即時更新でお届けする、日本一周の旅実況中継

 | ホーム | 

DSC05376_201910230718419e6.jpg
夕餉にありつけるのは早くても九時過ぎだと言いましたが、見立てが大いに甘かったです。コンサートを終えて佐賀駅まで戻るも列車の時刻が噛み合わず、三十分も待つ羽目になりました。そして鳥栖で乗り継いだ博多方面の列車も普通でした。朝の往路は駅に入るとすぐに快速がやって来るという最高の流れだったのですが、これと対照的です。往路に比べて大幅に時間がかかり、博多駅に着いたのが十時過ぎ。宿に戻ってシャワーを浴び、飲み始めるのが十時半過ぎにもなってしまうという顛末です。
「やす」はとうに閉店した後、「ほていや」も既にラストオーダーが終わって閉店間際です。中州や大名と違って博多の夜は早いです。そしてこの時間から始める以上は一軒限定です。深夜までやっている笑伝を覗き込むとカウンターが十分に空いていて、即決で暖簾をくぐりました。

これまでは二軒目でしか入ったことがなかったのですが、初めて先発で入ってこの店の奥深い実力を思い知ることになりました。まずは毎度お馴染みクリーム状にして食べる当店独特の豆腐ですが、久々に食べてみると芸術品の如き美味です。塩、タレ、どちらも絶品です。そして初めて魚介を注文してみました。鰆のたたきです。こちらもネタ、仕事ともに最上です。本当に美味い。
そして真打ちの焼き鳥ですが、記憶を大いに上回る味でした。こうも美味かったかと驚きました。中でも豚バラは他の店とは一線を画するものです。きめ細かい肉質、汁気があって柔らかい至高の食感、焼き加減も味付けも完璧です。所謂福岡の焼き鳥屋の豚バラとは別物の高級品と言っていいでしょう。これだけの美味でありながら串は百円台から最も高いものでも二百円。六本セットで千円という超が付く良心的価格です。生ビールにハイボール二杯、日本酒二合を飲んで五千円台の半ばとは恐れ入りました。
人に教えたくない店とはこのことです。若い店員が軽い調子で接してくるあしらいに初めは戸惑いましたが、ここまでの仕事に対してただ敬意を表するのみです。機会あれば今後も頻繁に足を運びたいと思います。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周 ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
DSC05355_201910230809598ec.jpg
福岡で世話になったのは今回もこちらの宿でした。福岡市内には安宿が多いのですが、バイクを停める場所が全くないところが殆どです。ここは敷地内に停められるので有り難い存在です。
それだけでなく、とにかく立地が良いです。櫛田神社の近くというのは便利なだけでなく、静かで上品なところが最高です。加えて、館内各所はきわめて清潔で快適な上に趣味が良い。ここに一泊三千円を切る料金で泊まれるのだから、文句のつけようがありません。別途駐輪代五百円というのは一般的に見れば高いですが、この立地でこの内容でバイクを敷地内に停められるのですから、ここに限って言えば安いと言い切れます。福岡での宿泊に大いに薦めたい安宿です。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周 ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
DSC05379_20191024105442411.jpg
本日の朝食は、これまでにも何度か利用したことのある中洲の松屋でいただきます。この日本一周の朝食は数え切れないくらい牛丼屋の世話になってきました。その中で圧倒的に回数が多かったのがすき家です。味や接客では大きく劣るすき家ですが、ここぞという所に現れる店舗展開の見事さは感心すべきものでした。
大きく差を開けて次点が吉野家です。これに対して松屋の出番は殆どありませんでした。郊外の道路沿いへの出店がごく僅かしかないのだから必然の結果でした。大手三社でそれぞれ出店構成がこうも違うというのは、この旅で知ったことです。ところが最後の最後でその松屋が登場するのだから旅というのは面白いものです。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
DSC05380.jpg
数日後から住む福岡市内の新居の駐輪場に、一足早くカブを置きました。これにてこの旅におけるカブの走行は終了です。出発してからここまで951日、56,198km。これだけの距離を一度の故障も不具合もなく、さらにパンクもなく走り通してくれたこと、これには感心を通し越して驚きを禁じ得ません。誠に僭越ではありますが、スーパーカブがいかに優れた乗り物であるかをこの旅をもって証明することにもなったと、ここまでやれば言ってもいいでしょう。そして何より感謝の気持ちで一杯です。本当にお疲れ様でした、そしてありがとう。
しかし、旅はまだ終わりません。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周 ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
この旅を総括するなら、とにかく天候に恵まれなかったと言えるでしょう。バイク旅というのは雨で足留めされたことばかりが印象に残るもので、これはバイク乗りの常套句とも言えます。しかし十月の四国で二週間も雨が降り続くなど普通はあり得ないことで、そのせいで一年も旅が延びたのだから、やはり希代未聞の悪天候でした。夏の北海道も二回も足を運んだというのに、雨と雨の狭間に移動するだけに終わったようなものです。

ヤフー天気を表示191023a

しかし土壇場に来て少しばかりの借りは返せました。快晴の下で四国カルストやUFOラインを訪ね、松山では必ず移動しなければならない日の前日に雨が止みました。そして最後にもう一つ勝ちを拾いました。カブの最後の移動も、必ず今日しなくてはならない事でした。然るに今日はこの後夕方から降り始めて、明日は大雨との予報です。一日ずれていたら最後の最後にずぶ濡れになるところでした。ぎりぎりのところでこれをかわしたのです。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
DSC05381_20191024105443cb0.jpg
DSC05382_201910241054446cf.jpg
DSC05383_20191024105446a4d.jpg
博多駅にやって来ました。これより東京行の新幹線に最後まで乗り通し、今日は埼玉県和光市の実家まで行きます。引っ越しと新生活の準備をして、四日後に福岡に戻って来る予定です。

前述の通り、この旅におけるカブの走行は全て終わりました。一般的にはそこで日本一周完結とすべきでしょう。いや、今日はゲストハウスから新居までの僅か5kmしか走っていません。一昨日福岡に着いた時点で日本一周完結としてよかったとも言えます。しかし私は、そのどちらにも違和感を覚えました。一度実家へ足を運んで引っ越しの準備を終え、再び福岡に戻って来て日常生活を始めるところまでが旅に思えてならないのです。
蛇足と言われればそれまでです。私自身も蛇足の要素を全く感じていないわけではありません。しかしこの思いはどうしても拭えませんでした。そこまで考えた上で、この最終章のカテゴリ名を「福岡への帰路」としたのです。一人旅こそは究極の自己満足です。だから何処を旅路の果てと定めるかも、自己満足でよいと思うのです。よろしければあと四日間お付き合い下さい。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
DSC05385_20191024105447338.jpg
博多1136発ののぞみ26号に乗り、一路東へ向かっています。博多発の新幹線にはこれまで何度も乗りましたが、いつも早々に入線して扉を開けて待機していて、東京駅とはまるで違う長閑な雰囲気でした。ところがこののぞみ26号はぎりぎりまで車内清掃をしていて、扉が開いたのは発車の僅か五分前。ホームには長い人の列が出来ていました。つまり東京駅と全く同じ光景です。これは初めて見ました。時間帯からして、東京から来た列車の折り返しだったのかも知れません。
もう一つ驚いたのは、東京着が1633だということです。これまで東京~博多間で五時間を切るのは、上りの最終列車で停車駅が一つ少ないのぞみ64号だけだと思っていました。気付かぬうちに大幅に速度が向上していたようです。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
DSC05378_20191024105114525.jpg
記憶力の良い読者諸兄ならば、松本で旅行会社の支店を訪ねたことを覚えていらっしゃるかも知れません。あの時野暮用とだけ書きましたが、あそこで今日の新幹線の切符と、帰りの分も買っておいたのです。往復で四万数千円ですから、増税分で800円以上も違ってきます。これで駅弁が一つ買えます。自分で言うのもおかしいですが用意周到でした。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
DSC05387.jpg
東京駅に着きました。カブで福岡から東京まで移動しようとしたら、普通に考えて一週間、毎日走り詰めの強行軍でも五日はかかります。同じように地面を蹴って走っているのにその距離をたったの五時間で移動してしまうとは、余りにも速過ぎて感覚がおかしくなります。
それはさておき、こんな流浪人の私にも待ち構えてくれる人がいるのは有り難いことです。学生時代の仲間内の後輩です。後輩とはいっても四半世紀の付き合いであり、上下の壁などなく友達のようなものです。先の佐呂間合宿で幹事をやってくれた人物でもあります。彼の勤務地が先週から銀座に変わったとは出来過ぎた話ですが、ともかくこれから一緒に飲みます。一年振りの東京の居酒屋も楽しみです。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。