即時更新でお届けする、日本一周の旅実況中継

 | ホーム | 

DSC07002.jpg
おはようございます。昨日は前回の日本一周で滞在したゲストハウス風家を再訪して泊まりました。那覇でけらまに泊まるかどうかで迷っていた時にも繰り返し述べたのですが、新味を出すため、そして今回は今回の旅を作るためにもなるべく同じ宿を避けたいという思いを持っています。しかし宮古島でこれだという宿がなかなか見付かりません。familiaは長期宿泊を歓迎していない雰囲気、みやこやは条件も良いし宿の人と話をしたところ長期連泊も歓迎の様子でしたが、一つ問題があると言いました。風家の詳しい紹介はまた改めるとして、今朝はまずその件について書きます。

みやこやの何が不満だったのかというと、それは宿の客層と雰囲気です。一言で言うと旅行者が全くいないのです。数人の男達が宿から仕事に通っている様子で、夕方一緒にどやどやと帰って来ては一斉にシャワーを浴びだします。そして彼等はそれぞれ個室に泊まっていて、シャワーを済ませて冷蔵庫からビールを取り出すとすぐに部屋に引っ込んでしまうのです。その様子はまるで飯場のようなのです。
あとはかなり奇抜な格好をした男女の二人組がこれも個室に泊まっています。外見で人柄まで決め付けるつもりはありませんが、女が丸刈り、男が頭皮に多数のピアスを入れている姿を見ると関わりたいとはとても思えません。そもそも彼等も個室から殆ど出て来ないのです。
旅人同士で晩酌しながら語らったり連泊するうちに仲良くなって一緒に海に行ったりと、そのような雰囲気は皆無であり、この先もまず起こりそうもありません。すぐに思い出したのが前回の日本一周で石垣島で最初に泊まったゲストハウスです。そこも同様に、条件は良いのだけれど仕事に通う男達ばかりが泊まっていて無味乾燥な雰囲気でした。すぐに宿を替えたところ、旅人が多く女性も沢山居て雰囲気が明るく、同じような価格帯でありながら宿によってこうも違うものかと驚いたものです。

風家はまさにこうした明るい雰囲気の旅人宿で、前回居た時は一緒に泳ぎに行ったり皆で浜で宴会をしたり、レンタカーを借りて夜中にドライブしたりと、日毎にそういったことが続いて飽きることがありませんでした。私自身他人との交流をそこまで積極的に求める方ではないものの、少なくとも南の島旅の間は泊まりたいのはそういう宿なのです。今日もう一日風家に連泊します。遅くとも今夜までに最終的な結論を出すつもりです。
さてここからは余談といいますか、安宿というのはつくづく面白いと思う事なのですが。幾つかの条件が要因か、それとも宿主がどういう宿を目指しているかという思いの賜物なのか、とにかくこのような客層の違いがその宿独特の雰囲気を作り上げていくということです。そしてひとたびそのような雰囲気が醸成されると、不思議とその宿に似合う客ばかりが集まるようになる循環が発生するのです。
たとえば立地や料金、設備といったことはその宿のHPを見れば大体は掴めます。ところが曰く言い難いこのような雰囲気を文字や写真による紹介から感じ取るのは至難の業です。ネット上に何かと「口コミ」が溢れる時代ですが、ゲストハウスに関する口コミなど大体は片手で数える程しか見られません。それにもかかわらずこのような循環が生まれるのは何故なのか。少なくともみやこやには見事なくらいに旅人の姿が見られなかったし、風家の雰囲気は以前と変わらず昨夜は明るいゆんたくを楽しませてもらいました。
安宿は泊まり合わせた顔ぶれによって生き物のように姿を変える一面を持っています。しかし宿の持つ雰囲気というのがそれよりも大きい、全体的な流れを作っているのは間違いがないようです。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周 ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する