即時更新でお届けする、日本一周の旅実況中継

 | ホーム | 

おはようございます。わざわざ再び稚内まで北上して来たのは、二つの心残りがあったからです。稚内の町は独特の風情、情緒があり、これが大好きなのですが、前回は後ろ髪を引かれつつ二泊だけで発ちました。この二度目の北海道行はあくまで網走や中標津での雪辱戦が主題であり、早く道東へ駒を進めたい一心だったのです。しかしこれも一応果たすことが出来、日程に余裕が出来ました。もう一つは、オホーツク海に沿って国道238号を一通り走っていないことです。

Image-1190819b.jpg

稚内の町にゆっくり滞在することとオホーツク国道を走ること。これらを果たすべく満を持してやって来たつもりでしたが、そうは問屋が卸しませんでした。今日は雨の心配はなさそうですが、現時点での予報では明日は朝から降り始め、昼間は一時間に8mmなどという豪雨の見込みです。これは今日のうちに屋根のある所に避難して連泊しなければなりません。テントを張りっ放しにして稚内の町の風情をのんびり楽しむ場面を思い描いていたのですが、脆くも崩壊しましたorz

嵐を避けるためにわざわざ留萌まで行って三泊したというのに、早くも次の嵐とは。二年前の北海道、八月は一日を通して晴れていた日が一日もありませんでした。今回も似たようなもので、日記に「晴れ」と書いたのは前回いつかというと、7月21日です。もうすぐひと月が経とうとしています。くどいようですが、何度も言わずにはいられません。北海道の天気が余りにも悪過ぎますorz

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周 ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
DSC04000_20190820085633716.jpg
DSC04001.jpg
無念ですがテントを撤収して出発しました。今日から明日にかけてどうするか方針も決まっていませんが、腹が減っては妙案も浮かびません。まずは今回も日本最北端の牛丼屋で朝食をいただきます。
二日続けてすき家とは虚しいですが、ここで思い出したのはかつて稚内にも半田屋があったという事実です。出来たと思ったらすぐに閉店してしまい、今となっては幻の店舗ですが、一度だけ利用したことがあります。おかずの棚に𩸽があったのが何とも印象的で、迷わず手に取りました。柔らかく脂が乗って美味だったことを覚えています。あの半田屋が今でもあったなら、と考えてしまいます。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
DSC04002_20190820085636587.jpg
DSC04003_2019082008563738d.jpg
稚内の町の風情を味わうためにわざわざ来た以上、すぐには去れません。すき家で朝食を食べた後、未練がましく市街の北へ引き返してきました。稚内の象徴的な場所の一つが氷雪の門ですが、門の傍らが港と北防波堤ドーム、市街地を一望するのに最適の地点でもあります。それにしても今日も風が冷たくて寒いです。バイクを降りてもダウンジャケットが脱げません。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
DSC04004_20190820085638e33.jpg
続いてノシャップ岬にやって来ました。西の空がやや明るくなってきましたが、残念ながら利尻富士は下の方が僅かに見えるだけです。礼文島の稜線は比較的よく見えます。風は南の方から吹いてきます。南風がこうも冷たいとは、稚内の夏はとうに終わってもはや晩秋の気配です。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
明るくなっていく西の空に期待してその後宗谷丘陵を走るも、再び曇った上に霧まで出てきて、寒い思いをするだけの徒労に終わりましたorz

DSC04006_20190820085640ff6.jpg
しかし稚内まで戻って来たところで再び良い天気に。やって来たのは市街地を東西に分ける山の中腹にある表題の展望駐車場です。利尻富士の殆どが見える絶景です。山頂に僅かに雲が引っ掛かっているのと、ちょうど中腹に細く真っ直ぐな雲が、まるで山体を刀で真っ二つに切ったように掛かっています。珍しい眺めです。

DSC04007.jpg
礼文島もよく見えますが、果たして写真にどれだけ写るでしょうか。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
DSC04008_201908200908319a4.jpg

DSC04009_20190820090831448.jpg
雲が一気に晴れて快晴になりました。利尻富士も依然としてよく見えています。絶景に誘われるままに道道106号を南へ走ります。気温も上がって暑くも寒くもない適温、風も穏やかで最高の気分です。

Image-1190820a.jpg

一方で、明日の天気予報の表記が雨から大雨に変わりました。60mm以上の雨が降るとなっています。俄かには信じられないですが、今からそれを考えても仕方ありません。ひとまずは目の前の絶景を楽しみます。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
DSC04011_201908200908316bf.jpg
DSC04012_20190820090832382.jpg
DSC04013_20190820090834b6c.jpg
そしてこの景色の中で昼食をいただきます。稚内市街のセコマで予め買っておいたパンです。出光で貰った無料券をまたも発動して、俺達のグランディアも一緒です。
海越しに秀峰利尻富士を間近に望み、穏やかな風と波の音以外は何も聞こえません。こんな場所で食べられるだけでも幸せですが、何故だか豪勢な食事よりもセイコーマートのパンにかじりつく方が似合います。いかにも北海道を旅している実感を得る、今夏で一番の場面と言っても大袈裟ではありません。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
DSC04014_201908200908353e0.jpg
満ち足りた昼食で補給出来たところで、引き続き絶景の道道106号を走ります。それにしても気持ちのよい道です。気分爽快、最高。気の利いた言葉が浮かんでこず、ただそう叫びたい気分です。

歳をとったせいか、相性の良し悪しというものを考えることが多くなりました。どんなに努力しようが妥協しようが合わないものは合わないし、まるで運命に約束されたように何もせずとも噛み合ってしまうものもあるのです。人も、旅も。
何度走っても一度も晴れたことのない国道220号日南フェニックスロードを例に挙げて、自分の旅と相性の悪い所が全国にはあると度々述べてきました。それと対照的なのがこの場所です。前回一日晴れていたのは7月の21日だと言いましたが、それこそが前回ここ道道106号を走った日です。この不思議な相性の良さにひとまず今感謝します。悪天続きを繰り返し嘆き、そして一番の辛い山がまだ明日に控えています。しかし今日この絶景を味わえただけでも、わざわざ稚内を再訪してよかったと思えます。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
DSC04016_20190820091151961.jpg
DSC04018_20190820091153b51.jpg
サロベツ原生花園の木道を歩きます。花の盛りは過ぎていて湿原それ自体の眺めはいまひとつですが、広大な平地の向こうに見える利尻富士の山頂に掛かる雲が晴れてきて、荒々しくも美しいその姿がよく見えます。素晴らしい景色です。繰り返しますが、今日この絶景を味わえただけでも稚内までやって来た甲斐があるというものです。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
DSC04019_2019082009115409d.jpg
サロベツ原生花園に保存されている浚渫船が魅惑的な姿をしています。格好いいといえば格好いいのですが、何か引っ掛かるものがあります。普段私が惹かれる鉄道車両やバイク、車、或いは建築物の格好よさとは微妙に違うのです。美しさが足りないとでも言いましょうか。それでも妙に惹かれるのは一体何故なのか。考えてみたところ「未来少年コナン」に出てきそうというのが理由のようです(笑)

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。