即時更新でお届けする、日本一周の旅実況中継

 | ホーム | 

DSC00035_20181023074343230.jpg
おはようございます。まだまだ生活感がない福岡のアパートの部屋で越冬生活三日目の朝を迎えました。本日の予定の二本柱は、自炊を始めること、アルバイトの面接に行くことです。とはいっても面接は夕方の五時なので、それまでは時間が空きます。
しかし昨日までと違って天気が悪く、起きたら未明に雨が降った形跡がありました。今現在も空は暗く曇り、ぎりぎりのところで降っていないという状態です。予報でも曇り時々雨、雷注意報とあります。これではカブで出掛けられません。環境が急変して疲れていることもあります。昼間は大人しく静養しているかも知れません。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周 ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
DSC00036_20181023074345ea0.jpg
先日実家から送った炊飯器、西鉄ストアで買った福岡県産米という組み合わせで自炊を開始します。この炊飯器は旅に出発する前まで使っていたもので、動かすのは実に一年半振りです。何事もなかったかのように働いてくれて安心しました。このあたりの信頼性は日本製品は流石です。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周 ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
DSC00039_201810231451472fe.jpg
ヨーグルト、味噌汁、白菜の漬け物、目玉焼き、昨日の夕方スーパーで買った鰯ハンバーグ、梅干し、ご飯に納豆という献立です。例によって味噌汁と納豆には刻んだ葱をたっぷりと入れてあります。野菜分が足りず、まだ本格始動ではありません。しかし試運転を兼ねた初日にしては上々とも言えるでしょう。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
那覇にいる時に全く同じ内容の記事を書いたような気がしますが、敢えてまた書きます。電気炊飯器で炊いたご飯をいかに美味く食べるかという話です。私が力説したいのは炊き上がった後の処置です。
何も難しいことはありません。要点は三つです。まず炊き上がったら即座に電源を切ること。次にすぐに蓋を開けてご飯を切ること。そして平たい皿になるべく薄く盛ることです。

DSC00037_20181023145143ab2.jpg
炊き上がって即座に電源を切るというのは、「保温」の状態を避けるということです。保温というのは炊けたご飯にさらに熱を加え続けるということであって、どんどんご飯が不味くなります。次にすぐに蓋を開け、ご飯を切ります。電気炊飯器の炊き上がりとは蒸らしも終えた状態を指すのですが、暫く蓋を開けずに蒸らした方が良いと誤解している人がいるようです。ご飯を切る際は米の一粒一粒を離すように、間の水蒸気を上へ抜いてやる意識でやるのが良いようです。

DSC00038_20181023145145701.jpg
次になるべく大きな平皿に、なるべく薄くご飯を盛り付けます。茶碗に盛ったりおにぎり状にしてラップで巻いたりすると、米が自らの重みでつぶれて不味くなります。高さが無いというのが肝要なのです。粗熱が取れたらラップをかけます。うちは白木の櫃に移している、という方もいらっしゃるかも知れません。ご高覧ありがとうございました(笑)
私にそんな余裕はありません。そして皿に盛ってラップをかけるのは、後で電子レンジで温めることを意味しています。炊飯器で保温の状態にしておくより、後で電子レンジで温めた方が美味だということを理解するのが大事だと思います。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周 ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
DSC00040_201810231451487e1.jpg
本日の昼食はカップ麺です。ただしマルタイの高菜入り豚骨ラーメンです(笑)

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
DSC00041_2018102318285730a.jpg
福岡で仕事がもらえることになったと言いましたが、量が少なく、埼玉よりずっと安い家賃とはいえ諸々の出費を合わせて考えるとこれらを相殺するにも及びません。手持ちを溶かさないためにも並行してアルバイトが不可欠です。その面接を終えてきました。好き、得意な職種である上に無理なく両立出来るやや短めの勤務時間、これだけでも出来過ぎた話ですが、家から歩いて通える距離なのです。まさに完璧、これ以上の条件はありません。
実は福岡で部屋を借りる際、家具家電付きですぐに入居出来る物件がごく僅かしかなくて、選択肢がない状態でした。それだけに尚のことこれは僥倖です。さらには本来は選考の上で後日連絡が来るという話だったのですが、その場で採用されました。話が早い。あれもこれも非常にありがたいです。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周 ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。