即時更新でお届けする、日本一周の旅実況中継

 | ホーム | 

DSC03856.jpg
おはようございます。昨日は比布のブンブンハウスに泊まりました。今夏二度目の訪問です。前回は大雨に阻まれ、御厚意に甘える形で上限越えの四泊することになりました。今回は足留めされるようなことがないよう祈ります。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周 ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
DSC03857_201908141633147e7.jpg
DSC03858.jpg
国道40号を走って和寒まで来ました。青色の看板、そしてあの橙色の看板をも通り過ぎてセブンイレブンに入りました。本日も朝食は弁当です。味は橙色と比べ物にならないくらい美味ですが、野菜分が全くないという点では一緒ですorz

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
DSC03860_2019081416331746f.jpg
さらに北上して士別まで来ました。まずは駅に立ち寄ります。これといって特徴もなく面白味のない駅舎ですが、無愛想な横長の造りはいかにも国鉄型。古い木造の跨線橋も趣があります。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
DSC03861.jpg
DSC03862.jpg
DSC03863.jpg
DSC03864_20190814163323d60.jpg
DSC03865_20190814163324349.jpg
DSC03866.jpg
DSC03867_201908141633275bb.jpg
士別まで来た真の目的はこちら、士別軌道のモノコックバスです。士別駅近くの営業所に立ち寄ったところ待機していました。これから始発となる停留所まで回送される、筈だったのですが、まさかの運休という事態にorz
とはいっても、そこまで残念というわけではありません。もともと片道運行しかされないので、乗ることは出来ないのです。十分に引きのある好条件で撮影出来ただけでも今回はよしとしましょう。それでも動く様を見たり音を聞けなかったのはやはり残念です。次の機会があることを願います。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
DSC03868_20190814163512d7a.jpg
DSC03869_20190814163513cce.jpg
DSC03870_2019081416351453a.jpg
DSC03871_20190814163516cec.jpg
モノコックバスの運休は残念でしたが、せめてもの土産がありました。予て興味を惹かれている北海道の農業倉庫ですが、士別駅前のそれがとりわけ素晴らしいです。何棟もが所狭しと建ち並ぶ様がとても良く、それぞれの巨体さや美しさも申し分なしです。これまで見てきた中でも一、二を争います。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
士別へはブンブンハウスに荷物を置いたまま起きてすぐに出発したので、南へ引き返して来ました。昨日に続いて旭川の市街を訪ねます。
北海道でラーメンの美味い町はと問われたら、私は旭川と即答します。文句なしに美味な名店が何軒も集まっているという点で全国でも屈指の存在です。ラーメンといえば旭川、旭川といえばラーメン。だから他に気になる食べ物があっても、特に昼向きのものはなかなか試すことが出来ません。漸くその機会が巡ってきました。

DSC03872_2019081416351708e.jpg
開店の11時の数分前に到着すると、何人かが列をなして開店を待っていました。そして目の前でちょうど暖簾が出て中に吸い込まれていきました。しかしそれも数人だけで、自分も無事に着席となりました。古びた店で、厳しい顔付きをして人当たりもややきつい女将がねじり鉢巻姿で一人で切り盛りしています。まず驚いたのは名物ゲソ丼の安さです。一杯450円、100円足せばミニそばとのセット、200円出せばミニラーメンとのセットになります。ミニそばとのセットを注文しました。

DSC03873_20190814163519027.jpg
ごく薄く付けられた衣がねっとりした食感でゲソに絡み、美味です。味よりも驚くべきは量で、ゲソが大盤振る舞いのてんこ盛りなのです。この値段でこれとは、二度感心しました。一方で蕎麦は残念な味わいで、単品での注文がよいでしょう。
余談ですが、女将が一人でやっている上に一度に何杯も作れないようで、ゲソ丼が出てくるのに三十分程待ちました。時間に余裕のない人は注意が必要です。もう一つ、明日から三日間休みとの張り紙が。やはり盆は怖いです。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
DSC03874.jpg
DSC03875_20190814163522a3e.jpg
道道79号の戸外炉峠。これでととろと読むのだそうですが、水田地帯を一望する丘の上に突如猫バスが現れます。私はこの手のものに殆ど興味がありませんが、たまにはよいでしょう。子供連れが嬉々として写真を撮っている様は微笑ましいものがあります。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
DSC03877.jpg
DSC03878.jpg
DSC03879.jpg
DSC03880.jpg
DSC03881.jpg
DSC03882_20190814163721873.jpg
DSC03883.jpg
DSC03885_2019081416372690f.jpg
DSC03884_201908141637256c2.jpg
真の目的、大の大人が嬉々として写真を撮ってしまうのがここです。再現建築ではありますが神居古潭の旧駅舎、それから9600、C57、D51型蒸機が保存されています。野晒しで少し痛んではいますが、本線用大型蒸機が三両も連なって保存されている様は壮観。かつての旧線の様子がよく分かる一帯の雰囲気を含めて言えば、北海道の保存鉄道の中でも屈指です。

DSC03876.jpg
木の吊り橋で川を渡ってここに至るのですが、これも実に味わいがあります。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周 ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。