即時更新でお届けする、日本一周の旅実況中継

 | ホーム | 

おはようございます。奇跡的な好天続きでしたが遂にそれも終わり、今日は雨が降るようです。明日も天気が悪いようで、何処か安価に連泊出来るところに逃げ込まねばなりません。これについては既に手を打ってあります。そこまではいいのですが、降り出しの予報がどんどん早まり、最新の天気予報では午前九時台から降り出すとあります。雨中走行は避けられないでしょうorz

DSC02272.jpg
只今撤収が九割方終わったところです。雨が降り出す前にテントの撤収が済んだということで、とりあえず第一段階は成功です。雨中走行については肚を括るしかないでしょう。一分でも早く出発して本日の目的地へ動き出します。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
DSC02236_20190607150416ae5.jpg
一昨日と昨日の二泊世話になったのは飯田市の妙琴公園キャンプ場、ここも再訪です。気持ちの良い松林のサイトで、脇を川が流れているので場内は常にせせらぎに包まれています。まさにキャンプ場の手本のようなところです。炊事場やトイレもごく清潔に保たれていて、市街地が近いので風呂や買い出しも便利。ここが無料で使えてしまうとは驚きです。
かように施設としては最高、完璧ですが、過去にここで深夜にやって来て宴会を始めるという馬鹿者どもの被害に遭いました。そこで今回も炊事場から最も遠いキャンプ場の端っこに設営しました。

DSC02271_20190607150417058.jpg
最寄りの風呂である砂払温泉ですが、以前は600円だったところ平日に限り550円に値下がりしていました。素晴らしいです。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
DSC02273_20190607150420fd5.jpg
本日は昨日飯田市内のスーパーで買っておいた弁当をいただきます。牛丼屋でもコンビニでもなく予め弁当を買っておいたということは、本来は熱い味噌汁を用意するなどしてテントの中で食べるつもりだったのです。しかし降り出しの予報が早まったことと実際にいつ泣き出してもおかしくないような空を見て、方針を変更しました。
出発してから弁当を食べるというのはちぐはぐで、牛丼屋かコンビニだったら熱々のものが食べられたかと思うと残念ですが、結果論に過ぎません。低カロリー好バランスを謳った弁当が三割引きで買えただけでもよしとしましょう。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
県道15号、広域農道で信州らしい風景の中を北上してきました。信州らしいとは漠然とした言い方ですが、河岸段丘の中腹を走り片側の景色が広く開けた風景、残雪の山を望むこと、沿道にぶどう園が現れること、家屋に良くも悪くも特徴がないことなどがそう思わせる要素です。
伊那まで一気に走ってきたところで最初の休憩をします。改めて天気予報を見ると、降り出しがさらに早まっている上に雨量まで多くなっています。実際にはまだ降ってはいないのですが、これは先手を打った方がよかろうと思いました。雨合羽の上下にシューズカバーという完全装備です。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
完全装備をして走り始めた数分後に降り出しました。我ながら的を射ていました。そしてすぐさま本降りになりました。前回の雨は金沢で、その前は長浜でそれぞれ宿に二連泊して、中日はカブに乗らずにやり過ごしました。最後に雨の中を走ったのは隠岐に上陸した日ですが、あの時は僅か三分間程だったので雨中走行のうちに入りません。では前回完全装備、本降りの雨という条件で走ったのはいつのことか。越冬生活の間はむろんそんな機会はなかったので、もう思い出せません。
雨だけで風はなく、気温も適温で身体的に辛いことは何もないのですが、シールドに水滴が滲んでとにかく視界が悪く大変です。やはりバイクというのは雨の中を走ってはいけない乗り物です。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
DSC02274_20190607150421516.jpg
ライダーハウスの屋根の下に駆け込んで胸を撫で下ろしました。一度は弱まっていた雨が、着いた途端に土砂降りに。危ないところでした。やって来たのは松本のライダーハウスゆず、ここもこの旅での再訪になります。安価に連泊出来るところとはこのことでした。朝10時の到着にもかかわらず親切に迎え入れてくれました。ありがとうございます。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
DSC02276_20190607150425c5c.jpg
ライダーハウスゆずのご主人が、蕎麦をご馳走してやるから車に乗れと誘って下さいました。国道19号を五分程走ってやって来たのが小木曽製粉所ですが、初めて体験する興味深い店でした。
簡単に言うと、近年全国で人気を博しているセルフ形式の大型うどん店の蕎麦屋版です。丸亀製麺のうどんがそのまま蕎麦に替わっただけと言えば分かりやすいでしょう。入口を入ったら盆や箸を自分で手に取って立ったまま列につき、蕎麦の種類と大きさを注文し、蕎麦が供されたら先に進んで望みに応じて天麩羅などの皿を取って会計、水や茶も自分で用意した後席に着くというものです。

DSC02275_2019060715042321a.jpg
自家製麺で茹でたて、締めたての蕎麦は美味。盛りは普通も大も同じ一枚500円で、分量もたっぷりです。蕎麦がこの値段で食べられるとは驚きです。そしてライハのご主人のご厚意に預かりました。ご馳走様でした。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周 ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
強い雨が降り続く中、二時間程昼寝して眠気が取れました。理想的な展開です。
さて、先程の話の続きです。前回ライダーハウスゆずを利用した際、ご主人は旅行中で留守でした。今日初めてお会いしたわけですが、蕎麦屋に向かう道すがらの五分間、初対面でありがならこうも話が盛り上がるとは思いませんでした。このブログでは度々登場している教祖こと居酒屋研究家の太田和彦氏ですが、ご主人も氏の著作を愛読していて、旅先で一人で居酒屋を訪ねるのが好きなのだそうです。こうも趣味が一致するとは。

DSC02277_201906071504263fe.jpg
そして乗せてくれたご主人の愛車にも驚きました。軽バンのスズキエブリィだったのです。それもMT車です。
軽自動車の商用バンで車中泊をしながらの長旅、これに対する憧れを何度か綴ってきました。軽バンといっても色々な車種がありますが、興味のない方にはどれも同じに見えるでしょう。しかし実際にはそれぞれ全く違います。その中で私が愛車にするならスズキエブリィかスバルサンバーのどちらかしかないと思っています。ただし、サンバーは富士重工の自社製だった先代までの話で、既に七年前に生産が終わっています。中古車市場でも人気があって程度の良い個体を入手するのは難しく、今や選択肢は事実上エブリイに絞られます。

そして私は車といえばMT車で、AT車は好きではないのです。どちらも問題なく運転は出来るのですが、自分で買って愛車とするならMT車以外あり得ません。つまり、スズキエブリィのMT車はいつか手に入れたい意中の車なのです。そして案の定ライハのご主人の車も荷室で寝られるように改造してありました。繰り返します、こうも趣味が一致するとは。驚き、嬉しく思うとともに、前回来た際にご主人が不在だったことがつくづく惜しまれます。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周 ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
DSC02280_20190608062546929.jpg
しっかり昼寝して六日連続テント泊と雨中走行の疲れが取れたのはよいのですが、起きたところでやる事がありません。と思いきや、まさしく恰好の題材がありました。ライダーハウスゆずの特長の一つに、立地が抜群なことがあります。周辺は静かでありながら数分歩けば国道19号で、道沿いにはあらゆる店が建ち並んでいます。その中に安い床屋がありました。時期的にもちょうど散髪に頃合いで、雨凌ぎの空いた時間も有効に使え、一石二鳥の理想的な展開です。

そしてここで思い出したのは、前回ここに泊まった時も同じようにこの店で散髪したということです。あれは出発して以来何回目の散髪だったのか、そして今回は何回目なのか、もう見当もつきません。旅が長いことを実感してしみじみと嬉しくなるひとときです。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。