即時更新でお届けする、日本一周の旅実況中継

 | ホーム | 

二軒目へ移行します。「八坂」は死角のないたいへんな良店でしたが、宿毛というなかなか訪れるのも難しい遠隔地で飲む初めての機会です、一軒で終わるわけにはいきません。

DSC08138_20180809121111234.jpg
前情報が何も無い宿毛です。二軒目も自分の勘だけがただ頼りですが、店構えの雰囲気、佇まいだけを拠り所にしました。その結果訪ねたのが「おとと」です。内外ともに真新しく、味わいのようなものは乏しいですが明るく清潔で合理的です。そんな外面から想像される通りの、若い主人が奮闘する気鋭の店の典型でした。ただしここには「良くも悪くも」という言葉を加えねばなりません。
金曜の八時半です。当然のように二組の宴会が入っていたのですが、主人一人が全てを抱え込んでしまっているので料理がまるで追いついていません。なるほど、こういう店よくあるのです。各地で何度も見てきました。ところが、給仕を担当する二人の若い女性のうちの一人がたいへん機転の利く人物で、彼女のお陰で良い時間を過ごすことが出来ました。
私が店に入るなり、注文が立て込んでいるので料理を出すのに時間がかかると言うではありませんか。こういうのをきちんと告げてくれるのは本当に良心的で、助かります。こう言われて一軒目だったらすぐに退散するところですが、八坂であらかた飲み食いした後の二軒目です。それで構わないと伝えると、彼女は主人の宴会の料理作りの進捗状況を逐一確認しては、今なら何が早く出来ると教えてくれるのです。

主人は一人で抱え込まないで、こういう出来る人に色々と教えて料理の助手を務めてもらうべき。そんなお節介はともかくとして、清潔な店内に美味い料理、良心的な価格。宿毛で二軒続けて当たりの店を見付けました。この旅の居酒屋探訪が最高の滑り出しになったことに感謝します。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周 ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する