即時更新でお届けする、日本一周の旅実況中継

←前の頁  | ホーム | 

淡々と移動を続けて北九州は若松まで来ました。途中まではひたすら海沿いを走ってきました。まず博多港の工業地帯を抜けて和白から国道495号へ。福間までは流れが悪く疲れましたが、そこを我慢した甲斐あってそこから先はずっと快走路でした。中でも県道300号は交通量もなく景色も良く秀逸でした。

DSC01499_20190516062841869.jpg
さて、若松ではモスの若松店を定点観測していきます。角地に建って二面に看板を掲げたが故に奇跡的に生き残った赤看板が現存しています。極めて貴重なもので、もしかしたら今や全国にこの一枚だけの可能性も高いです。
看板だけでなく、持ち帰り用の小窓が残っていたり、商店街の他の店と共用のテントに店名が入っていたりと、古き良きモスの良さを随所に残しています。惜しむらくは今回も中で食べていくのに時間帯が噛み合わなかったことです。しかしこの店は赤看板抜きにしても大いに価値があります。いつか必ずまた再訪しましょう。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
DSC01500_20190516062843e86.jpg
DSC01501_20190516062844573.jpg
さらに淡々と移動してきました。国道199号を快走し、門司港まで来ました。残念ながら今日はじっくりと見ていく時間はありませんが、それでも門司港駅を素通りはあり得ません。先だって晴れて復原開業成ったわけですが、一つ気になることがあります。スターバックスコーヒーが中に入る一方で、あのうどん屋が姿を消したことです。手放しで絶賛するわけにはいかないようです。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
DSC01502.jpg
いよいよ関門トンネルの入口が目の前です。越冬期間中、日帰りの汽車旅で下関まで足を延ばし、短時間だけ滞在したことがありました。しかしあれは特殊な例外として、本州に渡るのは去年の十月以来のことです。ただしその時は免許の更新というやむない仕事のために新幹線で東京まで往復したのです。カブで走って本州の地を踏むのは実に一昨年の十月以来、一年半振りのことになります。感慨深い旅の節目です。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周 ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
関門トンネルを駆け抜け、遂に本州に上陸しました。そして今日は下関に宿をとります。雨の心配がないのに宿に泊まることを続けて出費が嵩むことに心が痛みますが、それでも今日は全く迷いはありませんでした。こうすべき理由が幾つもあるからです。

下関に泊まることによって本州に渡った旅の節目を噛み締めたかった。
もう六時であり、今日はこれ以上移動出来ない。
下関の町が大好きであり、成り行きにかかわらず泊まりたいという欲求が強い。
格安でお気に入りの宿がある。
ざっと挙げるだけでも四つもあります。下関泊はむしろ必然の成り行きと言ってもいいでしょう。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周 ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
DSC01504_20190516062848df6.jpg
旅の節目を噛み締め、海峡を渡る夕風に吹かれながら居酒屋を訪ねるのは至福のひとときです。が、一筋縄ではいかないのが下関の居酒屋でもあります。教祖のおすすめであり人気店の「三枡」を余り好まないこと、とても良い店ながら「あらかぶ」「おかもと鮮魚店」が独酌に不向きなこと。これらの理由は以前に述べた通りです。今日は新規開拓に良い機会だろうと思っていました。しかし結局はおかもと鮮魚店を先発としました。昨日対馬の一軒目で美味くないビールと刺身を出されたことがとても残念で、着実な結果をもってその憂さを晴らしたかったのです。

カウンターはなくテーブルのみで、混んでくれば当然のように相席。店内は良く言えば活気、悪く言えば喧騒に包まれていて、落ち着いて酒肴と向き合うことは出来ません。そうでありながら何人もの独酌の先客がいることがこの店の実力を物語っています。筆頭は何といっても一皿千円の刺身の盛り合わせで、どのネタも鮮度抜群でたいへんに美味、量も気前が良く、倍の二千円と言われても十分に納得がいくものです。酒の扱いも丁寧で生ビールも美味。実を取るならば下関でこれ以上の店はないと言い切れます。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周 ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。