即時更新でお届けする、日本一周の旅実況中継

 | ホーム | 

DSC01104.jpg
おはようございます。昨日は結局居酒屋へは行かず、開幕戦の日に続いて直帰しました。短時間試合など望むべくもなく、八回が終わった時点で九時を回っていました。以前は「やす」を訪ねる際、その時間は決まって九時を少し回った頃でした。この店は閉店が十時と早く、持ち時間は一時間弱しかありません。しかし大皿料理という性格からラストオーダーがないこと、何度も通って自分なりの当店での過ごし方や注文の流れが確立していたので、不足はありませんでした。然るにヤフオクドームに九時過ぎにいる時点でもう打つ手はありません。そして今日居酒屋を訪ねることがほぼ確実なので、時間もないのに欲張る必要もなかろうと思いました。

今日は昨日に続いてのソフトバンク対ロッテ戦の観戦です。昨日と違って指定席なので、試合開始の直前に球場に行けばいいことになります。かつて野球観戦といえば仲間と大勢で行くのが当たり前だった頃は、外野席の指定席化を疎ましく思っていました。しかし一人となると指定席の利の方が勝って感じられるもので、今日などその典型です。嬉しいことに朝から雲一つない快晴です。早めに家を出て舞鶴公園と西公園を訪ねて花見をし、そこから歩いて球場に向かうつもりでいます。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周 ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
DSC01106_20190407094906ab9.jpg
六日振りに米を炊き、きちんとした朝食を用意出来ました。おかずはこれも久々に登場する缶詰の鰯煮です。そしてやはり納豆ご飯に勝るものはありません。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周 ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
DSC01107_20190407095031be4.jpg
DSC01111_20190407095033dc9.jpg
DSC01113_201904070950344d8.jpg
DSC01114_201904070950367ca.jpg
DSC01115_2019040709503742c.jpg
DSC01118_20190407095039375.jpg
DSC01119.jpg
DSC01122_20190407095042d38.jpg
DSC01123_20190407095043732.jpg
DSC01124.jpg
DSC01126_20190407095124a2a.jpg
DSC01127_20190407095125997.jpg
DSC01128_20190407095127c89.jpg
福岡城址の舞鶴公園にやって来ました。満開から木によっては葉桜が出始めの散り際という、一番良い時です。朝から変わらず雲一つない快晴で、穏やかな微風。まさしく最高の花見日和です。屋台も多く出ています。敷物を広げた典型的な宴会もあちこちで行われていますが、人出が適度な上に敷地がとにかく広いので、混雑はありません。こういうところが福岡の良いところです。桜と新緑の共演も見られるなど、文句のつけようがない最高の花見となりました。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周 ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
DSC01109_20190407094907033.jpg
DSC01110_20190407094908089.jpg
屋台も多く出ていると言いましたが、梅ヶ枝餅にはしまきなど、ここにも土地柄が表れています。ここでふと思い出したのが那覇で波之上宮に初詣でに行った時のことです。真冬だというのに生ビールやアイスクリームの屋台が出ている様に沖縄らしさを感じたものです。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周 ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
舞鶴公園から西公園に転戦し、さらにそこから歩いてヤフオクドームへ向かうつもりでいました。しかしこれがとんでもない見当違いでした。予想を超える素晴らしさに舞鶴公園だけで時間を使い切ってしまい、西公園を諦めて試合開始の時刻を気にしつつ球場に直行という始末です。しかもその移動が一筋縄ではいきません。

球場まで歩いて行っても、ぎりぎりで間に合いそうです。しかしこの強い日差しの中小一時間も早歩きすれば、汗を掻いて酷いことになりそうです。大濠公園から唐人町まで一駅だけ地下鉄に乗るというのも、料金が嵩む上に結局駅から球場まで二十分歩かねばならず、いかにも中途半端です。となれば最良の答えはやはりバスです。ところが、通常の路線バスでヤフオクドームの前を通る系統は本数が少なく、さらには十分も遅れて来て、漸く乗れたかと思えばかなりの混雑です。試合開始が迫って来て焦りますが、自分が運転しているわけでもないからどうしようもありません。

DSC01129_201904070952395ff.jpg
それでもレフト外野席が一番近い位置だったのも奏功し、何とか開始五分前に球場に入ることが出来ました。結果よしですが、やはり地下鉄が最良の選択だったかも知れません。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周 ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
DSC01131_20190407095240cc4.jpg
何の因果か開幕戦、昨日の試合と続けて膠着したまま延長戦となり、最後まで観戦することが出来ませんでした。しかし三度目の正直で、今日は試合終了まできちんと観ることが出来ました。
そしてマリーンズの快勝です。本塁打ばかりが飛び交う大雑把な試合展開で、それ故この得点でありながら両軍の応援ともチャンステーマなしで終わるという結末でしたが、これが今年最後の野球観戦となる可能性が高いです。有終の美を飾れたのはありがたいことです。何事にも絶対というのはありませんが、それはまあそれとして…

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周 ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
DSC01133_20190407095242947.jpg
再挑戦です。球場を出たところで、西公園へ向かって歩きます。これによって交通混雑に巻き込まれるのを避けることも兼ねられます。バス乗り場も駅へ向かう道も大勢の人で埋め尽くされていますが、それを横目に空いている側の歩道を歩いて行くのは軽快です。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周 ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
DSC01135_20190407095243f81.jpg
DSC01136_2019040709524513a.jpg
DSC01137.jpg
DSC01138_20190407095248ba1.jpg
ヤフオクドームから二十分程歩いて西公園にやって来ました。しかし既に六時です。依然として快晴ながら、小山の斜面ということもあって桜に当たる日は残り僅かになってしまい、見栄えはいまひとつです。あと三十分早ければかなり違っていたのでしょうが、それを言っても仕方ありません。朝の時点での計算違いがつくづく痛かったですorz
それはともかく、山頂の神社に向かって一直線に上っていく参道を桜が埋める様はたいへん見事です。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周 ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
DSC01139.jpg
西公園からさらに長浜まで歩いて来ました。この流れならば今日はこの店の再訪しかありません。前回は絶賛したわけですが、今回は当店の弱点を知ることとなってしまいました。主人が一人で全てをやっているので、注文が重なると時に提供にかなり時間がかかり、間延びするのです。しかもこの主人がかなりの頻度で注文を忘れるのが厄介です。焼酎を自分で割って飲み、自己申告で会計するのが特徴ですが、そのための湯を所望したのに忘れられたまま十分近く放置されてしまいました。目の前には美味な刺身があり、湯の入ったポットをただ差し出してくれさえすればあとは自分で飲むだけなのに、これには焦れました。
困ったものだと思っていると、程なくして手伝いのお姉さんが加わりました。時計を見ると七時ちょうどでした。なるほど平日ならばこれでいいのでしょうが、時既に遅しです。こういう店は私のように気の短い人間には向かないのかも知れませんが、同行者がいれば談笑していればどうということもありません。しかし独酌というのは酒肴が揃わないことには何もする事がなく、どうしようもないのです。

刺身は変わらず美味で、自家製かまぼこも絶品です。これに冷奴、生ビール、焼酎三杯で三千円という会計もありがたいです。訪ねる時間帯や店内の状況を見極めた注文の仕方など、上手い付き合い方を模索することがこの名店を楽しむのに不可欠だと感じた次第です。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周 ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。