即時更新でお届けする、日本一周の旅実況中継

 | ホーム | 

IMG_7729.png

おはようございます。高知市内の安宿で朝を迎えました。結局台風の進路はさらに東に寄ったようで、雨の心配はなくなりました。暴風警報と高波警報が出ていますが、この風が生温かいのが何より印象的です。風向きは北風だったというのに、昨晩は夜が更けても半袖一枚でも汗ばむ程でした。夜中を通して気温が26度もあり、いくら南国とはいえ十月の半ばに熱帯夜になるとは。湿度も高く、ドミトリー室に冷房を入れなければ眠れませんでした。
こうも暑いとバイクで移動するのも難儀です。台風が去ったら秋らしくなってくれるとよいのですが。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周 ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
DSC05112_20191012134315f30.jpg
DSC05111_201910121343132a6.jpg
高知での朝食はここしかありません。居酒屋と並んで必ず再訪したいと思っていた店がここ、一汁三菜食堂です。高知は夜があれだけ充実しているのに朝食事情は貧相、これまではそう思ってきました。実際のところ高知に泊まって朝をすき家で済ませたことが過去に二回あります。そこへこの店を発見したことは、革命だったと言っても大袈裟ではありません。

DSC05110.jpg
選ぶのに困る程におかずの種類が多く、価格は良心的で、美味い。魅力は明快です。今日はひじき煮、玉子焼き、焼き鯖の三点盛りに肉じゃがを加え、ご飯大に豚汁小で計548円。安い小鉢で用意されているのであれこれ選べるのが何より嬉しく、もし明日また来たら一つも被らない内容でいけるでしょう。冷たい麦茶、熱い番茶は無料、朝十時までは珈琲も無料です。朝によし昼によし、まさに模範的です。

唯一の難点は開店が朝八時と遅いことです。せめてあと一時間早く開けてくれるとよいのですが。しかし店舗を順調に増やしているようで、郊外の店舗はどこも七時開店で駐車場もあるようです。カブで移動する日の朝はそちらを利用することになりそうです。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
DSC05114_20191012134316ffe.jpg
DSC05115.jpg
雨こそ避けられたものの、未曾有の超大型台風の影響を高知も受けています。朝から強い風が吹き荒れ、時折突風のようにひときわ強くなります。雨が降らなかったことが肩透かしだったと言いましたが、前言撤回です。これではテントを撤収するのも荷物満載で走るのもとても無理だったでしょう。結果として高知泊としたのは正解でした。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
DSC05104_20191012134308dec.jpg
DSC05105_201910121343093b6.jpg
DSC05108_201910121343103b3.jpg
前回に続いてゲストハウス土佐の世話になりました。高知の市街地のど真ん中にあって飲み歩きに最適、それでいて一本裏道に入った所にあるので、静かで落ち着けます。館内各所はごく清潔で快適。風呂は家庭用のユニットバスで一人ずつしか入れませんが、収容人数が少ないので混雑はありません。そして湯を張ってくれて入れます。貴重品ロッカー完備。一泊三千円は二段ベッド相部屋の宿としては上限とも言える額ですが、ここならば十分に納得です。

そしてこれらの条件などより大切なのが、細かいところまで気を配ってくれる女将の親切です。本当に居心地の良い宿です。今日も連泊したかったのですが、予約をしようとした時は生憎満室でした。台風の影響でキャンセルが出たのですが、結果に過ぎません。残念ながら今日は別の宿に移らなければなりませんが、また高知に来る機会があるなら泊まるのはここしか考えられません。
女将の土佐弁がまた良いです。最も特徴的なのは、順接の接続辞が「き」になることです。埼玉なら「~してるから」、福岡なら「~しとうけん」となるところが「~しちゅうき」となるわけです。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。