即時更新でお届けする、日本一周の旅実況中継

 | ホーム | 

三月になりました。長期予報によると福岡地方の三月は、前半は平年よりも1度から2度高く暖かいとあります。それを抜きにしても最近は寒さを感じる場面が殆どなくなりました。関東では三月はまだまだ寒い日が続く印象がありますが、このあたりが気候の違いでしょう。ただしそれは日差しの強さからくる部分もあり、晴れとそうでない時の差が大きいです。そして繰り返しますが、バイクで長い時間走り続けるにはまだ真冬と言っていいでしょう。このあたり、どっちつかずの中途半端な感じがまた春らしいと言えます。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周 ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
DSC00941_20190301175831f55.jpg
一品も欠けずに勢揃いの朝食はなんだかんだで久し振りな気がします。目玉焼きも上手く出来ました。おかずは豆腐ハンバーグ、梅干しとの色の取り合わせが良いです。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周 ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
DSC00931_2019030119180576c.jpg
ここ最近注目しているのが、居酒屋にも地域的な流行があるのではないかということです。たとえば那覇では「センベロ」「ニセンベロ」が大人気で、大衆的な居酒屋は猫も杓子も店頭にこの言葉を掲げていました。そして福岡の町でよく見掛けるのが「晩酌セット」の文字です。先日紹介した「割烹みくに」はその典型だったし、ちょい飲み手帖もこの流れを汲んでいます。表題の店もその一つでした。

好みの酒一杯に刺身、串焼き三本で千円という大盤振る舞いです。むろん屋号が示す通りに主役は鯖ですが、他にも串焼きからもつ鍋まで何でもござれで、それが少々品のない印象を与えます。そしてどれも悪くないという程度でしかありません。しかし鯖は抜群の美味でした。そして晩酌セット以外もたいへん良心的な価格です。鯖を主に据え、そしてここまで全面的に推してくる店は東京では考えられません。やはり玄界灘の恵みはありがたく尊いものです。感心する程の名店とは言えないものの、晩酌セットの存在といい、いかにも福岡らしい一軒です。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周 ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。