即時更新でお届けする、日本一周の旅実況中継

 | ホーム | 

図らずも店を探して彷徨うことになりました。久茂地二丁目を歩き、やはり佇まいに惹かれる店が散見するものの、決め手に欠ける店が建ち並んでいるとも言えます。そこで少々ばかばかしいながらも、宿のすぐ近くまで戻って来ました。一つ目当ての店があったからです。それがこの花咲でした。

ここまで那覇の居酒屋の先発は、一貫して行きつけに出来る店という目線で見てきました。なかむら家や久茂地二丁目の店も良いのですが、本当はすぐ近くにあるからこそ行きつけにするというのが自然体です。けらまの目と鼻の先に新しい居酒屋が開店しました。しかも地酒と地産料理の店を謳い、贅沢な建材は使っていないものの品が良く且つ店の広さの割には長いカウンターがあり、さらにはそのカウンターの様子が外からよく見えると、ここまで条件が揃えば大いに気になるところであります。

DSC05474.jpg
難点もあります。張りぼての岩壁のような外見はどうも好きになれません。そして店の目の前に電柱と電線があり、景観を損なっています。これについては店主も無念とするところでしょう。内容については予想通りでした。可もなく不可もなし、欠点は見当たらない一方で、感動して称賛するような部分もありませんでした。言ってしまえば何処にでもあるような居酒屋です。しかし、この店にはこれらの評価とは別の注目すべき点が一つあったのです。

開店を祝う言葉が書かれた色紙が壁に貼られ、また馴染みと思しき客と店主のやり取り、店主の物腰や目つき、年の頃からして、店主はこれまでにも別の居酒屋で働いていて、この度新たにこの店の構えたのだということを、店に入ってすぐさま理解しました。長年の居酒屋巡りでこの辺りの事情を一瞬で察せられるようになってきたのです。
このあたりことを訊いてみたところ果たしてその通りでした。つい先日まで他の店の厨房で働いていて、晴れて独立して自分の店を持ったのだそうです。開店直後の今は無休で頑張っているが、落ち着いてきたら来月あたりから定休日を設けるつもりだという話も聞きました。そして今日は偶然定休日とする予定の水曜日だったのです。その結果、いつもは給仕をしているアルバイトの若者の代わりに奥様が立っていました。その奥様からこれらの話を聞けたのですから、たまたま良い時に訊ねたものです。
そしてこれが大事なのですが、店主が自分と同年代だということです。こうなると細かい条件について評価するよりも、通って応援したいという気持ちが湧いてきました。けらまのすぐ近くというのも何かの縁です。近いうちにまた暖簾をくぐりましょう。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周 ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する