即時更新でお届けする、日本一周の旅実況中継

 | ホーム | 

こんにちは。パソコンが異常なくらい重くなってまともに動いてくれず、更新が滞ってしまいました。私はパソコンのことはよく分からないのですが、あのOSの更新というやつは必要なんですかね。いや更新それ自体の必要性よりも、前段階に問題があります。パソコンが一時間も使い物にならないとは話になりません。

そのようなわけでこんな時刻に昨晩の報告です。昨日はまた仕事で都心に出て、その後は居酒屋です。新規開拓として一軒目を付けていた店がありました。実際に足を運んでみると店構えが実に良く、いざ中に入るとカウンターの先客は二人のみで大半が空いていました。申し分ないのですが、今日は予約が入っているのですみません、と断られてしまいました。
カウンターの二人の先客はほぼ真ん中に座っていました。そして平日の夜九時です。一人客の入店まで断らねばならない程の予約がこの後にあるとはとても思えません。早仕舞いしたい理由が何かあったのでしょうが、それなら素直に今日はもう終わりですと言えばいいのに、見え透いた嘘をつくものだから感じが悪くなります。

DSC00215_20181115163109b7c.jpg
この店はもういいとして、代替を探さねばなりません。場所は呉服町、周辺に居酒屋は少ないです。しかし数分歩いて大博通りを渡れば私の大好きな冷泉公園周辺です。そこで足を延ばしました。昨日は新規開拓の気分だったのですが、六時や七時だったなら暫く歩き回るところ、九時を回ったとなるともうそんな気力も時間もありません。そこでやや不本意ながら再訪に切り替えました。
そしてゲストハウス中今の目の前にある「ほてい屋」へ。やはり魚介は全て絶品で値段も実に良心的。素晴らしい店です。古い町屋が並ぶ博多の狭い路地に建つ様も最高です。

DSC00216_20181115163110f1a.jpg
そして前回と同じ流れで二軒目に「壹壹」へ向かったのですが、店の前まで行ったところで慄然としました。調度を中心とした雑多な物が店先に積み上げられ、入口には貼り紙がしてあったのです。一瞬絶望的な気持ちになったのですが、これが杞憂に終わってくれました。貼り紙には、全面改装して十二月の上旬に再開店すると書かれていたのです。むしろ歓迎すべき事ではありませんか。

DSC00217_20181115163112179.jpg
これはよかったのですが、またも代替を探さねばなりません。しかし恰好の題材がありました。先日居酒屋としての実力を知るに至らず、次は二軒目に行ってみたいと言った「花山」を訪ねるに絶好の機会です。ところが期待していた程ではありませんでした。まず酒は、今時こんなものが絶滅せずに残っていたのかと思わせる普通酒のごく不味いもの。品のないべたべたした甘味や不自然な酸味が鼻につきます。料理もいまひとつで、値段も決して安くはありません。

しかし締めのラーメンはやはり完成された味わいです。暖簾にラーメンの字を掲げる理由が分かった気がします。しかし一つ残念なのは、この店はラーメンに胡麻や高菜を自分で入れることが出来ないのです。白胡麻をたっぷり、高菜は入れ過ぎないように気を付けて少々、というのが好きなのですが、こうして自分の好みで追加出来ないのでは画竜点睛を欠きます。
このように状況が二転三転し、一喜一憂する忙しい夜が更けていきました。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周 ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
昼食もとうに終わったこんな時間に振り返ります。繰り返しますが、パソコンがまともに作業が出来ない程に重い状態が一時間以上も続くのは釈然としません。

DSC00219_20181115163909635.jpg
DSC00218_20181115163907712.jpg
昨日は買い物をしている時間がなかったので、主菜にあたる皿はなしです。さて納豆には大体どの商品にもタレが付いていますが、私はこれが好きではなく、全く使っていません。甘ったるい上に化学調味料が使われているこれらのタレに利点はなく、醤油の方がずっと美味です。こんなものを付けずに5円でも10円でも安くして欲しいのですがorz
ましてや「あまかたれ」などというあかんたれでは尚更です。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周 ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周 ブログランキングへ

こんばんは、いつもご訪問ありがとうございます。目下ブログランキングに参加しています。宜しければこちらの二つのバナーをそれぞれ一日一回クリックしていただけると幸いです。ご協力をお願い致します。
さて、ここからが本題です。定期的に同じような内容の記事を公開しています。PC版では画面の上部に本ブログの紹介やコメントについてのおことわりを表示しているのですが、携帯端末からではこれをお読みいただけないからです。

月別アーカイブをご覧いただけば、記事を古い方から順にお読みいただけます。是非ご活用下さい。

旅中はコメントの返信は致しかねます。誠に勝手ではありますが、悪しからずご了承下さい。
これは、ブログが旅の足枷になるという本末転倒に陥るのを絶対に避けたい、パソコンに向かっている時間を一秒でも短くしたいという思いからくるものです。中途半端だと思われる方もいらっしゃるでしょう。しかしこれについては最善か無かではなく、程よい具合を見極めることが大切だと考えます。出発後はどうか一方的に発信される「読み物」と捉えて下されば幸いです。
むろん、いただいたコメントはすぐさま精読させていただきます。

それから、無記名や匿名のコメント、HNに悪意が感じられるもの、不適切な表現が含まれるもの、敬語を使わない、いきなり質問だけをぶつけてくる等の非常識なコメントは承認致しません。そして削除させていただきます。不適切な語を用いるとブログの機能によってHNが非表示となり、無記名コメント化するのですが、言うまでもなくそれについても同様です。
無記名や匿名で良識的、好意的なコメントを下さる方も稀にいらっしゃって、そういう時は心苦しくもあるのですが、一律に対応しないとキリがないというのが、旅以外のものも含め長年ブログを営んできた末の結論です。ご理解いただければと思います。
何だか堅苦しい事を書いているようですが、ごく一般的な常識に過ぎません。これまでにご訪問下さった方の九分九厘はこれに当たるものではありません。お気軽にコメントを下されば幸いです。