即時更新でお届けする、日本一周の旅実況中継

 | ホーム | 

DSC01375.jpg
DSC01380.jpg
DSC01382.jpg
手宮線跡をゆっくり歩いたことで、小樽の町中に多く残る、観光地化されていない名もなき古く味わいある名建築の数々を見られるという副産物がありました。そしてそこから感じたのは小樽と函館の違いです。

DSC01404.jpg
DSC01407.jpg
各地域、各都市の文化的な差異に乏しく、町並み、家並みなどが何処へ行っても画一的なのが北海道の景色の大きな特徴です。そんな中無二の個性と風情を持つのが函館と小樽の町ですが、この二都市の風景は明確に違います。小樽には函館にあるような軽快な洋館はありません。一つ一つの建物それ自体は、石狩から空知にかけて何処でも見られるようないかにも北海道らしいものです。

これは恐らく気候の違いに因るものと思われます。北海道にしては比較的温暖で雪も少ない函館に対し、小樽は積雪量が多く、冬は厳しい北海道らしい気候です。むろん気候だけではなく町造りの歴史など、他にも様々な要因があるのでしょう。まだまだ勉強すべき事は沢山あるようです。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周 ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する