即時更新でお届けする、日本一周の旅実況中継

 | ホーム | 

DSC07647.jpg
DSC07645.jpg
記念すべき八重山の島旅第一弾は、鳩間島です。面積もごく小さく一番地味な鳩間島が先陣を切ることを意外に思われる方も多いと思います。私も初めはこのつもりはありませんでしたが、これにはもちろん理由があります。順を追って説明させて下さい。

乗り放題切符は与那国島と波照間島を除いた全ての定期航路がある離島、即ち竹富島、小浜島、黒島、西表島、鳩間島への各航路に乗ることが出来ます(料金を追加すれば波照間航路も乗船可)。この中から小浜島、黒島、鳩間島の三つを訪ねると言いましたが、これは他の島は日帰りでなく泊りがけで行きたいからです。西表、波照間、与那国についてはこれは当然のこと、説明するまでもないでしょう。竹富島は石垣島からごく近くて面積も小さく、日帰りで行ける島の代表格ですが、敢えてここに泊りがけで行きたいのは、前回体験した夜の風情、早朝の風情が素晴らしかったからです。だから四日間乗り放題の切符もあったのですが、三日間のものを買ったのです。

DSC07649.jpg
DSC07653.jpg
さて、では小浜島、黒島、鳩間島の中から最初に行くのが何故鳩間島なのかという話です。これには二つ理由があります。まずは小浜航路、黒島航路が台風でも来ない限りまず欠航しないのに対して、鳩間航路は欠航率が高いのです。梅雨が明けて南風が吹く今の時季に欠航することはまずないのですが、どの島から行っても差はないのであれば欠航率の高い航路から先に乗るのはむしろ当然でしょう。
もう一つの理由は、八年前の前回に鳩間島へ行った時の失敗です。小浜島と黒島には見事な晴天の日に渡れたのですが、残念ながら鳩間島へ行った日だけはどんよりと曇っていたのです。あの時の借りを返すべく、今日が晴れているならまずは鳩間島をおさえたかったというわけです。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する