即時更新でお届けする、日本一周の旅実況中継

 | ホーム | 

DSC04737.jpg
加計呂麻島で泊まった一日を除いて、奄美大島で延べ十四日間も世話になったのは、名瀬にある福という宿でした。

DSC04805.jpg
DSC04806.jpg
名瀬の市街地にあって一泊1,800円と聞けば、誰もが相部屋のドミトリーと思うでしょう。私も勿論そうでした。実際に訪ねてみて個室と知った時には本当に驚きました。これでとんでもないボロ家だというなら話も変わってきますが、そうではありません。ぴかぴかに綺麗というわけではないし清掃が行き届いているわけでもないのですが、特に不満や問題はなく過ごせました。何といっても個室でこの価格というのは絶大な価値です。

名瀬の市街地なので周辺には何でもあります。特に前述の地場のコンビニ島人マートは隣りの敷地、目の前です。他にもスーパーや飲食店、図書館など全て徒歩範囲でたいへん便利です。館内は少々手狭ですが、冷蔵庫、電子レンジ、トースターはあります。ただし台所はないので本格的な自炊は出来ません。洗濯機は一回200円、洗剤は無料、干す場所がないので部屋で干すか、すぐ目の前がコインランドリーなのでここで乾燥機が使えます。

DSC04810.jpg
難点は二つ。まずWiFiがないことです。しかし、前述の通り町中には鍵付きで速度も十分のWiFiが飛んでいて誰でも無料で使える公共の施設もありますし、それから島人マートはイートインコーナーが広大で多くの卓と椅子が置かれ、ここも無料のWiFiが飛んでいます。
それより問題なのはバイクを停める場所がないことです。厳密には駐車場もあるのですが、一泊300円かかってしまいます。そして道沿いだし屋根があるわけでもありません。結局は目の前の路地に置くことになりました。小型バイクの特権と言えなくもないですし取り締まりの心配も全くないのですが、路上駐車であることに変わりはありません。これに抵抗がある人は駐車代を払って条件が何も変わらない駐車場に置くことです。

DSC04807.jpg
余談ですが、冷房は別料金がかかります。今の季節は関係がない事ですが、奄美の一番良い季節、即ち真夏に泊まるのならばこの事を併せて考えねばならないでしょう。

宿を営まれているのは物静かな老夫婦です。ご主人も奥様も穏やかでとても親切、客室は一階、お二人の暮らしの場は二階なのですが、こちらから呼ばない限りはやたらと降りて来たりはしません。昼間部屋に居る時なども気兼ねなく過ごせるのですが、そうかと思うと既報の通りに食事を御馳走してくれたり、風が強いからこれでバイクカバーを留めなさいとわざわざゴムバンドを部屋に持ってきてくれたりしました。今回はたいへんお世話になりました。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周 ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する