即時更新でお届けする、日本一周の旅実況中継

 | ホーム | 

今日は旅の節目となる記念すべき日なのですが、実は昨日の晩からやる事なす事上手くいきません。顛末を綴ってみたいと思います。

まずは二つ前の記事の写真です。アミュプラザの上に乗る観覧車を背景に路面電車が走る鹿児島の夜景。これを撮りたくて、乗るべき側と反対側のホームに立って電車がやって来るのを待ち構えました。ところが何ということか、ちょうど電車がやってきたその時に、反対方向、即ち自分が立っているホームの側の電車もやって来て景色を隠してしまったのです。鉄道趣味人の用語で「かぶる」と言うこの現象、山手線ですら起こる確率はかなり低いものです。それが運行密度の低い鹿児島市電で起こるとは、信じ難い程の運の悪さです。
仕方なく一本やり過ごし、次の電車を十分程も待って漸く撮ったのがこの写真です。しかも新型の低床車が来てしまいました。さらに、この写真を撮った直後に反対側のホームに移り、この電車に乗ろうとしたのですが、すんでのところで間に合いませんでした。さらに次の電車をまた十分待つ羽目になったのです。この騒動で三十分もの時間を空費し、天文館へ行くのが遅くなってしまいました。

気を取り直して訪ねた一軒目の居酒屋は、まあ悪くはないという程度でした。特筆すべき美点は何もなく、不満を抱くでもなく、良くも悪くも印象が希薄です。それが居酒屋探訪記を書かなかった理由です。そこそこで切り上げて、二軒目に「味の四季」に向かいました。鹿児島の最後の夜を満足して終わりたかったからです。ところが、謳われている閉店時刻まで一時間半、ラストオーダーまで一時間もあったというのに既に暖簾が下がっています。一応中を覗き込んでみると、今日はもう終いですと頭を下げて謝られてしまいました。見れば舟にはまだおでんタネが色々と入っています。売り切れ御免というわけではなく、客足を見て早仕舞いすることがある店なのでしょう。
仕方なしにもう一軒、おでんが良いと評判の「いつものところ」という店へ向かいました。ところが今度は満席で断られてしまったのです。しかしよく見れば、カウンターには虫食いのように二つの空席が見えました。こちらはこちらで、客を詰めて席を埋めることを敢えてしない方針の店なのでしょう。他にもそういう店があることも知っています。しかし二人連れ以上ならまだしも、独酌だというのに空席を目の前に断られるのは釈然としないものがあります。
そしてこの店に入れなかったことで打つ手なしになってしまいました。仕方がないのでおでんを食べたい気持ちを諦めて、通り掛かりで目に留まった焼き鳥屋に飛び込みました。しかしここまで流れが悪い中、当たりが引ける程世の中上手くはできていません。その通りに、益体もない店でしたorz

こうなるともう何をやっても駄目です。しかし終わり良ければ全て良しとも言います。最後を「小金太」のラーメンで締め括ろうと思いました。これならば絶対に間違いがありません。天文館公園の向こうに明かりが見え、いつも通りに営業している様子でした。ところがここで気の迷いが起こりました。これといった新規開拓、収穫がないまま最後の天文館を終わりたくないという欲が湧き起こったのです。葛藤しながらも、これまでに入ったことのないラーメン屋に飛び込みました。しかしここまでの顛末、流れの悪さからして結果は推して知るべしorz
心地好いとは言えない一夜が明けました。しかし負の連鎖はまだ終わっていなかったのです。
(つづく)

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周 ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する