即時更新でお届けする、日本一周の旅実況中継

 | ホーム |  次の頁→

DSC01381_201905130604381b9.jpg
おはようございます。昨日は午後三時前に厳原港に上陸し、その時間から島の南部を周遊しました。ひたすら山道を走るばかりで正直なところ余り面白いものではありませんでしたが、そんな中豆酘崎の景色は素晴らしいもので、これだけで十分な成果と言えるものでした。
今日は島の中部から北部を巡ります。今日は郵便局で記念貯金が出来ない日曜日です。今日のうちに景勝地や見所を回れるだけ回り、明日は局巡りに注力することによって主要道路から外れた小さな集落や裏路地の風情を楽しめるという寸法です。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周 ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
DSC01401_20190513060439fa4.jpg
本日の朝食は、昨日スーパーで買っておいた弁当です。割引きでなかったのが残念ですが、元の値段が安いのでいいでしょう。格安だけに仕方ないとはいえ、宿に湯沸かしポットも電子レンジもありません。そこでキャンプ用のストーブとガスで湯を沸かし、味噌汁をいただきます。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周 ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
DSC01405.jpg
厳原の町を出て北へ進みつつ一つずつ見所をおさえていきます。一番初めにやって来たのは上見坂公園です。寂しい山の中にありながら公園全体がきれいに整備され、ひときわ立派な展望台が建ちます。そこからの眺めはまさに絶景、霞んでいて写真で伝わりにくいのが残念ではありますが、リアス式海岸の特徴際立つ浅茅湾を一望します。

DSC01402_20190513060441bb0.jpg
眺めだけでなく園内には色とりどりの躑躅が咲き乱れ、たいへんきれいです。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
DSC01406_201905130604445a5.jpg
DSC01407_20190513060445304.jpg
次いで対馬空港に立ち寄っていきます。ステッカーを目当てにしてのことで、売店もあったのですが、ツシマヤマネコを可愛らしく描いた子供向けの図柄のものしかなく、ひとまず保留しました。ちなみに対馬空港からは福岡行と長崎行が交互に出ています。機材はどちらも小型のプロペラ機のようです。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
DSC01411.jpg
DSC01409.jpg
DSC01410_201905130606440dc.jpg
DSC01412_2019051306064741e.jpg
万関橋まで来ました。南北対馬を結ぶ交通の要所です。真っ赤に塗られた様がよく似合います。驚いたのは、対馬は橋で結べる程しか離れていない二つの主島から成っていると思っていたところ、そうではなかったことです。元々陸続きだったのに、かつて海軍が軍艦を通すために開削したのだそうです。実際のところ両岸はかなりの高さまで平らに固められており、まるでコンクリートの壁のようです。

DSC01408_20190513060641381.jpg
ちなみに橋の袂が公園として整備されているのですが、東屋が対馬の特徴的な建築である石屋根造りになっていました。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
DSC01413.jpg
走っても走ってもなかなか次の目的地に着かない感じで、対馬の広さが身に染みてきました。そうしてやって来たのが和多都美神社です。海中に鳥居が連なる妙なる眺めです。

それはいいのですが、ここでも目立つのが韓国人の大団体です。ひと組ひと組の人数がとにかく多い。そして彼等の写真好きといったら呆れる程です。一人ずつ何度も身ぶりを変えて何十枚ずつも撮影しているのです。アイドルの撮影会ではあるまいし、こちらはたった一枚風景を記録したいだけなのに、女性の四人組の大撮影会が終わり鳥居の前から去るまで十分以上も待たされました。
あちこちで大声の叫び声が聞こえてくるし、素行も悪い。カブの箱の上に勝手に飲み物を置く女が遠目に見えました。捕まえて叱りつけてやろうとしましたが、足早に立ち去られてしまいました。まったく人としての資質を疑います。本質的な鬱陶しさは中国人に匹敵するものがあります。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
DSC01415_20190513060650111.jpg
DSC01417_2019051306065204b.jpg
上見坂公園は浅茅湾を遠望する感じでしたが、こちらは只中にいる感じです。複雑怪奇なリアス式海岸と多島海の絶景に、周囲をぐるりと囲まれているようです。
素晴らしい景色ですが、ここでも大団体とかち合って心底うんざりしました。小さな展望台が通勤電車の如き混雑で、ぎゃーぎゃーとうるさいし、おまけに写真を撮るために体をぶつけて割り込んでくる始末です。日曜日に景勝地を訪ねるというのがそもそも間違いだったとも思います。しかしバイク旅に良い季節というのは本当に短いもので、晴天の一日を無駄にするわけにはいかないのです。もう諦めるしかないのでしょうorz

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
DSC01418_2019051306085437b.jpg
DSC01419_20190513060856952.jpg
DSC01420_2019051306085747f.jpg
北上を続け、国道から県道48号に入って西海岸に出ました。行く手に現れたのが独特の佇まいをした藻小屋です。土を肥やすために使う藻を貯蔵するために使われていた、と説明書きにはあります。先程見た石屋根といい、石積み建築が対馬の文化のようです。ここに来るまでも様々な石垣塀を構えた家屋を見ました。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
DSC01422_201905130609009a9.jpg
DSC01421_20190513060859df7.jpg
藻小屋がある御前浜園地の目と鼻の先にあるのが木坂展望台です。こちらは複雑怪奇な海岸線の妙を味わうというよりは、大海原と水平線を一望する雄大な眺めです。団体旅行の行程に入っていない場所らしく至って静か、落ち着いて景色の良さと向き合うことが出来ます。眼下の海の透明度が高く素晴らしいです。壱岐も対馬も海が澄んでいて本当にきれいです。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
DSC01423.jpg
DSC01424_201905130609039ba.jpg
再び国道382号に戻って北上を続けます。対馬はどうやら北へ行けば行く程田舎になるようです。腹が減ってきましたが、道沿いには何もありません。県道56号、180号が分岐する辺りまで来て漸く一軒現れました。寂れた商店の典型ですが、しっかり営業していました。この手の店で買うのはパンしかありません。地元のパン屋製造のソーセージパンならぬソーセイジパン、そして対馬にもあるべくしてありました、俺達のリョーユーパンのやみつきチーズです。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。