即時更新でお届けする、日本一周の旅実況中継

 | ホーム | 

DSC07486.jpg
依然としてどんより曇っているものの、雲は薄く空は明るめで、暫くは本降りの雨にはなりそうもありません。このような時に恰好の仕事がありました。散髪です。何日か前からそろそろ切りたいと思っていたのです。
ところが石垣島には格安の床屋がまるで見当たりません。探しに探してやっと見付けたのがその名も黄色い床屋さんです。店頭にもカットのみなら千円と明記してあります。それを見て安心して入ったのですが、これがとんでもない店でした。

先客の姿はなく、店内には主人一人です。その主人は順番待ち用に置かれたソファに寝そべるように深々と体を沈ませていました。私を見ると面倒臭そうにゆっくりと立ち上がり、挨拶もなしに仏頂面のまま椅子に座るよう促してきました。しまった、酷い店に入ってしまったと思ったのですが、さらに酷かったのはその後です。
私は椅子に座ると眼鏡を外しました。普通床屋では一時的に眼鏡を入れておく容器を差し出すか、或いは丁寧に受け取って預かってくれるものです。ところがこの黄色い床屋さんの主人、私が手に眼鏡を持っているというのにその上から乱暴にシーツを被せてくるではありませんか。
その後の仕事のいい加減さは説明するまでもありません。床屋の仕事を続けるのが嫌で嫌で仕方ないのでしょう。まともな商売をしようという姿勢が完全に放棄されています。それにしてもこんな店が営業していることがそもそも驚きです。これが大都市だったら来月にでもつぶれてなくなっているでしょう。言うまでもなくもう二度と行くことはないですが、しかし困ったものです。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周 ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する