即時更新でお届けする、日本一周の旅実況中継

 | ホーム | 

前回の日本一周で沖縄を訪ねた八年前にも全く同じ事を書いたと記憶していますが、今回改めて強く実感したので敢えてまた書きます。それは、クリスマスに対する沖縄の無関心です。

私はクリスマスというやつが全然好きではありません。かといって嫌いというわけでもなく、強いて言うなら「まるで関心がない」という状態です。ですが、一つだけ大いに気に入らない点があります。それは、日本の町がクリスマス騒ぎを始めるのが余りに早過ぎることです。中には十一月の初めから飾り付けをしたり音楽を流すところまである始末。いくらクリスマスが金になるからといって、ここまでやるともはや季節の風物詩でも何でもなく、興醒めもいいところです。お前は丸二ヶ月もこんな事をやっているつもりなのか、と呆れます。

DSC05138.jpg
これに対して沖縄ではどうか。那覇市街の中心部を歩いたり、様々な店に入っても、クリスマスの飾り付けやら音楽は「無くはない」といった程度です。聴こえてくるのもいつも変わらぬ琉球民謡ばかり。これは実に心地好く、好感が持てます。騒ぐのは洋食を出すレストランかチキンの専門店くらいで十分、それも数日前からで十分です。あと特に好きな人は自分の家でやればいいのです。沖縄でのさりげないクリスマスの扱いを見ていると、儲けんかなの内地の騒ぎが実に貧しく感じられます。

DSC05148.jpg
今日は昼から晴れてきて、強烈な日差しと湿度の高さでかなり蒸し暑くなりました。昼を食べに行く際、Tシャツ一枚にサンダル履きという格好で10分だけ外を歩いたのですが汗を掻く始末です。やはりこの気候ではクリスマスも似合わないというものでしょう。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周 ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する