即時更新でお届けする、日本一周の旅実況中継

 | ホーム | 

DSC04449.jpg
おはようございます。屋久島で迎えた朝です。曇り空の朝だというのに風が暖かいのが印象的です。さて、今回屋久島でのねぐらに選んだのは屋久島サウスビレッジです。

前回来た時はライダーハウスとまり木に泊まりました。北海道以外では珍しいライダーハウスが屋久島にもある、一泊2,000円で泊まれるということで、特に何も考えずに即決したのです。
しかしあれから八年、ゲストハウスという名の安宿が全国に急増しました。今回は屋久島に渡る前に色々と調べてみたのですが、するととまり木よりも安い宿があることが分かりました。それがゲストハウスかりんです。寝袋持参ならば一泊1,300円という安さで、しかも近くの楠川温泉の入浴料が含まれているとあります。ここに泊まることでほぼ固まりかけていたのですが、直前になってさらに耳寄りな情報を得たのです。それがこのサウスビレッジのライダー限定キャンペーンでした。

DSC04451.jpg
DSC04412.jpg
自分のバイクで屋久島を訪ねた宿泊者に限り、期間限定で一泊3,000円の宿泊料が何と半額の1,500円になるというのです。それでもゲストハウスかりんよりも200円高いわけですが、元が3,000円の宿ならば快適さは推して知るべしといったところでしょう。何より、期間も条件も限られたこのキャンペーンが自身の旅程と噛み合うとは何かの縁です。これに乗らない手はありません。

DSC04445.jpg
DSC04447.jpg
DSC04448.jpg
果たして想像を遥かに超える快適な、快適過ぎる程の宿でした。とにかく広く、とにかくきれいで清潔なのです。場所は円形をした屋久島のちょうど六時の方向、南端辺りです。屋久島空港やスーパーが近いとまり木や宮之浦が近いかりんに比べれば辺鄙な場所ですが、バイクならば五分程走れば尾之間の集落なので問題はありません。

DSC04444.jpg
尾之間のAコープも嬉しい誤算でした。寂れた商店のようなものを勝手に想像していたのですが、品揃えも充実して明るくきれいな現代的なスーパーでした。

DSC04446.jpg
特筆すべきは風呂です。シャワーの他に檜風呂、五右衛門風呂の二つの風呂が用意されていて、これに一人ずつ、その都度湯を張って入ることが出来るのです。何という贅沢でしょうか。この辺りは屋久島の中でも温泉に恵まれている所で、宿の人にもしきりに薦められたのですが、全く必要を感じません。

DSC04450.jpg
バイクは屋根の下に置けます。雨の多い屋久島ではこれは非常にありがたいです。この宿ならば正規の3,000円でも格安だと思うのですが、1,500円で泊まれてしまうとは、こんな事があっていいのでしょうか。素晴らしい宿に出会いました。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周 ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する