即時更新でお届けする、日本一周の旅実況中継

 | ホーム | 

自分の寝床周りを整える作業が完了したところで、もう少し仕事の及ぶ範囲を広げていきます。即ち、自分にとって快適な寝床のみならず、自分にとって快適な宿にしていくということです。

ゲストハウスけらまの屋上が大のお気に入りです。広く、木のデッキになっているのが実に気持ちよく、同様に気持ちのよい木のテーブルやベンチが幾つか置かれています。洗濯物や布団を干すところが十分にあり、また一部に屋根があるのも実に良いです。この屋根のお陰で雨の日でも洗濯物を干せるし、晴れの日の日差しの下でも読書することが出来ます。二階というのもいい。高い階の屋上というのは必要以上に風が強いし、景色を見渡す爽快感の代償として二階のようなのんびりした穏やかな気配が失われてしまいます。

DSC05102.jpg
このようにまさに最高の屋上なのですが、一つ困った事がありました。色々な物が放置されていて散らかっていたのです。ちょっとしたゴミや空き缶、破損してただの針金に成り下がったハンガーの残骸などです。私は整理整頓が行き届いていないと気が済まず、どうしても必要な物以外が視界に入るのが嫌いな性分なので、この状態は許せません。こうなればやる事は一つ、自分で掃除するのです。

これが一泊六千円のホテルだったなら、こんな事はしません。あの汚い屋上はなんだ、すぐに掃除してくれと伝えればいいことです。しかし格安のゲストハウスでそこまで求めるものではありません。むろん一泊千円とはいえ顧客には変わりないのですから、自分で掃除しなければならない義理はありません。しかしここでの要点は、仕方なく嫌々やっているのではなく、掃除するのが楽しくてやっているという事実です(笑)

DSC05103.jpg
大体こんなもの、一つ一つ丁寧に拾っていけば数分で終わる仕事です。ゴミを全て拾い、使われないまま放置されたバーベキュー台は屋上の一番端に片付け、テーブルと椅子は整然と並べます。使われている様子もないけれど勝手に捨てるのが憚られる物は、隅の方にまとめました。これでこれまで以上に気持ちよく屋上を使えそうです。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周 ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する