即時更新でお届けする、日本一周の旅実況中継

 | ホーム | 

かような戦略を前提に昨日は一週間ぶりの居酒屋探訪に打って出たわけですが、芳しい戦果は得られませんでしたorz

DSC05114.jpg
一軒目は行きつけとなる店を探すべく、先日通り掛かって以来気になっていた店の暖簾をくぐりました。屋号はするが。ここが気になった理由は簡単で、居酒屋らしく端正な外見が好ましかったからです。店内もその通りで、整然としていて清掃が行き届いていて、またカウンターは席と席の間隔がゆったり取られていて居心地はすこぶる良いです。健全な居酒屋価格で仕事も丁寧、料理によっては少量安価で提供してくれて、申し分なしです。たとえばラフテーなどは、小ぶりなものが二切れで一皿350円といった具合です。

欠点は何も無いのですが、飛び抜けて優れているわけでもない。力強さが足りない。これが正直な感想でした。一言で言えば「悪くはない」店の典型です。

DSC05116.jpg
先発、行きつけ向きの店を探すのは言うまでもなく一日一回だけです。次に二軒目、三軒目向きの候補を増やすべく、とにかく安いことを掲げたこちらの店、ぼんぢりやを訪ねました。まあ益体もない店でしたね。少なくとも一人で入る店ではありません。生ビール(スーパードライ)のジョッキが一杯190円というのは天晴な価格です。しかし膨大な品数がある肴の中から、悪い方の意味で何を注文していいものやら決められないのです。一目見て食べてみたいと思えるものが一つもありませんでした。
ここは多人数でとにかく勢いよく宴会がしたいという時に来ればよいでしょう。

DSC05117.jpg
早々に辞去して三軒目に金太郎本店なる店にやって来ました。那覇の居酒屋のもう一つの顔として、とにかく格安で飲ませる店が競い合っているというのがあります。そしてセンベロという言葉を掲げるのが流行っているようです。

DSC05118.jpg
この手の店は質については全く期待できないものですが、ここは悪くありません。串カツも牛スジ煮込みもなかなかいけました。何よりこの安さ、そしてラストオーダーは0時です。まさにあと少しだけ飲み足りないという時にうってつけでしょう。ちなみに千円セットで選べるのは発泡酒なので、私は百円足してビールを注文しました。それでも格安に過ぎるくらいです。
そして店内や品書きの構成など、全体の雰囲気が池袋にありそうな店なのです。沖縄料理の要素はまるでありませんが、勿論ここでそれは求めません。ここはまた来る可能性があります。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周 ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
コメント
この記事へのコメント
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2017/12/22(金) 11:15 | | #[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する