即時更新でお届けする、日本一周の旅実況中継

 | ホーム | 

この記事の内容はかなり鉄道趣味に特化したものです。所謂「鉄分の高い」記事というやつです(笑)
旅の三日目にも述べましたように、この旅では時折このように自身の鉄道趣味人としての活動を織り交ぜていきます。そのようなわけで昨日探索した御荘湾ロープウェイの跡を詳しく紹介します。

DSC08265_20180811113627d43.jpg
まずは愛南町は御荘の市街地にある南予レクリエーション都市公園を訪ねます。ここにかつての麓側の駅があったのです。この公園の地図の右上に、海に向かって白い線が伸びているのが分かるかと思います。これこそがかつての索道の存在を示すものです。
ちなみにこの地図は南北が上下逆転しているので、かつての駅は公園の敷地の南西の端ということになります。

DSC08266_20180811113628fd0.jpg
そこにはかつての駅舎が残っています。今は倉庫のように使われている様子でした。

DSC08267.jpg
写真では分かり辛いかも知れませんが、かつての切り抜き文字「ロープウェイ」の部分を何とか読み取ることが出来ました。

DSC08268_20180811113633ff5.jpg
そして建物の海側には索道の支柱がそのまま残されていました。

DSC08269.jpg
間近まで近寄ることが出来ます。いや支柱に触ることが出来ます。

DSC08270_201808111136339b6.jpg
かつての索道が伸びてゆく先には、御荘湾を挟んだ対岸の山上に建つ宇和海展望タワーが見えます。タワーのすぐ脇に旧山上駅があるのです。

DSC08272.jpg
海上部分の支柱は撤去されていますが、このように土台は残されています。実に怪しい遺構です。

DSC08271_20180811113633599.jpg
旧駅舎と一本目の支柱を海側から見るとこのような感じです。
(つづく)

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周 ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する