即時更新でお届けする、日本一周の旅実況中継

 | ホーム |  次の頁→

Image-1190819a.jpg

おはようございます。引き続き留萌のライダーハウス、みつばちハウス留萌で朝を迎えました。結局昨日は昼間が強風、夕方には再び雨が降り始めて、移動しなくて正解でした。今朝も今のところはどんより曇っていますが、この後天気が良くなっていくようです。むろん移動を再開しますが、予報の通りになるなら晴天も僅か二日だけのようです。
結局のところ、今夏の北海道も天気が悪いです。函館を出てからひと月半が経ちましたが、雨に足留めされて望まぬ形での無為な連泊は延べ十日を超えています。以前は夏の北海道はもっと天気が良かったのに、近年は雨が多過ぎる。昨晩同宿のライダーとこの意見で完全に一致しました。本当に困ったものです。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
DSC03971.jpg
DSC03973_20190819060731778.jpg
DSC03972_20190819060731e1b.jpg
怪しいセブンイレブンの次は謎のすき家です。出発してすぐに留萌市内のすき家に立ち寄って朝食を食べていきます。この店、前回留萌に来た際に開店時刻が十時であるということに、こんな店舗があるものかと驚きつつ朝食は別のものを食べたのです。ところがこれは誤りで、開店時刻は五時でした。さらに驚きました。すき家の公式HPの店舗案内に十時開店としっかり書いてあるからです。どうしてこの事を知ったのかというと、昨日留萌の町を歩いている時に前を通りがかったからです。

この事件の背景にあるのは、インターネットを介して配される情報への盲信です。特に、大手チェーンの公式ページに記載されている営業時刻に間違いがある筈はないという思い込みがありました。しかし現実は違いました。自分の目で見たもの以外は信じてはいけない。こんな当たり前の事を改めて思い知りました。反省したいと思いますorz

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
DSC03974_20190819060731f42.jpg
DSC03975_20190819060731eee.jpg
東へ進んできたところで、まずは恵比島駅に立ち寄ります。前回は工事のトラックが真ん前に停まっていたのですが、障害物がない状態で撮り直すことが出来ました。ただしこれはあくまで撮影用に作られた架空の駅舎であり、本体は貨車の方です(笑)

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
沼田から国道275号に入り、多度志から深名線の跡に沿って走ります。深名線は北海道の赤字ローカル線群の中では廃止が平成七年と遅く、それ故車を運転出来るようになってからその終焉に立ち合うことが出来ました。何度も乗ったり撮影したりして、廃止の前日も全ての駅を訪ねつつその最期の姿を目に焼き付けました。北海道の鉄道の中でもひときわ思い入れが強い路線であり、この区間の275号を走るのはいつも感慨深いものです。

DSC03978_20190819060734c86.jpg
DSC03976_20190819060731a98.jpg
DSC03977.jpg
そして最初に立ち寄るのが旧鷹泊駅です。道路の行き止まりに直角に建つ、いかにも駅らしい佇まい。木造切妻屋根の駅舎が残されています。ただし放置されて痛んでいます。周辺も草ぼうぼうで、ホーム側に踏み入るのが躊躇われました。近くにはこちらももう使われている様子のない石積みの農業倉庫が建っていて素晴らしいです。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
DSC03981_20190819061027303.jpg
DSC03980_20190819061027819.jpg
次に沼牛駅に立ち寄ります。鷹泊駅と明確に違うのは、こちらは人為的に駅舎が保存されていることです。琺瑯の駅名板もそのままに、往時の姿のままです。こうして駅舎がきれいな状態で保存されるのは素晴らしいことですが、その一方で懸念もあります。ホームには白樺で作られたベンチが置かれ、蕎麦畑をライトアップするための投光器がずらりと並べられています。低俗な見世物にならないよう祈るしかないですが、この先どうなってしまうのでしょうか。

DSC03979_20190819061027686.jpg
こちらも駅前に健在の農業倉庫は素晴らしいです。奥の棟は屋根の形が面白く、真ん中は趣ある煉瓦造り。三棟並んでいながらそれぞれの個性を楽しめます。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
DSC03982_201908190610277b6.jpg
沿道には一面の蕎麦畑が広がっています。蕎麦畑は北海道ではあちこちで見られますが、ここまで規模が大きいのはこの辺りだけでしょう。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
DSC03983_20190819061029bdd.jpg
DSC03984_2019081906103051f.jpg
DSC03985_201908190610322a5.jpg
DSC03986_201908190610332ec.jpg
引き続き深名線に沿って国道275号を真北へ進みます。次に訪ねるのは第三雨竜川橋梁です。雨竜川を跨ぐ緑色のトラス橋がそのまま残されていて、今にも列車がやって来そうな雰囲気です。川幅の狭い渓谷を渡るその姿は美しく、現役時代も名撮影地の一つでした。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
DSC03987.jpg
DSC03988_201908190612359c7.jpg
続いて添牛内駅です。前回訪ねた時に駅舎の痛みよう、特に入口の屋根が大きく歪んでいるのを見て、次の冬の積雪に耐えられないのではないかと危惧しました。その屋根が驚いたことに修復されていました。しかし依然として建物全体は痛みが目立ち、屋根の一部は歪んでいます。今後さらに何らかの動きがあるのでしょうか。

DSC03989_20190819061235784.jpg
ホームの縁が未だに残っていて、往時の雰囲気が偲ばれます。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
DSC03991_20190819061238c12.jpg
DSC03992_2019081906123971c.jpg
美深から国道40号を北へ走ってきました。ちょうど昼時に音威子府に着くとは良い流れです。前回は毎度お馴染みの臨時休業にやられましたが、今日はそれもなく、名物の黒い駅蕎麦をいただきます。
それはいいのですが、駅の中が大勢の人で埋め尽くされている異様な光景でした。観光列車「風っ子そうや」号の到着の直前に着いてしまったのです。しかし蕎麦を食べている人はごく一部で混乱はなく、問題はありませんでした。ところが食べている途中で列車が到着。降りてきた人が我先にと蕎麦屋に並び、あっという間に行列が出来ました。あと三分遅かったらこの場面に直面し、すぐさま駅を立ち去っていたでしょう。危ないところでした。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
DSC03990_20190819061236c36.jpg
予報は曇り時々晴れで降水確率は10%、しかし現実は本降りの雨でびしょ濡れになってしまいましたorz
心底うんざりします。雨具を着けるのは時間がかかって面倒だし、寒いし、何より視界がとても悪くなるので疲れます。朝に述べたことをもう一度繰り返しますが、本当に天気が悪過ぎます。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。