみです。今日は田の湯温泉に入ります。
それにしても、百円で入れる本物の温泉が徒歩圏内に幾つもあってどこに行こうか迷うなどと、こんな贅沢があるでしょうか。別府温泉万歳。日本人の幸せここにあり。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周 ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。