即時更新でお届けする、日本一周の旅実況中継

 | ホーム | 

DSC01062_20190329065236243.jpg
心待ちにしていたこの日がやって来ました。いよいよプロ野球の開幕です。既報の通り、発売日の十時を待ち構えて切符を購入し、なかなか良い席をおさえてあります。三十周年を機に大改装されたヤフオクドームでの開幕戦、近年稀に見る派手なものになりそうです。
ソフトバンク対西武という対戦カードにも興味がないことから、今日は新しい球場や開幕戦という祭りを見物することが第一義となります。試合開始が通常より三十分遅くなっているのもありがたい配慮です。なるべく早く球場へ行く一方で、混雑を避けるために八回、試合展開によっては七回くらいで席を立つつもりでいます。その後は居酒屋を訪ねたいところですが、金曜の夜だけにまたぞろ独酌には厳しい展開になるかも知れません。そのあたりも含めて楽しめればと思います。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周 ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
DSC01063_201903300839567db.jpg
また出来合いのご飯が手に入ったものの私には多い大盛り、手抜きで済ませたくなる金曜日と条件が揃いました。今朝はレトルトカレーの一手です。辛いものが好きなので、このような市販品のカレーでは同系列の中で一番辛いやつを選びます。ココ壱では3辛を注文することが多いです。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周 ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
地下鉄空港線に乗り、ヤフオクドームの最寄り駅である唐人町で下車しました。ここから歩いて十五分で球場です。ヤフオクドームへ向かう交通手段も幾つかありますが、面白さで言うなら何といってもバスです。福岡は路線バスが高速道路を走る全国でも珍しい都市です。名古屋など他にも同様の例があるにはありますが、本数、頻度において西鉄バスが圧倒的です。ヤフオクドーム行きのバスはまさにこれを堪能できるのです。
シートベルトなし、立ち客ありの純然たる路線バスが高速道路を走る、単にその面白さ、珍しさだけではありません。高い位置から左に市街地、右に博多港と海を一望し、前方にヤフオクドームや福岡タワーが徐々に近付いてくる眺めは絶景です。加えて、球場の目の前まで行ってくれるので歩く距離も僅かで済みます。

DSC01064_20190330083957701.jpg
しかし今日は昔を懐かしむために、敢えて移動の過程がつまらなく十五分も歩く必要がある地下鉄で来ました。とはいってもこのように地下鉄で球場へ向かう人も大勢いるわけで、駅はどこもホークス一色です。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周 ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
DSC01065_20190330085454068.jpg
DSC01066_20190330085455fff.jpg
DSC01067_201903300854561d0.jpg
球場までやって来ました。近くに来ることは頻繁にあっても、中に入って野球の試合を観るのは一体いつ以来でしょうか。恐らく四年振りの事だと思います。三十周年を機に大改装が施された、あちこち凄いのだと地元メディアが盛んに騒ぎ立てていたのですが、実際に中に入ってみるとそこまで大きな違いは感じられません。ただ一つ感心したのはトイレです。とても広く、隣りと顔の高さ程もある高い仕切りがあり、それが天然木の化粧板なのです。野球場のトイレでここまで上質なものは初めて見ました。

DSC01068_20190330085458d63.jpg
しかしそんな些細な変化よりも、昔から変わらぬこの球場の規模に改めて圧倒されます。天井の一番高いところは70mもあり、見上げる遥か天空にあります。そしてドーム球場でありながら大きな一段スタンドであり、その一段スタンドの上がさらに三階構造になっていて、その上から屋根が立ち上がります。直径が大きいから数字以上に天井が高く感じられるのです。ドーム球場などという貧乏臭いものは好まないのですが、ここヤフオクドームだけは別格、素直に凄い球場だと思わされます。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周 ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
DSC01072_2019033009030995f.jpg
DSC01075_20190330090310298.jpg
開幕戦の催しは派手なものになりそうだと言いましたが、想像を超えていました。まず球場内の照明が落とされ、光による演出が始まりました。それからゆずが出てきて何曲かを披露してくれました。全体を通して野球との関連性が見出せない、方向性が分からない演出には軽薄さも感じられますが、ひとまずは良い歌声を聴かせてくれたことに感謝します。
それが終わっても照明は暗いままで、今度は選手一人一人にスポットライトを当てつつスターティングメンバーの発表が行われました。福岡人は私が思っている以上に派手好きなのかも知れません。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周 ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
DSC01069_20190330091304ac9.jpg
ホークスの応援席であるライトスタンドでもなければ、ライオンズを応援するビジター席でもない、それ以外のレフトスタンドの外野席は中途半端な存在だと言いましたが、それを再確認することになりました。まずライトスタンドとの最大の違いは、ホークス攻撃の時に立たないことです。そしてユニフォームを着用している人も十人に一人いるかいないかです。応援バットを叩いたり声を出して応援している人も、散在するといった程度です。

私はこのレフト外野席を進んで選びました。ホークスの応援がしたいわけでもなく、料金が安いからです。声を出して応援している人達もその様は控えめで、恐らく本当は大声で叫びたいであろうところ、ライトスタンドの切符が手に入らなかったのだと思われます。その他の人達は、私と同じように料金の安さを理由にここに座っていると推察します。少なくとも二種以上の人が混在しているという点で、ライトスタンドともビジター席とも内野席とも違う、独特な場だと言えます。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周 ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
DSC01080_201903300913077a4.jpg
投打にわたってホークスが圧倒的で、このまま完勝する雰囲気でした。しかし一寸先は闇とはよく言ったものです。4-0のまま迎えた八回、ライオンズに満塁の好機が訪れると、打席に入ったのは去年の本塁打王山川です。球場内の全ての人の頭の中には「一発出れば同点」という言葉が浮かんでいたでしょうが、世の中そう上手くはいかないものです。あっという間に山川は2ストライクまで追い込まれました。ところがここから本当に同点満塁弾が飛び出したのだから吃驚仰天です。
混雑を避けるために試合終了を待たずに早めに席を立つ予定でいましたが、これが八回に出てくれたというのが絶妙です。良いものが見られました。爆発的な歓喜に沸く西武ファンを横目に見つつ、これを潮に球場を出る一手です。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周 ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
帰りは西鉄バスを利用します。残念ながら写真を撮る暇がありませんでしたが、「臨時」「直行」の表示を掲げたバスが球場前に何台も待機している様は壮観で、まるで王蟲の群れのようです。ヤフオクドームは内部が改修されただけでなく、周辺の再開発が急速に進んでいるのも特徴です。球場の周りも随分と様変わりしましたが、目の前に西鉄バスの大群が待ち構える姿だけは昔も今も変わりません。

途中の停留所には一切停まらない文字通りの直行便、博多駅行きと天神行きそれぞれの列に人がきれいに二分されていきます。席が埋まったところで立ち乗りをするか次の便を待つか選ぶことが出来、係員の誘導に従って立ってでも早く乗りたい人が列の外側から整然と入口へ進んで行きます。運ぶ方も乗る方も慣れたものです。自分もこれに続きました。
むろん立ち客もぎりぎりまで詰め込まれるわけですが、その状態で高速道路に乗るのだから全国的にも貴重な光景です。高いところから博多港の夜景を一望するのは素晴らしい眺めですが、如何せん立っているためこれが堪能出来ませんでした。屈んで目線を低くすればどうにか景色を楽しめなくもないという状態です。来週は二日続けてロッテ戦を観戦に行く予定です。今度は往路にバスを使うのも一興でしょう。どうせなら一本やり過ごしてでも座って乗ります。右側の窓際の席なら最高です。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周 ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
DSC01078_201903300913067d9.jpg
DSC01081_20190330091309c0f.jpg
不本意ではありますが居酒屋を訪ねるのを諦めて、真っ直ぐ家に帰ることにしました。直接の理由は時間が遅くなり過ぎたことです。元々試合開始が通常よりも三十分遅かった上、序盤から残塁が多い時間のかかる展開で、八回で球場を出たもののその時点で既に九時半でした。バスにはすぐに乗れたものの、博多駅に着いたのは十時の僅か数分前です。
博多駅近くの居酒屋といえば「ひかり」と「寿久」ですが、ひかりはラストオーダーが十時半、寿久も十一時で閉店とあります。バス乗り場から筑紫口のこれらの店まで十分近くかかります。これでは実質的な持ち時間はあってないようなもので、酒肴を落ち着いて味わうべくもありません。そもそも球場から天神行きのバスに乗るという手もありました。しかしこちらも候補としていた店は同じように閉店までの時間が僅かです。そう考えてみると「やす」も閉店が十時だし、福岡の居酒屋は意外と宵っ張りが少ないことに今さらながら気付きました。

とはいっても、天神ならば深夜まで開いている店が無数にあるのも事実です。しかしつまらない店に当たる確率の方が高く、仮に良い店に恵まれたとしても、終電の時刻を気にしながら飲まねばならないことには変わりません。そして年度末の金曜日という事情もありました。あちこちで送別会という名の宴会が開かれていることは想像に難くありません。ただでさえ福岡は独酌の難易度が高いというのに、それに拍車をかけます。
ここまで負の条件が重なっても、旅先の一夜限りならそれでも居酒屋を訪ね歩いたでしょう。しかし今日は家での晩酌の方に明らかに分があります。来週土曜日のロッテ戦は二時開始のデーゲームです。観戦後の居酒屋探訪はその時の楽しみとしましょう。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周 ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。