即時更新でお届けする、日本一周の旅実況中継

 | ホーム | 

DSC07545.jpg
二軒目へ移行します。那覇にいた時からずっと思っていたことですが、近年は二軒目以降については余り必死に店選びをしなくなりました。これは歳とともにどんどん食が細くなってきたというのが最大の理由です。先発の店で三皿も頼めばあらかた腹は満ちてしまい、その結果、二軒目については料理についてあれこれうるさいことを言う必要もなかろうと思うようになったのです。誤解を恐れず乱暴な言い方をするなら、二軒目はあと少し飲み直せれば何でもいいということになります。

釧路や高知のように名店が目白押しの町は例外となりますが、そのような時は昼食を抜くなど心身共に万全の態勢を整えて臨むのです。そうやって初めて二軒目、三軒目にもとっておきの店を訪ねることが出来るのです。
では、軽く飲み直せればそれでいいという時に良いのがどのような店かというと、それは串ものの店です。焼き鳥や串揚げといったものなら小さい単位で注文出来るし、少量でもあれこれ味わうことが出来ます。そして味付けが濃いものが多い。まさに二軒目以降にうってつけなのです。

DSC07544.jpg
さあ前置きが長くなってしまったのでそろそろ暖簾をくぐりましょう。やって来たのはその名も18番街を屋号に冠しただるまです。飲み屋の灯りが途切れる辺りにひっそりと佇んでいます。しかしこれが実に個性的、良くも悪くも癖のある店でした。
主人が一人で営んでいる店です。カウンターが十席、あと六人掛けと四人掛けの卓が一つずつです。酒も料理も給仕も会計も、何から何まで一人でやる店としてはこれは決して小さくありません。むしろよく回せるものだと感心します。おしぼりとお通しはセルフ方式で、客席の片隅にあるおしぼり・お通しコーナーに歩み寄って自分で取ります。こんな居酒屋は初めてです。そして主人は終始無言で愛想の欠片もありません。それでいながら酒も焼き鳥もたいへん美味なのです。酒肴の提供に特化していると言ってもいいでしょう。

ジョッキは頃合いに冷やしてあって注ぎ方もごく丁寧、生ビールも酎ハイも実に美味いです。目の前の硝子ケースに入った焼き鳥のネタはその大きさ、色合いからしてももう美味が約束されたような頼もしさです。一本130円のつくねなどは東京の激戦区でも勝負出来ると思いました。盛り付けも丁寧できれい。そう思って店内を見渡すと、隅々まで掃除が行き届いているのがすぐに分かりました。職人気質を絵に描いたような主に久々に会った気がします。
一方で、このようなとっつきにくい主人が常に忙しく動き回っているので、注文を飛ばすのも容易ではありません。常に主人の顔色を伺うようにして飲むのは肩が凝ります。そういう意味では一人で行くのには向いていないと言えます。しかし島でこれを超える焼き鳥屋があるとはとても思えません。余り混んでいないことを前提に、二軒目の店として再訪する可能性は大いにあります。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周 ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する