即時更新でお届けする、日本一周の旅実況中継

 | ホーム |  次の頁→

DSC02403_20190618051910b08.jpg
おはようございます。会津には二泊するのが理想でしたが、丸二日間雨が降り続き結局四泊となりました。しかし無料でライダーハウスに連泊出来たのは本当にありがたいことで、感謝に堪えません。むろん悔しいこともありました。折角「ひさじや」が七時に開店する土日と重なったというのに訪ねることが出来ないとは。さらに前日の金曜日に閉まっていたのも不運が重なりました。
ともあれ、今日は漸く移動出来ます。しかしいつまた天気が崩れてもおかしくない状況です。しつこく繰り返しますが、やはり一昨年は同じ六月に連日テント泊を続けて移動出来ていたのですから、本当に空梅雨に恵まれました。今日何処まで進んでどういうところで寝るのか、慎重に様子を探りながら決めたいと思います。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
DSC02404_201906180519110d5.jpg
DSC02405.jpg
朝食は言うまでもなく喜多方ラーメンです。訪ねるのは朝七時開店の一平です。来る度に自身の中で評価が上がっているこの店ですが、もう一つ、「坂内食堂」のラーメンとよく似ていることを前回指摘しました。喜多方にしては珍しく色が薄めの、半塩半醤油とでも言うべきスープ、チャーシューも白っぽい色ながらしっかり味が染みているところもそっくりです。
そして当店のチャーシューメンは坂内の肉そばより150円安い850円です。味は文句なしの美味。坂内食堂の値上げと俗化を考えた時、この一平があるならわざわざ足を運ぶ必要があるのかと思わされます。既に坂内に行列が出来る土日はそうでした。今後は平日にも同じことを当てはめる可能性は大いにあります。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
DSC02406.jpg
むろん今日も水を汲んでいきます。こんなに美味な水を誰でも自由に汲めるところがきれいに管理されている。毎度酒蔵の善意に頭が下がります。この場を借りて御礼を申し上げます。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
二軒目へ移行します。何度もしつこいようですが、一番の目当てだった「ひさじや」に行けないとは返す返すも悔しいものがあります。このままでは終われませんが、今日は開店の十時を待つわけにはいきません。そして今日は「まこと食堂」の定休日です。となるとこの時間、選択肢は事実上この店に限られます。

DSC02407.jpg
DSC02408.jpg
ここは三十年以上も前、初めて本場の喜多方ラーメンを食べた思い出の店でもあります。丼の表面をチャーシューが埋め尽くす姿は衝撃的でした。鼻につんと香る濃いめの醤油スープ、柔らかさとコシを併せ持った太麺はこれぞ喜多方ラーメンというもの。細い路地に建ち、棟続きは古い蔵。喜多方の旅情を盛り上げてくれます。そして店内の雰囲気もラーメンも、あの頃と何も変わらないものが目の前にあります。これは尊いことです。
この店が変わらず健在で、こうしてまた訪ねられたことを心から嬉しく思います。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
DSC02409.jpg
DSC02410.jpg
DSC02411.jpg
DSC02412.jpg
大峠経由で会津を去るなら必ず立ち寄るのがここ、旧日中線熱塩駅こと日中線記念館です。こちらも何も変わらず健在でした。特徴的な駅舎に広い構内、車両などが良い状態で保存されています。素晴らしい施設です。平日の朝ということで他に人がいなかったのも幸いでした。駅舎の全容を障害物なくきれいに収められたのは初めてかも知れません。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
米沢に入りました。福島県側では僅かに雨が残っていました。雨具を着けなくともぎりぎりでいけるところ、但しそのままの雨足で降り続くならそれも考えなければなりませんでした。しかし大峠を越えると空は明るく、時折晴れ間が差す薄曇り。上々の天気です。
国道121号が左に折れるところをそのまま直進して米沢の市街を横断し、只今米沢駅で休憩中です。東北の駅百選の銘板がありますが、軽薄な外見からどうしてなのか理解出来ません。板谷峠を越えてきた重厚な機関車の重連が交換作業を行なっていたのも今は昔です。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
DSC02413.jpg
DSC02414.jpg
DSC02415_2019061805213651b.jpg
DSC02416.jpg
県道1号を北へ走ってきました。ここで訪ねるのが旧山形交通の高畠駅です。黄褐色の石積み二階建ての駅舎は小柄ながら堂々たる佇まいで、曲率の違うアーチや直線を混在させた窓枠など、細部の意匠も秀逸。傍らに保存された凸型電機、貨車、電車も状態が良く、どれもたいへん素晴らしいものです。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
DSC02417.jpg
さらに北上を続けます。蔵王駅までやって来ました。石積みの柱に屋根は木組みでトタン張り、そこに北国のものより細く端正な落雪留めが乗ります。中は天井が高く丸木の梁が山小屋風。細部の意匠が上品で美しい、静かなる名駅舎です。
そしてここで幸運が起こりました。ちょうど上下列車が同時に着いたところで、人が吐き出されてきました。しかし降りてくるのは学生風の若者ばかりで、駅舎の前に横付けしたタクシーに乗り込む人はいません。タクシーの運転手にとっても私にとっても残念な結果と思っていたところ、タクシーが空車のまま発車したのです。次の列車が来るのは一時間後、恐らくそれを漫然と待つのではなく他に乗客が見込める所へ移動するのでしょう。駅舎の姿をきれいに写真に収めることが出来ました。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
山形市街の中心部に来ました。どうやらこの辺りに来たのは本当に久し振りのようで、繁華街の中心部の道が一方通行になっていて八戸に似た雰囲気であることを、事実上初めて知りました。そして訪ねるのは表題の郵便局です。

DSC02418_20190618052321394.jpg
名前ではなく局舎を目当てにわざわざ郵便局を訪ねるのは珍しいことで、記憶が正しければ甲府中央四局以来のことだと思います。左右非対称の鉄筋コンクリート三階建ては軽快で品が良く、中は奥に長くカウンターが斜めになっている郵便局としては珍しい造りです。元は洋品店だった建物が後から郵便局に転用されたからで、このように価値ある建物が放棄されず受け継がれるのはたいへん良い事です。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
DSC02437.jpg
山寺まで来ました。まずは駅を訪ねます。寺社風の駅舎は全国にありますが、手本のような造りです。飾り気のない端正な佇まいが東北の土地柄を表しているかのようです。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。