即時更新でお届けする、日本一周の旅実況中継

 | ホーム | 

2033.png

旅の節目の高揚感を打ち消す程の問題とは他でもありません、飛行機に乗らねばならないことです。私は重度の飛行機恐怖症で、これに乗るのはとにかく恐ろしくて仕方ないのです。飛行機に乗ることは私にとって人生で最大の辛苦であり、この事を考えると今から背中や手の平におかしな汗が滲んできます。
飛行機恐怖症に対して理屈をもって諭そうとする人がたまにいますが、何と無益なことをと思います。何故なら、恐怖を感じることに明確な根拠や理屈が存在していないからです。理由はよく分からないけれど生理的に恐ろしいと感じていることを論をもって諭すなど、これ程愚かなことはないでしょう。敢えて一つ挙げるとするなら、飛行機に限らず高い所は無理です。ビルでも平気でいられるのはせいぜい12、13階くらいまで。それを超えると頭の中が「早く地上に戻りたい」という思いだけで一杯になり、何も考えられなくなってしまうのです。そもそもそんな機会が来ないように未然に全力で回避しますが。

憂鬱に思うのは飛行機に乗ることへの恐怖が理由の殆どですが、それだけではありません。もう一つ許し難いことがあります。それは、現在先島諸島への交通手段が飛行機しかないという事実です。愛車と共に海を渡る旅情も感じられないし、何より問題なのは飛行機で一瞬で移動してしまうと目的地までの距離、遠さが体に刻まれないことです。これによって日本一周の旅に大きな欠落が生じてしまうのです。本当に残念でならず、フェリーで行けた時代の旅人が羨ましくて仕方ありません。
そもそもにおいて、船でしか行けない離島というなら分かりますが、飛行機でしか行けない地域が国内にあること自体がどこか不健全で病的です。それも面積や人口などの面である程度の規模を有しているにもかかわらずです。つくづく日本というのは貧しい国だと、そう思わずにはいられません。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周 ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する