即時更新でお届けする、日本一周の旅実況中継

 | ホーム | 

Image-1190312weather.jpg

おはようございます。昨日は天気予報アプリに初めて見る表示を見付け、稀な天候だったかのように言いました。が、認識を改めなければならないかも知れません。この手のアプリケーションは頻繁に更新されます。その結果、以前にはなかった表示が加えられた可能性もあるからです。そう思ったのは、雲の濃さが二種類で表示されているのを見付けたからです。以前はこんなものはなかったような気もします。
ちなみに進化ではなく変化と称したのは、このようなアプリの更新で必ずしも内容が良くなるとは限らないからです。時に制作側の自己満足の押し付けで、却って使い辛くなることも少なくありません。しかし天気予報がより細かく表示されるのは間違いなく良い事です。

それはともかく、昨晩の一時間予報を見ると一つとして同じ内容がありませんでした。天気が目まぐるしく変わっています。福岡の冬の天気が沖縄のそれと似ていると繰り返してきましたが、沖縄は一年で最も天気が安定する時期に入りつつあります。これに対して少なくとも本土では、春には天気が不安定になるというのは各地で共通なのかも知れません。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周 ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
DSC00990_20190313151753d7f.jpg
本日の朝食は予め調達しておいた弁当で簡単にいきます。私にとっては量が多過ぎる嫌いがある一方で、野菜分を豊富に摂れるのが非常にありがたいです。例によってヨーグルトと味噌汁を添えていただきます。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周 ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
DSC00994_20190314173213659.jpg
久し振りに大名にやって来ました。そして今日はこれしかないと決めていた一手がありました。ちょい飲み手帖を携えて「磯飯倶楽部」を再訪することです。そもそもこの本を買う決め手となったのがこの店でした。一度訪ねて大いに満足したこの店で、2,138円分が千円になる。そして本の価格が千円。これだけで元が取れるというわけです。ところが不定休を謳っていて全曜日の営業時間が表記されている磯飯倶楽部が、今日に限って休みでしたorz
酷い運の悪さですが、時間も遅いので嘆いている暇もありません。次にこれも以前に訪ねて満足した「すいか」へ向かいました。「やす」を唯一の例外として、わざわざ居酒屋で飲むからには先発に海鮮というのは譲れないのです。ところがすいかも一筋縄ではいきません。長いカウンターがありながらそれが二人掛けずつに分けられていて、これが独酌にとっては難関なのです。往来から中の様子をよく見ると、奥の方に空席があるようにも見えます。ところが折り悪くちょうど店を出てきた数人連れが入口の前にたむろしていました。これでは落ち着いて判断も出来ないので、結局こちらの店も諦めました。そして流れ着いたのが久々の訪問となるまんぷく屋でした。

鮮度抜群のネタも仕事ぶりも申し分ない刺身がずらりと並んだ刺盛りがたったの千円、変わらぬ素晴らしさです。一方で刺身だけという過去の印象を再確認することになってしまいました。これだけの刺身を出す店ですから、きっとどの料理も美味いのでしょう。実際のところ箸休めにと注文した明太白菜漬けも実に良かったです。白菜と明太子の分量比、酸味の加減などに細心の注意が払われていて美味です。
しかし、あれもこれもという感じで並べられた多くの料理の中に、これを食べたいと強く思わせるものが一つも見当たりません。少なくとも品書きを眺める限りではそうなのです。「熱々!~」「ぷりっぷりの~」などの修飾が多く各品の名前が長く大仰なところも理由です。まるでファミリーレストランのようなのです。料理の数を絞って簡潔な名付けにすれば、魅力が増すし店の負担も減るし一石二鳥に思えるのですが。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周 ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
DSC00995_2019031417321464e.jpg
二軒目へ移行します。今夜は二軒目についても初めから打つ手を決めていました。ちょい飲み手帖に載っていて、これまで入ったことのない焼き鳥屋を訪ねるというものです。そして今度は無事に計画通り事が進みました。

大ぶりで美味な串焼きの豪華六本セットと酒一杯、2,192円分が千円という大盤振る舞いです。串はどれも美味で、ビールはプレミアムモルツ。文句なしです。これに銅製のマグに注がれた生レモンサワー、メガハイボール、厚揚げ焼きを追加して全部で2,200円程と、何とも有り難い会計です。
この店はビルの一階に入っているのですが、何といっても印象的なのは隣りが同業の焼き鳥屋であり大名地区では有名な人気店「へて」だということです。写真をよく見ていただくと分かるかと思います。へての方は盛況で九割の客入りでした。これに対してこちらまつすけはがらがらです。実は私もへてを訪ねたことがあります。しかし居酒屋探訪記には登場しませんでした。これが即ち評価です。まったく世の中は不思議なものですが、少なくとも自身にとっては、評価が上でちょい飲み手帖にも載っている店の方が空いているのですから良い事しかありません。
それはともかく、ここもいかにも大名らしい店です。店内は洒落ていて現代的で都会的。そして何人もの店員が働いているのですが、皆が所謂「イケメン」なのです。背の高い美男揃いで、髪型や髭なども各人凝っていて、EXILEが焼き鳥屋をやっているのかと思いました。これで女性客に人気がないわけがありません。もしかしたら今日空いていたのはたまたまだったのかも知れません。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周 ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。