即時更新でお届けする、日本一周の旅実況中継

 | ホーム | 

DSC03766_20190808161735126.jpg
DSC03776_201908081617442f7.jpg
おはようございます。釧路の切迫した宿事情に翻弄されたが故の成り行きとはいえ、北海道でビジネスホテルでもなくライダーハウスでもなくゲストハウスに泊まることになるとは思いませんでした。個人的には実に中途半端に感じます。しかし手頃な価格で泊まるところがおさえられただけでも今回は有り難かったです。二泊世話になったのが表題の宿でした。

DSC03767_20190808161737c9b.jpg
DSC03768_20190808161738edf.jpg
二段ベッドのドミトリーと半個室があり、今回泊まったのは一泊四千円の半個室の方でした。予想していた通りスマイルホテル小樽別館と同じもの、即ち簡易的な壁とカーテンで完全に仕切られたベッドです。それぞれ自由に点けたり消したり出来る照明、枕元の位置にささやかな棚、コンセントが二口、壁にはフックとハンガーが一つ。フックとハンガーをもっと増やして欲しいですが、これは些細な不満であり、ほぼ文句なしの快適さです。

DSC03769_201908081617408ef.jpg
DSC03770_20190808161741b1d.jpg
共用のシャワーや洗面台、トイレなど諸設備はごく清潔。まあ相部屋でこの料金ならば当たり前といえば当たり前ですが…

DSC03784_2019080816174826c.jpg
DSC03771_20190808161742b3b.jpg
談話室は十分な広さがあるだけでなく、洒落ていて感じがよいです。共用の台所も広々としていて、冷蔵庫も完備されています。場所はフィッシャーマンズワーフのすぐ近くで、飲み屋街の中心までも歩いて五分、立地も文句なしです。料金に納得出来る人にならば大いにおすすめ出来る宿です。

DSC03779_2019080816174744d.jpg
まったくの余談ですが、隣りの古い自転車屋が秀逸です(笑)

DSC03778_20190808161746418.jpg
そして何といっても特筆すべきは、バイクをシャッター付きのガレージに入れられることです。これは秀逸。駐輪代もかかりません。敷地内ではなく数十メートル離れているので、雨の強い日には荷運びで少し濡れるかも知れませんが、それでもこの有り難さは絶大です。
それだけではありません。このガレージとご主人のご厚意に、今回大いに助けられることとなったのです…

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周 ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
日程ありきで釧路に連泊したところ、雨凌ぎも兼ねられて一石二鳥だ。そんな悠長なことを言っている場合ではありませんでした。台風崩れの低気圧が直撃して、朝から強い雨が降っています。この後さらに悪化し、最新の予報では十三時台は8mmの雨と11mの風、まさに嵐です。

Image-1190809a.jpg

当然バイクで移動など出来るわけはなく、釧路に留まらなければなりません。ゲストハウスプルーフポイントに連泊するのが理想でしたが、結局満室のままキャンセルも出ませんでした。これは万事休すかと思ったところ、拾う神もありました。法外な値に釣り上がったビジネスホテルしか空いていなかったのは前述の通りですが、直前になるとキャンセルも出るものです。六千円台の半ばというぎりぎり納得出来る額の部屋が一つだけ空いており、辛うじておさえることが出来ました。部屋が取れなかったら絶望的な状況になるところだったので、胸を撫で下ろしました。
その後、立地はやや劣るものの百円安くて大浴場と朝食付きのホテルを見付け、そちらに鞍替えして今に至ります。

さて、ゲストハウスプルーフポイントのお陰で大いに救われたというのは、本日チェックアウトした後もそのままカブを置かせてもらえることです。この強い雨の中では短距離の移動も大変な大仕事です。それをせずに済むかどうかで、まさに天国と地獄です。今日は一泊分の荷物だけ持って歩いてビジネスホテルに移動します。本当に助かりました。この場を借りて改めて厚くお礼を申し上げます。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周 ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
DSC03796_201908091027420f2.jpg
本日の朝食は異例の遅い時間になりました。過去に二回食べて美味だったこの店を再訪したくて、開店の九時を待ちわびました。釧路駅にほど近い丹頂市場の中に入る表題のラーメン店です。和商市場の向かいですが、俗な観光地と化した和商とは違って地元民しかいない雰囲気が秀逸です。強まる雨の中を歩いてきたわけですが、気温が14度しかなく風も冷たく、サンダル履きの足など凍えそうでした。熱いラーメンが身に沁みます。

DSC03795_201908091027396b4.jpg
注文するのは勿論当店名物の魚醤ラーメン。あっさり味810円、こってり味890円とあるのであっさり味を所望。さらに細麺と太麺を選べというので細麺に。
褒め称える程の美味ではありません。実は以前はあっさり味とこってり味を選べるなどなかったのです。もしかしたらこってり味が標準だった可能性もあります。とはいえ優しい薄味は朝にぴったりで、十分にいけます。漬け物が付くのも嬉しいところです。私にしては珍しく百円足して大盛りにしたのですが、これは不要でした。大盛りにした途端一気に麺が倍増する店がありますが、これにあたったのかも知れません。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
DSC03797.jpg
DSC03798.jpg
雨も風も強くなっていきます。注意報も増えて、大雨、雷、強風、波浪、洪水、濃霧の各注意報が出ています。一刻も早く戻りたいところですが、一つだけ素通り出来ない場所があります。丹頂市場のすぐ隣りの幸町公園です。ここにC58型蒸機が保存されています。御召列車の牽引歴がある、由緒正しき106号機です。屋根付きとはいえ、状態の良さに感心せずにはいられません。塗装などぴかぴかです。やはり北海道の鉄道保存車両はどれも素晴らしいです。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周 ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
予報よりも早く雨足が弱まったのは本当に助かりました。少々風に難儀したものの、傘さえ差していれば濡れずに歩けました。風雨が酷ければ最悪の場合タクシーの利用もやむなしと思っていたところ、これをせずに済んだのは救いです。先程本日の宿となるビジネスホテルに移動してきたところです。

DSC03790_20190809122729e10.jpg
望まぬ形で釧路にもう一泊追加となってしまいました。ホテル泊の6,500円の出費も痛いです。しかしこの天候では仕方ありません。むしろ良識的と言える範囲内の料金の宿を直前でおさえられただけでも有り難いというものです。そしてこうなったからには毒を食らわば皿まで、今日も居酒屋探訪に出るのみです。久し振りの訪問で且つ一日限りということになれば、どうしても手堅く過去に訪ねた名店の再訪になってしまいます。しかし三日目ともなれば思い切った新規開拓、冒険が出来ます。それを念頭に今晩も哀愁漂う釧路の町を歩きたいと思います。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周 ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
DSC03802.jpg
本日の先発はちゃりんこです。もう十年も前に一度入ったような気がしますが、詳しい事は殆ど覚えていません。事実上初めてのようなものです。結論を先に言いますと、素晴らしい店でした。カウンターが九席と、広い小上がりに四人掛けの卓がずらりと並びます。
当店の魅力は単純にして明快、文句なしの味ながらとにかく安いのです。そして少量安価で提供しているところが素晴らしい。たとえばソイやサメガレイの刺身は四切れで三百円、鮮度抜群でたいへん美味です。他にも北海しまえび二尾四百円、雲丹五百円など驚くべき安さです。海鮮だけでなく大皿料理も充実していて、席に着くやまずその大皿料理の解説があります。お通しはなく、希望とあらばすぐに提供される大皿料理が七種程ある中から選べるというわけです。素晴らしいやり方に感心し、折角だからと肉じゃがを所望しました。他にもあらゆる料理が揃い、最後に食べた一皿六百円のカニクリームコロッケは絶品でした。

主人と思しき壮年の男性以外は皆若い衆で、全部で五人もが一切の無駄口なしに黙々と動く様も実に良いです。どんなに混んでも提供は滞らず、打てば響く接客も心地好し。教祖がかつて横浜のある店を「スーパー居酒屋」と激賞していました。安易に横文字を使うのは嫌いですが、この時私の頭の中に浮かんだのは「ここはスーパー居酒屋だ」ということでした。
ただし、だからこそ注意が必要な部分もあります。お盆週の頭の連休前の金曜日、この条件は無視出来ませんが、それでも六時を待たずに満席とは驚きました。私より僅か五分程遅れて同じような独酌、予約なしの来客があったのですが、満席御免で断られていました。危ないところでした。その後も予約なしで断られる客が続出です。この店の実力ならばむしろ当然かも知れません。しかも殆どが地元客です。何故そう分かるかというと、多くの人が品書きを見ずに注文していたからです。
これぞ気鋭の実力店。次に釧路に来る機会があったなら、叶うなら先発は必ずこの店にしたいです。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周 ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
DSC03803_20190810055151fde.jpg
二軒目へ移行します。三日目だからこその冒険が出来ると言いましたが、最たるがここです。これまで何度も前を通りながらも、素通りを繰り返していました。飲み屋街のど真ん中の角地という、良過ぎる立地に懐疑的になるからです。しかしこれは私の悪い癖でもあります。立地が良過ぎると益体もない店という理屈は、あながち間違いではないと思うものの、当たり前ですが全てに当てはまるわけではありません。つまるところ居酒屋というのは入ってみないと分からないのです。
それでも実際に入ってみようと思うきっかけが、一昨日ありました。この店は往来から中の様子がよく見えます。一直線のカウンターに着いた全ての人の前に当店名物のつぶ焼きが置かれ、皆が黙々とそれを食べていたのです。専門店らしいその潔い雰囲気を好ましく思ったのでした。

ところがいざ席に着いてみると、その潔さは想像を超えるものでした。品書きに書かれているのはつぶ焼きとラーメン、あとは酒類だけ。これだけなのです。ラーメンだけを食べに来る人もいます。面食らいつつも、とにかく生ビールとつぶ焼きを注文しました。握りの一人前が乗るのと同じくらいの下駄に、まるで賽の五の目のように五つの窪みがつけられています。そこに殻のままのつぶが五つ乗って出てきました。それを串で引っ張り出して食べるのです。たっぷりかけられた特製のタレはやや甘く、これなら醤油で食べた方がよいと思いましたが、そんな事より今が旬のつぶ貝をこうして丸焼きにしてひたすら出すこの店の佇まいが全てです。
生ビールとつぶ焼き一皿で計1,450円。私と同じようにこうしてすぐに席を立つ人は珍しくありません。創業53年、じっくり食べさせる店ばかりと思っていた釧路の飲み屋街のど真ん中に、個性の光る一軒がありました。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周 ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
DSC03804.jpg
三日間にも及んだ釧路の夜の最後を、ここで締め括ります。中一日で鳥善の暖簾をくぐりました。無事に席に着けて本当によかったです。こうして改めてよく見ると、癖の強い店です。でっぷりと太って一重瞼が垂れ下がった主人はお世辞にも人相が良いとは言えず、それで目が合ってもじろりとこちらを見るだけでいらっしゃいませの一言もないのだから、一見はこれだけで退散してもおかしくありません。私だって本来こういう店は好まないのですが、ここのザンギの美味さはそれらの事を超越しているのです。

鶏肉というのはこうも美味な食材たり得るのか。衣を付けて油で揚げるという調理法はこうも昇華するものなのか。昨日の反動もあるのかも知れないですが、それでも中一日でここまで感動出来るというのが偽りない事実です。もし私が釧路に住んでいたなら、本当に毎日通ってしまいそうです。最後にこれが食べられて本当によかった。そしてどうかいつまでもこのままで。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周 ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。