即時更新でお届けする、日本一周の旅実況中継

 | ホーム | 

DSC02598.jpg
おはようございます。昨日は青森市の月見野森林公園キャンプ場でテント泊しました。何も変わっておらず、素晴らしいところです。キャンプ場らしいキャンプ場というのはここを言うのでしょう。広く、それでいながら森に包まれるようなサイト。様々な鳥や動物の声が美しく響きます。設備は必要最低限で、数組の人がいましたが夜は物音一つしませんでした。唯一の難点はトイレに紙が置かれていないことですが、無料で自由に利用出来るのですからここに不満を持つのは筋違いです。
これで青森の市街からも程近く、バイクなら十分くらい走れば温泉もスーパーもあります。いつまでもこのままであって欲しいです。今回もありがとうございました。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
DSC02599.jpg
DSC02600.jpg
これは昨日の出来事の報告になってしまうのですが、温泉博士を発動して青森市内のフラワー温泉のうち、合浦にあるやえだの方で入浴しました。やはり朝や昼ではなく、夕風呂が温泉博士で無料になると充実感が段違いです。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
DSC02601_20190625163316362.jpg
DSC02602_20190625163318701.jpg
この店で食べることを心待ちにしていました。満を持して長尾中華そばの本店にやって来ました。原点に立ち返り、あっさりスープとちぢれ麺の組み合わせを注文。250円足して豚バラチャーシュー増しとし、850円です。
何という美味なスープでしょうか。どこまでも澄んでいて美しいのに煮干しのコクと風味がしっかりあり、まるで宝石のようです。上品なスープが絡むちぢれ麺、薄切りのチャーシューとの取り合わせも秀逸です。

意外だったのは、こうも美味いのに閑散としていたことです。先客は一組のみで、それも私が食べ始める頃に出ていき、店内には私一人になりました。喜多方のように朝からラーメンを食べるという文化が、地元の人達の間に定着していないのでしょうか。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
長尾中華そばは何種類ものスープと麺の中から自在に選んで組み合わせて注文します。このような総花的なラーメン店は大した味ではないことが殆どですが、ここは格が違います。どれもが美味いのです。あっさりスープちぢれ麺の他に、どうしても食べたかったのがこく煮干しスープ中太麺の組み合わせです。こちらが本命です。
しかし同じ店で二杯立て続けに食べるのは流石に間抜けだし、少しは間を置かないと美味しく食べられません。そこで本店と同じく七時開店の駅前店に向かったのですが、臨時休業でしたorz

またか。また臨時休業なのか。臨時休業に当たるなんて滅多に出来る経験ではありません。それが最近では当たり前になってきました。いい加減運の悪さに閉口します。

DSC02603.jpg
しかし捨てる神あれば拾う神ありです。もう一つ七時開店の店舗があることが分かりました。その中央店にやって来ました。以前はなかったように思います。

DSC02604_20190625163321d8c.jpg
勿論その本命ラーメンを注文。こちらも素晴らしい美味、スープの美味さが傑出しています。濃厚なコクと香りがありながら濁りやくどさは一切なく、後味に微かな渋み、酸味を感じるところもたまりません。こく煮干しスープはあっさりスープより130円も高いのですが、その差額を支払う価値は十分にあります。チャーシュー増しは本店より50円高い300円ですが、こちらの方がやや厚く柔らかく煮込まれていて、より美味です。この中央店も店内はがらがらでした。こうも美味いのに、どうしてなのでしょう。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
DSC02607_20190625163553c91.jpg
下北半島の西岸を北上しています。朝のうち青森の市街では暗く曇り、僅かながら雨も落ちていましたが、野辺地の辺りから晴れてきて今や快晴です。横浜まで来たところで海越しの真正面に恐山を望む絶景が広がります。陸奥湾が鏡のように凪ているのも印象的です。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
DSC02606_20190625163324b8e.jpg
DSC02605_201906251633226d5.jpg
陸奥横浜駅では古い木造駅舎が残ります。入口が二重になっていて脇から入る造り、大きな灯油タンクなどがいかにも北国の駅です。壁が緑や黄色など幼稚な色使いで塗られているのを残念に思ったのですが、当地の名物である菜の花畑を表しているのだと理解して納得しました。駅員が配置されているのは意外でしたが、列車は一日に九本しか来ません。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
DSC02608_201906251635544e2.jpg
下北まで来ました。今や本州最果ての終着駅となった大湊駅を訪ねます。複雑に折り重なった屋根による重厚な佇まいが軍港の町によく似合います。新建材が張り付けられると安っぽくなることが多いですが、それを感じさせないところが流石です。ただし駅前に出来た大きな碑が邪魔をして、この名建築を真正面から捉えることが出来なくなってしまったのは残念です。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
DSC02609_20190625163555e6b.jpg
DSC02610_201906251635574c9.jpg
雪辱を果たす時が遂にやってきました。前回ここに来てまさかの長期休航の告知を目にし、呆然と立ち尽くしたことは忘れられません。今度こそそんなことはなく、函館行航路は通常運航されています。津軽海峡に臨んで旅情が高まります。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
DSC02611_201906251635594e0.jpg
DSC02614_20190625163600989.jpg
本州最北端、大間崎までやって来ました。移動を再開して福岡から出発し、50日目にして遂にここまでやって来ました。何度来ても感慨深い所です。北海道はまさに目の前、函館山の稜線や、恵山の剥き出しの岩肌の様子まではっきりと分かります。

蛇足ですが、岬に着いたちょうどその時、大型バスから団体が吐き出されてくるところでした。大勢でどやどやと碑の周りを取り囲まれ、写真が撮れないのはもちろん最北端の旅情も到達の感慨もあったものじゃありません。立ち去るのを無為に十五分程待つしかありませんでした。長尾中華そばの臨時休業といい、私というのはとことん間の悪い人間のようです。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周 ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。