即時更新でお届けする、日本一周の旅実況中継

 | ホーム |  次の頁→

DSC09732_20181004070719030.jpg
おはようございます。昨日は終日快晴で幾つもの絶景を訪ね回り、充実した一日を過ごせました。これに対して今日は朝から雨が降っています。この季節というのはこうも好天が少なかったでしょうかorz

Image-1181004a.jpg

長崎で一日を費やしてやりたい事が少なくともあと二つあります。長崎への移動で何かと素通りしがちな諫早の辺りから佐賀県南部を周遊すること、もう一つは言うまでもなく路面電車の一日乗車券を使っての活動です。
この天気ではカブで出掛けるべくもなく、少なくとも今の時点での予報では明日はそれが出来なくもなさそうです。今日は電車に乗るしか選択肢はないですが、それも雨足が強いと興醒めです。状況を見極めつつ、今日はゆっくりと始動したいと思います。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周 ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
DSC09733_201810041741179d7.jpg
予報よりも雨足が強く、傘なしでは動けない本降りですorz
しかし四の五の言っていられる状況ではありません。週末はくんちでさらに連休、長崎の宿は何処も一杯です。さらに台風の接近まで予想されている悪条件です。路面電車活動を強行することにしました。過去に何度もやっている活動でもあり、雨降りも情緒があっていいじゃないかと思うことにしました。宿で傘を借りられたのも幸いです。一日乗車券を購入して出発です。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
DSC09734_20181004174118d5e.jpg
DSC09755_20181004174126a58.jpg
DSC09736_2018100417412097d.jpg
まずは一番おいしい区間とも言える崇福寺行きにいきなり乗ってしまいます。それはいいのですが、一つ違和感を感じることがあります。先般幾つかの電停の名が改称され、長いこと正覚寺下を名乗っていたここも崇福寺と改められたのです。
無闇に平仮名や横文字が多用される改称が目立つ昨今ですが、そのようなことがないのは好印象です。メディカルセンター電停については、そもそも施設の名前が変わったのだから仕方のないことです。業平橋駅がとうきょうスカイツリー駅に改称された時のような嫌悪感は一切ありません。ただ崇福寺電停について問題なのは、ここが系統の終着であり、行き先であり、電停の名が列車の先頭に掲げられるところにあります。

旅好きの中でも特に私のような交通に強い興味を持つ者は、地名や駅名といったものを見て旅情を感じるのです。長い歴史と伝統を持ち、地形の制約も大きい長崎ではなかなか変化が許されないという事情もあります。長年に亘って長崎を訪ねていますが、変わらないことに良さを感じる典型の町でもあったのです。
実はつい先日長崎を訪ねた同好の旧友が、この事を報告していました。だから事前に知っていたし、覚悟も出来ていた筈でした。しかしいざこうして自分の目で見てみると違和感が拭えないし、受け入れるのに少々時間がかかりそうです。

DSC09740_20181004174124c40.jpg
DSC09737_2018100417412186b.jpg
DSC09739_201810041741237c5.jpg
それはともかくとして、思案橋を出てカーブを切りながら坂を登り、川辺の行き止まりの小さなホームに電車が滑り込む様はまさに秀逸です。蛍茶屋電停と並ぶ長電の二大車窓です。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
DSC09741_20181004174312f65.jpg
DSC09742_2018100417431339a.jpg
DSC09744_2018100417431556d.jpg
DSC09745_20181004174317724.jpg
崇福寺から蛍茶屋行きに乗車しました。電車は石畳の軌道で急坂を登り、ダブルクロッシングのポイントを経て島式ホームに入ります。その先は片側二車線の国道34号を横切って、上が駐車場でロイヤルホストの大看板という独特の風情の車庫へと吸い込まれていきます。周囲を見渡せば山の上まで住宅で埋め尽くされている風景が見えます。全てが素晴らしく、崇福寺に勝るとも劣りません。
長崎の町に至るのに、国道34号で東から入らなければ駄目だと言いました。ここで電車と合流する瞬間がその白眉です。長崎を代表する風景の一つです。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
DSC09746_20181004174318998.jpg
DSC09747_2018100417432068b.jpg
右側最前のかぶりつきの特等席をおさえて蛍茶屋から赤迫行きに乗りました。長崎駅前から先の区間は淡々と真っ直ぐ進むだけで、浦上車庫以外にはこれといった見所はありません。例えて言うなら函館市電の五稜郭公園前のから湯の川までの区間のようなものです。しかしこれは、他の区間が面白過ぎて見劣りしているだけなのです。この点においても函館市電と似ています。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
赤迫では駅の情景を写真に収める程度ですぐに折り返してくるというのは毎度同じ行動です。松山町改め平和公園電停で下車して、表題の二箇所を訪ねます。

DSC09750_2018100417432456b.jpg
DSC09748_201810041743216ea.jpg
DSC09749_20181004174322da7.jpg
私は観光地に足を運ぶことに興味はなく、それよりもひたすら電車に乗って往復したりただの住宅地を歩いた方が有意義です。しかしここだけは別です。ここを観光地と捉えるのは不謹慎というものでしょう。そしてこれだけ長崎の町が好きだと言っておきながら素通りは許されません。平和祈念像を前に黙祷をさせていただきました。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
平和公園から崇福寺行きに乗車、次の原爆資料館で大量の学生が乗り込んで来てすし詰めの混雑になってしまいました。着席していたのが幸いでした。新地中華街で下車して蛍茶屋行きに乗り継ぎ、先程既に乗車した区間と重複して走って、賑橋改めめがね橋電停で下車しました。

DSC09751_201810041745267e6.jpg
DSC09752_201810041745276aa.jpg
眼鏡橋は有名な観光地でもあり、今日も多くの修学旅行生の姿が見られます。しかし四百年近くも前に造られた石積みの橋が現存しているのは純粋に凄いことです。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
DSC09753_20181004174529b4f.jpg
眼鏡橋のすぐ近く、過去にも何度か訪ねた共楽園で昼をいただいていきます。少し早いですが、やはり朝がパンだけだと腹が減ります。

DSC09754_201810041745309a8.jpg
昨日ちゃんぽんを食べたので今日は皿うどんをと思っていたのですが、反射的に太麺の皿うどんを注文してしまいました。まさに直前の翻意。フォーシームの握りで振りかぶってフォークボールを投げ込んだ気分です。皿うどんも美味な料理だと思うのですが、基本的に細麺よりも食べ応えある太麺の方が好きというのがあります。
しかし味は良いのですが、決定的な満足感には欠けました。細麺の皿うどんと同じように片栗粉が使われていると思ったのに、そうではなかったのが原因です。これでは単なる汁なしのちゃんぽんで、それでいながらちゃんぽんよりも50円高い値付けなのです。

やはり注文相撲に走ってはいけないということでしょうか。野球に例えたり相撲に例えたりで落ち着きがありませんが、それはまあそれとして…

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
DSC09756_201810041745325d7.jpg
川沿いを少し歩いて公会堂前改め市民会館電停から再び電車に乗り込み、本日四つ目の終点である石橋電停で下車しました。最後の区間が単線になるのが印象的です。これで今回も全区間全経路を完乗となりました。
目の前にある以前世話になったコインランドリーが健在です。これも目の前のジョイフルサンが真新しく改装されていました。周辺の下町の風情が秀逸です。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
DSC09759_20181004174704623.jpg
DSC09764.jpg
DSC09766_201810041747094fb.jpg
DSC09761_201810041747070fe.jpg
石橋電停から古い住宅地を歩きます。現在長崎市の人口は約42万人ですが、その四分の三が斜面に暮らしていると言われています。住宅地には人しか通れない狭い路地も多く、それらは当然急な階段か坂ということになります。これでは高齢者などは大変でしょうが、補うためにこんなものがあります。

DSC09757_20181004174702669.jpg
DSC09760_20181004174705cb6.jpg
グラバースカイロードという、世にも珍しい斜行エレベーターです。乗っている感覚はさながら小さなケーブルカーといったところです。グラバー園への足としてこの名を付けたのでしょうが、その用途で使われることは殆どなく、地域住民の日常の便利な足となっています。誰でも自由に無料で利用出来るのが特長です。坂の町ならではの希有な存在です。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。