即時更新でお届けする、日本一周の旅実況中継

 | ホーム | 

前回の日本一周の足はスーパーカブ90でした。今回と同じ、原付二種です。ではこの前回の日本一周において、「原付二種の旅としての」圧巻はどこだったか。それは今回と同じく、しまなみ海道と沖縄だったのではないか。誰もがそう思われるでしょう。ところが、偶然の帰結、怪我の功名によって、まさに原付一種でも中型バイクでも、もちろん車でもなく、原付二種だったからこその奇跡が起こったのです。それが関門トンネルの工事でした。

関門トンネルが工事で通行止めになっていたのです。そして関門海峡を越える際の通行の区分が実に面白いのです。原付一種は、関門トンネルを通れません。勿論高速道路である関門橋を渡れる筈もなく、選択肢は人道トンネルを押して渡ることだけです。ところがどういうわけか、原付二種は関門トンネル通行可、その代わり人道トンネルは通れないのです(無視して押していく人もいるようですが…)。そして中型以上のバイクや車は関門トンネルおよび高速道の関門橋のどちらかを選んで通れます。
つまり、原付二種のバイクに限って選択肢は関門トンネルだけということになります。では工事による通行止めの期間はどうなっていたのか。原付一種は、普段と同じように人道トンネルを押して通行。中型バイクや車は、高速道の関門橋を通行。そして唯一の選択肢を奪われた原付二種バイクだけが、トラックの荷台に積んでもらってバイクを輸送、自分は関門橋を通るシャトルバスに乗って悠々と移動という、驚くべき措置がとられていたのです。

DSC04010.jpg
一切の料金はかからず、バスの高い座席から関門橋の絶景を見下ろし、バイクをトラックの荷台に積み込む珍しい光景も見られる。まさしく怪我の功名の一石三鳥でした。しかしたいへん残念ながら関門トンネルの工事は終わってしまいました(笑)
今日はトンネルの通行料金を支払い、排ガスにまみれながら海の下をくぐって九州に渡ります。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周 ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する