即時更新でお届けする、日本一周の旅実況中継

 | ホーム | 

DSC00007_20181021075711b3e.jpg
おはようございます。昨日は福岡に戻って来て留守番をさせていたカブと無事に再会したわけですが、それだけではありませんでした。昨日はこの日本一周における重要な転機であり、大切な日だったのです。しかしブログを更新する余力が無く、報告できませんでしたorz
改めまして本日この後の重要報告をお待ち下さい。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周 ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
DSC00010.jpg
久し振りの登場という気がします。本日の朝食は、昨日のうちにスーパーで買っておいた半額の弁当です。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周 ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
DSC00019.jpg
本日の昼食は、スーパーで95円で買ったカップラーメンです。これまた久し振りの登場のように思います。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周 ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
DSC06533181021.jpg
昨日書きそびれた重要報告です。この日本一周を無理に今年中に終わらせることはやめて、何処かで越冬する決意をしたことは先に報告しました。では何処で越冬するかが最大の問題なのですが、福岡で越冬することに決めました。理由は単純明快です。時間切れとなって足留めを食ったのが福岡である以上、福岡で越冬するのが最も自然だからです。これが理由の殆ど全てです。

とはいっても即決したわけではありません。他にも考えられる候補があり、色々と迷いました。まず考えたのが那覇です。また同じようにゲストハウスけらまで越冬すれば、光熱費諸々込みでひと月三万円という超格安で冬を越すことが出来ます。さらに那覇は物価も安い。これは二日ないし三日かけて鹿児島まで移動し、そこから片道二万円超のフェリーに乗って行くだけの価値は十分にあります。加えてあそこに行けば気心の知れた仲間もいます。これは何か困った事があった時に互いに助け合えるということです。条件だけで言えばまさに破格です。
しかしこれはすぐさま却下しました。余りに芸が無いし、変化がなさ過ぎます。那覇の安宿でのんびり滞在するのは十分過ぎるくらい満喫しました。これはもう終わった旅なのです。
ならば次に考えられるのは、特に好きな場所で越冬するというやり方です。となれば函館です。しかしこれにも問題があります。北海道の中では少ない方とはいえ、函館も冬は雪が降り、積もります。折角機動性抜群の相棒が手元にあるというのに、これでは宝の持ち腐れになってしまいます。スパイクタイヤなりチェーンなりを買って少し練習すれば近所の野暮用くらいはこなせるようになるのでしょうが、そこまでする気はとても起きません。
そうなると次に思い浮かぶのが長崎ですが、これまた一筋縄ではいきません。長崎の安宿は通年混んでいる上、格安でもなく、決定的な問題点として駐輪事情が厳しいというのがあります。

ここまで考えた末に結局那覇も函館も長崎も消え、やはり旅としてあるべき姿に落ち着くべくして落ち着いたというわけです。福岡で冬を越し、春を待って壱岐、対馬を訪ねて関門海峡を渡って山陰へ進み、隠岐を訪ねるなどして東へ戻っていくのです。
さて、これが自然な姿だというのが理由の殆ど全てだと言いました。全てではなく殆ど全てだと。一つ幸運が加わったのです。以前のつてで僅かではありますが仕事を貰えることになったのです。これで福岡以外の選択肢はなくなりました。ただし、これもとても大事なことであり感謝すべきことではありますが、心情としてはこれは最後のとどめ、付随してきたものに過ぎません。あくまで今は旅の途中なのです。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周 ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
securedownload160405b181021.jpg
さて、福岡で越冬するにあたってゲストハウスに逗留するのではなく、部屋を借りました。丹念に読んで下さっている方はこれは既に把握されていたでしょう。先日実家から越冬地へ発送した荷物の中に、ストーブや炊飯器、食器などが含まれていました。

どうして部屋を借りたかというとこれまた理由は単純明快、ゲストハウスに滞在するより部屋を借りた方が安いからです。福岡のゲストハウスは格安というわけではありません。大体一泊二千円台半ばかそれ以上はかかってしまいます。これに対してアパートの家賃はかなり安いのです。
とはいっても部屋を借りると家賃だけでは済みません。付帯してやれなんとか費だなんとか料だと色々取られるし、何より光熱費もかかります。ゴミ袋だって洗剤だって自分で買わなければならないのです。しかし、仮にかかる費用の総額が同じだとしたら、相部屋の安宿より自分の家の方が良いに決まっていますよね。そもそも諸々の費用を上積みしても尚、部屋を借りる方がゲストハウス滞在よりずっと安いのです。
東京で何度か用事のために時間を割いたり、昨日福岡に来て忙しいと言っていたのは、仕事の準備と入居の準備をしていたからでした。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周 ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
越冬中のブログ運営について予告をさせていただきます。まず、越冬中も毎日更新します。あくまで今は旅の途中だと言いました。その意識を常に持ち続けることが大事だと考えています。余所者の視点、旅人の視点で様々なものに接すれば、必ず興味深い発見や学習がある筈です。そうやって大好きな福岡の町を掘り下げて、日々報告していきます。

次に旅の日数をどう数えるかです。これについては非常に迷いました。昨年実家に一時帰郷した際、見知らぬ土地をバイクで走ってテントを張って寝ている時も、実家で休養している時も本質的には何も変わらない、自分にとってはどちらも同じ旅の途中だと言いました。そして実家に滞在している間も旅の日数をそのまま刻んでいったのです。
その思いは何も変わっておらず、福岡で越冬する間も私にとっては立派な旅の道半ばです。ですが、これと大いに矛盾するようではありますが、旅の本質はやはり移動にこそあり、福岡に根を張って越冬する間はこの本質的な要素が希薄だという思いも持ち合わせているのです。そして読者の立場になってみるなら、やはり越冬中は旅の日数に数え入れない方が自然と感じる人の方が多いだろうと思いました。
そこで中途半端との思いも拭い切れないのではありますが、越冬中は一時的に旅の日数を重ねることを止め、越冬日数をその日最初の記事で記していくことにしました。
以上、今後とも宜しくお願い致します。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周 ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。