即時更新でお届けする、日本一周の旅実況中継

 | ホーム | 

おはようございます。昨日は霧多布岬のキャンプ場まで来てテント泊しました。蚊がいないところ、という願いは完全に叶えられました。蚊の一匹、蟻の一匹もいないキャンプ場というのも見事です。海辺の高台の上、風と霧に晒されるこの場所ならではと言えるでしょう。

DSC03712_20190806061133d2b.jpg
DSC03711.jpg
しかし世の中全ては上手くいかないものですね。霧が濃くて大変でした。霧も濃くなると雨と変わりません。気付かぬうちにびしょ濡れになっているという点では、雨より厄介かも知れないです。買ったばかりの新しいジーパンが早くも旅の洗礼を受けました。
そんな条件でありながら、バイクの多さに驚かされました。昔から人気のあるキャンプ場ではありますが、こうも多いとは。それでいながら夜も八時には静まり返りました。客層が洗練されているという点では、網走の呼人浦キャンプ場と並ぶ素晴らしさです。

それにしても味わいのある地名です。アイヌ語に無理矢理漢字をあてたところ、それが却って情緒ある響きを生んだ地名が北海道には沢山あります。幾春別など筆頭ですが、それらはあくまで表音に過ぎず、意味を伴っているわけではありません。きりたっぷ、促音の後に半濁音が来るなど典型的なアイヌ語由来の地名ですが、本当に霧が多いところにこの地名を授けるとは秀逸です。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周 ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
DSC03713_2019080616590907d.jpg
本日の朝食は、昨日買っておいて食べなかった調理パンとインスタントの味噌汁です。キャンプ場の周りには何もなく、唯一頼りになる霧多布の町のセコマまではバイクで五分走らねばなりません。まだ霧が晴れない中、朝一番でこれをする気になれなかったところ、パンがあって助かりました。やはり手元に食料が全くないというのはよろしくないようです。最低限のものを一つくらいは常に持っていた方がよいのかも知れません。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
DSC03714_20190806165910bfe.jpg
明るい日差しが出てきました。が、海にはまだ霧が残っています。霧多布のキャンプ場は目の前がきれいな入江になっているのですが、その入江にも霧が留まるようにしてあります。入江の霧の向こうは海岸段丘の上が盆のように真っ平らな、この地域に独特の地形をしています。まるで外輪山と雲海が織り成す阿蘇の風景にそっくりです。
旅の情景と情景が重なり合うのはいいものですが、今日は北海道の東の果てと火の国阿蘇の景色がつながりました。実に印象的な場面です。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
DSC03715_201908061659141db.jpg
DSC03716_20190806165916443.jpg
DSC03717_201908061659163e3.jpg
本日最初に訪ねるのは今年になって廃止されてしまった初田牛駅の跡です。ホームの部分も切り崩されてしまって、少し違う位置に駅名標を模した解説板が立てられていました。起点の滝川から408.5kmであることを示す標識が残っていて、広大な原野を背景にぽつんと立っていました。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
DSC03718_20190806165918338.jpg
落石岬までやって来ました。いや、岬に至る遊歩道の入口まで来ただけです。わざわざ来たのに、海辺は濃い霧に覆われたままです。これではわざわざ歩いても意味がないでしょうorz
今の季節釧路、根室地方の太平洋側に海霧は付きものです。しかし霧多布岬のキャンプ場も海際ぎりぎの所にあるのです。霧が晴れるのを待ってから始動したというのに東へ進む程これが濃くなるとは、とんだ不運ですorz

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
DSC03719_201908061659189e1.jpg
朝が早く軽かったこともあるのですが、それにしても腹が減っています。そういう日なのでしょう。こうなればガッツ溢れる俺達のホットシェフしかありません。まず心惹かれたのはカツ丼でした。しかし予て気になっている秋刀魚の蒲焼き丼を試す好機とも言えます。値段は20円しか違いません。

DSC03720_20190806165919093.jpg
迷いに迷いましたが、結局カツ丼の魅力は抗し難いものがありました。秋刀魚とトンカツという具材の違いというよりも、ただ蒲焼きが乗るだけの貧相な見た目の秋刀魚丼に対し、丼を覆う溶き玉子に惹かれたという感じです。しかしこのカツ丼を食べるのも久し振りのこと。大いに満足しました。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
DSC03721_20190806170122860.jpg
DSC03722_2019080617012692e.jpg
DSC03723.jpg
DSC03724_20190806170132c2e.jpg
DSC03726_20190806170134306.jpg
DSC03728_2019080617013529b.jpg
海から数キロ離れただけで快晴というのはよくあることで、今日もその通りでした。ならば内陸の景色の良いところを走るのみです。旅のやり方や足が何であるかによっても変わってきますが、バイクで道東に来たならばこれこそが楽しみです。何処まで走っても果てしなく牧草地が続いていき、道はその只中を真っ直ぐに貫いていきます。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
DSC03731_20190806170140f3a.jpg
DSC03730.jpg
厚岸まで来ると海だけは未だに霧がかかっています。やはりこれが基本的な天気です。厚岸駅はこれといった特徴はないものの、良くも悪くも無愛想ないかにも国鉄駅らしい駅舎が健在です。駅前には名物駅弁かきめしを売る創業102年の駅弁屋、昔ながらの駅前食堂もあって素晴らしいです。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
一昨日カブの老朽化について述べましたが、もう一つ困った老朽化があります。函館を出発した日に満を持して購入したホクレンの旗ですが、実は大分前から差して走るのをやめています。

DSC03594_20190806170442e89.jpg
このように裂けてきているからです。このままなびかせて走っていれば、いつか切れて飛んでいってしまうでしょう。この旗は長いこと続いている北の夏の風物詩です。昔は無料で配られていました。それがいつしか有料化されて百円になり、今は百五十円に値上がりしています。バイクに差して走っても、旗がこのように裂けるなど今まで一度もありませんでした。値上げされた上に質が落ちるとは困ったものですorz

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周 ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。