即時更新でお届けする、日本一周の旅実況中継

 | ホーム |  次の頁→

おはようございます。今日は三泊した別府を出発して移動します。どちらへ向かうかは、ここまでの流れからもう明らかでしょう。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周 ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
DSC09378_20180919190307982.jpg
昨日のように予め用意していないので、本日の朝食はコンビニで済ませます。ただし今日は昼に食べてみたいものがあるので意図的に軽く、サンドイッチ一つのみとしました。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
DSC09304_20180918125343e06.jpg
前回の日本一周に続いて世話になった別府ゲストハウスの紹介をします。あらゆる面でいかにもゲストハウスらしいゲストハウスです。

DSC09305_2018091812534472b.jpg
DSC09308_2018091812534764a.jpg
DSC09306_201809181253461e0.jpg
部屋は二段ベッドの相部屋、コンセントが二口と電灯、枕元の位置に小さな棚が付けられています。勘所を心得た造りに感心します。そして一人に一つかなり大きな荷物棚が用意されていて非常に便利です。

DSC09309.jpg
DSC09310.jpg
DSC09357_20180918125352464.jpg
談話室と台所はかなり広く快適で、冷蔵庫や食器類、調理器具は完備されています。大量の漫画も置かれています。建物は古いですが掃除と手入れが行き届いているので実に快適、トイレやシャワーも清潔で言うことなしです。洗濯環境の良さについても前述の通りです。
そして特筆すべきは何といっても立地です。別府駅から徒歩三分、最寄りのスーパーも三分、共同浴場も徒歩圏内に多数、飲み屋街は至近、それでいながら騒がしいことはありません。この立地は全国的に見てもずば抜けています。

料金ですが、以前は一泊1,500円か1,600円くらいだったと記憶していますが、2,000円に上がっていました。しかしこれはまったくの許容の範囲内、納得が出来ます。ただし今回中日は連休特価で2,500円でした。こうなると流石に随分高くなったと感じてしまいます。
ただし、ではこの金額を絶対評価するならどうなのかといえば、これでも格安だと言えます。清潔で過ごし易いゲストハウス、それも魅力溢れる別府の町の極上の立地にあるのです。その存在にただ感謝したい宿とすら言えます。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周 ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
DSC09381_2018091919031163b.jpg
DSC09379_20180919190308b72.jpg
DSC09380_201809191903102ad.jpg
別府の町を後にし、県道52号、11号で西へ進んでいます。最初の休憩がてら狭霧台に立ち寄りました。緑豊かな由布岳を目の前に望む絶景です。由布院を一望する谷側の景色も良く、これでさぎりだいと読む名前も情緒があります。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
DSC09382_2018091919031322a.jpg
さらに西へ進んできました。国道210号から県道409号に入り、恵良駅に立ち寄っていきます。小さな町の小さな駅に木造白壁海鼠壁の駅舎が奢られています。面白いのは、駅舎なのに酒林が吊ってあることです。目の前が酒蔵だからなのでしょう。そして建材の様子や新しさからして、近年建てられたもののように見えます。天晴れです。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
DSC09384_20180919190314d94.jpg
DSC09385_201809191903160de.jpg
DSC09386.jpg
豊後森機関庫を再訪します。昨秋にも見ているのですが、鉄道趣味人として目の前を素通りする理由がありません。前回は曇りだったところ今日は晴れていて、また違った趣を味わえたのもよいです。撮影条件は却って悪いですが、それはまあそれとして…
余談ながら前回は週末で目の前の玖珠郵便局に立ち寄れなかったところ、ここで貯金が出来たのも収穫です。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
DSC09387_201809191905291b2.jpg
DSC09388_2018091919053116b.jpg
日田まで来ました。日田の町をゆっくり訪ね歩くという宿願が漸く叶うわけですが、その前に駅に立ち寄っていきます。木をふんだんに使い、壁の一部や天井は格子状にし、真っ黒に塗る。暖簾が掛けられているところなどもいかにもJR九州らしいです。贅沢で、品が良く、意匠の統一も感じられます。実に素晴らしいです。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
DSC09389_20180919190532c38.jpg
町歩きの前に腹ごしらえです。昼に食べてみたいものがあると言ったのはこのことでした。日田焼きそばなるものが有名と知ったのは昨日のことです。昼時に着くであろうことは確実だったので、折角だからひとつ食べてみようと思ったのです。
初めてのことでどういう店があるのかも分からないし、正直なところ大きな期待もしていませんでした。そこで有名店の本店にやって来ました。

平日正午にして待ち客が出る盛況です。しかし広い店内に大勢の店員の姿を見て、回転はごく良いだろうと読みましたが、その通りでした。長いカウンター席に着くと目の前は大きな鉄板、その向こうで五人もの職人が働いていて期待が高まります。

DSC09390_20180919190534b2e.jpg
850円の焼きそばに100円の目玉焼き(外税)を追加し、午後二時までは小ライスが無料というので勿論これも所望しました。元々コシのある麺に絶妙としか言いようがない焦げ目が付けてあって、ぱりぱりと妙なる食感です。具材やソースの味わいは平凡ながら、全てのバランスが完璧な老舗の仕事です。やや高めの値付けながらこれならば行列の人気も頷けます。他の店も気になるところです。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
DSC09391.jpg
日田は豆田町の町並みを歩いて見て回ります。駐車場乞食とでも言うべき商売が全国にはびこる当今にあって、公営の無料駐車場が複数箇所用意されていることに感心します。

DSC09392_20180919190652705.jpg
DSC09394_2018091919065381b.jpg
DSC09395_20180919190655ef6.jpg
DSC09397_2018091919065641e.jpg
DSC09398_201809191906589ca.jpg
DSC09400_20180919190659f43.jpg
DSC09401_2018091919070166e.jpg
白壁の家並み、城下町の佇まいが残されていますが、一昨日訪ねた杵築と同様、今現在の居住者の生活とかけ離れた不自然さはなく、出来る範囲で取り組んでいることが分かります。美しい民家あり、史跡となっている旧家あり、俗な土産物屋あり、土蔵造りの銀行ありです。焼きそばの幟を掲げた食堂も散見します。素晴らしいです。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
DSC09404_201809191908133bc.jpg
DSC09403.jpg
スカイファームロードなる広域農道を走って日田から南東へ進んできました。亀石峠までやって来たところで目の前に絶景が広がります。阿蘇の外輪山とその向こうの山々を一望するのです。標高が全く変わらず凹凸もない、定規で真横に線を引いたような外輪山はまるで巨大なダムのように見え、他ではまず見られない風景です。
阿蘇は懐に飛び込んでも絶景が目白押しですが、少し離れた場所だからこそ巨大カルデラの地勢がよく分かります。全国で屈指の眺めです。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。