即時更新でお届けする、日本一周の旅実況中継

 | ホーム | 

DSC02184_20190605052652c70.jpg
おはようございます。能登の旅を満喫しました。連日の快晴に恵まれ、無料のキャンプ場から歩いて居酒屋に行けるという幸運まであり、思い残すことはありません。今日はテントを撤収して朝一番で出発、と言いたいところですが、今日は洗濯をしなければなりません。

DSC02197_20190605052548b94.jpg
序盤の花見の旅の頃は、洗濯をしなければいけない日にたとえば格安で洗濯機が使える宿に泊まっていたりと、何かと流れが良かったのですが最近は逆です。移動をしたい日に限って洗濯をしなければならないという最悪の展開が続いています。一昨日の休養日が洗濯の日だったら理想的、実際に洗濯することも考えました。しかしコインランドリーでの洗濯というのは金がかかるので、まだ着替えがあるのに早めに洗濯するのも、それはそれで本末転倒です。仕方ないですが、せめて早朝から開いているコインランドリーが近くにあったことに感謝することにしましょう。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周 ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
DSC02198_201906050529222d0.jpg
DSC02199_20190605052923640.jpg
今日も昨日と同じコンビニで、同じように弁当を買って朝食とします。まるで映し絵のようですが、つまるところ人生とは同じ事の繰り返しだと、大袈裟ではありますがそう思います。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
DSC02142_20190602144510c23.jpg
DSC02143_20190602144512db1.jpg
輪島で世話になったのは今回も袖ヶ浜キャンプ場です。本当に素晴らしいキャンプ場です。美しい弧を描く浜が目の前で、そこから少し高い所にある芝生のサイト。まさに理想的です。夏季以外は無料ながら、トイレも炊事場も清潔に保たれています。そして輪島の町がすぐ近くという便利さ。居酒屋に歩いて行けたのはその最たるものですが、さらにバイクなら大型スーパーや銭湯も数分の距離です。

DSC02144_201906021445137d5.jpg
DSC02153.jpg
DSC02194_20190605052833084.jpg
そして輪島の町に何軒もの銭湯が健在なのが素晴らしいです。バイクならばキャンプ場からすぐ近くと言える範囲に四軒もあり、うち二軒は歩いても十分ちょっとです。実はキャンプ場の目と鼻の先に外来入浴が出来る施設があるのですが、ここは町の銭湯しか考えられません。三泊したので毎日違う銭湯に足を運び、三つ入ることが出来ました。繰り返しますが、無料のキャンプ場から歩いて銭湯と居酒屋に行けるとは理想中の理想です。
全国でも屈指の好条件のキャンプ場です。いつまでもこのままであって欲しいし、大切に利用していきたいものです。

一つ印象的だったのは、着いた日の大盛況です。快晴の土曜日、花火も打ち上がる市民祭りの日と重なったこともあったのでしょうが、無数のテントが並ぶ様に驚きました。そして次の日からの光景はまるで別のキャンプ場かと思う程で、数張りしかなくがらんとしていました。聞けば、地元や近隣県からの一泊の利用にかなり人気があるそうでした。この話を聞かせてくれたのは、富山から週末の能登半島ツーリングに来ていたライダーでした。土曜日に泊まる際には注意が必要かも知れません。ただし、サイトが十分に広いので煩わしさは一切なかった事も書き添えておきます。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周 ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
DSC02200_201906050529250eb.jpg
輪島から真っ直ぐ南へ走ってきました。前回二泊した穴水の町も能登島も素通りし、やって来たのは能登中島駅です。構内に保存されているオユ10型郵便車が目当てです。

DSC02201_20190605052926d24.jpg
DSC02202_20190605052928203.jpg
DSC02203_20190605052929b75.jpg
DSC02204_20190605052931a92.jpg
DSC02206_201906050529320a3.jpg
DSC02207_20190605052934305.jpg
鉄道郵便なき今、郵便車も既に過去のものですが、この車両がこうして大切に保存されているのは素晴らしいことです。そして私が特に好きな車両でもあります。扱いはれっきとした客車ですが、他の車両ではまず見られない特殊な窓配置は機能に特化した美しさがあり、貨車の魅力も併せ持っています。駅舎ともども逆光だったのが残念ですが、車内も見学出来て貴重な機会でした。駅員の方もわざわざ解説してくれました。ありがとうございました。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
国道160号を南進して富山県に入りました。海際の絶景、線形も舗装も良い、交通量皆無という最高の道でした。氷見の市街に入ったところで、今日は変則的な昼食をいただきます。いつも昼は簡素で量も少なく、パン一つだけということも多いです。しかし今日は疲れていました。連日の快晴は感謝に堪えないのですが、ここ最近の暑さと日差しにやられて疲れが溜まっていたのです。今日あたりパン一つなどはやめてちゃんと食べないと、体調を崩してしまうのではないと思いました。ここから偶然に導かれてカレーうどんに辿り着くことになります。

まず、旧市街を抜ける街道の橋が工事で通行止になっていました。仕方なく並行する国道へ移ったのですが、ここにすき家が現れたのです。しっかり食べようと思っていたところにこれは渡に船とばかりにすき家の駐車場に入ったところで、隣の店が目に飛び込んできました。「お食事ができる製麺所」「氷見名物鍋焼きカレーうどん」とあります。どうせならすき家よりはこちらでしょう。

DSC02208_2019060505310446a.jpg
DSC02210_20190605053107c0c.jpg
DSC02209.jpg
屋号は「なごみ」。カレーうどん860円は少々高いですが、小ご飯が20増しで付けられるのでそうしました。麺が絡んでいて食べ辛かったり葱がきちんと切れていなかったりと、仕上げが雑なことは否めません。が、味は良かったです。
しっかりと辛いところが好印象です。香辛料が効いていて香りも上々。自家製のうどんは太くて強いコシがあり、カレーにぴったりです。何より、暑さに負けそうになっていたところにカレーというのが最高です。紆余曲折の末にこうなったことも含めて、思い出に残る昼食になりました。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
DSC02211_2019060505310958c.jpg
毎度お馴染み雨晴海岸にやって来ました。全国を何度も巡っていると、相性の良い場所と悪い場所というのが出来てきます。ここは私にとって悪い方の典型です。これまで何回足を運んだかもう覚えていませんが、海越しの立山連峰の姿を一度も見たことがありません。冬場ですらそうです。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。