即時更新でお届けする、日本一周の旅実況中継

 | ホーム | 

DSC01185_20190423161517304.jpg
日に日に暖かくなっていきますが、これまでは日差しの強さによって昼夜の寒暖差が大きい、晴れの日の日向と日陰の差が大きいことを実感する程度でした。ところが昨日は夜中になっても気温が下がりませんでした。一昨日まではずっとロフトで寝ていましたが、堪らず下へ移りました。しかも窓を開け放ちパンツ一丁という格好で就寝しました。
これはとりもなおさずテント泊に好適な気温だということです。風が吹き付ける場所であるなど、条件によってはまだ寒い場面もあるのでしょうが、寝袋にしっかりとくるまれば大丈夫なところまできました。いよいよ時季がやって来たということです。あとは大型連休をやり過ごすだけです。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周 ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
DSC01184_2019042316151661a.jpg
引き続き米の残量が気になるところではありますが、昨日は帰宅が遅くなることが分かっていたので、予め弁当を用意しておきました。ご飯が自炊ではあり得ない十六穀米であるところが印象的です。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周 ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
DSC01176_20190423161156147.jpg
K君に頂戴した加茂鶴を無事に飲み終えましたが、ここで一つ思い出したことがあります。彼と二人でこいつを飲んでいた日のことです。べたべたと甘く吟醸香の強い、典型的な今時の流行の酒です。これは燗して飲んだ方が美味かろうと即座に思いました。とはいっても所謂燗上がりするというのではなく、バランスを好くして欠点を目立たなくするための燗です。温度は20度くらいが良かろうとも同時に思いました。

DSC01186_201904231615196d4.jpg
ところがK君がこれに否定的です。ラベルに冷やして飲むのがおすすめである旨書かれているというのがその根拠ですが、それだけでなく、彼もまた吟醸酒は燗して飲まないという固定観念に捉われているように見えました。ごくぬる燗にして飲んでみたところ、果たしてべたべたした甘さと吟醸香のくどさが和らいでずっと美味になりました。騙されたと思って一口どうだとK君に薦めると、目を見開いて「美味い!」と。それ見たことか。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周 ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。