即時更新でお届けする、日本一周の旅実況中継

 | ホーム | 

西表島で一つ印象的だった出来事を振り返ります。民宿八重に三泊したうち一日は居酒屋へ行ったわけですが、あとの二日は宿で飲みました。部屋にテレビもなく(そもそもテレビ嫌いなのであっても見ませんが)、飲みながらやる事といえば本を読むことくらいです。あったのは五種類程の漫画だけでした。その中から選んだのが「光の島」という作品でした。

DSC08129.jpg
この時初めてこの作品の存在を知ったのですが、何と八重山の離島が舞台の物語だったのです。それも有人ながらかなり小さい島、読み進めるうちに色々な面におけるその島の規模が明らかになっていくわけですが、私は早い段階から鳩間島を舞台にしていると確信しました。
さらに読み進めると「正面に大きく西表島が見える」という表現が現れます。これによって決定的となったわけですが、それよりずっと前に私はこの確信に辿り着いていたのです。それは心地の好い感覚でした。何故なら、これはつい最近実際に鳩間島を訪ねたからこそのものだからです。そうでなかったらこの表現が出てくるまでそうと分からなかったでしょう。旅の情景の記憶、そしてその鮮度というものを実感しました。そしてそれが徐々に失われていくことの哀しさにも、改めて気付いたのです。この先あと何年健康な体で旅が続けられるか分かりません。一つ一つの旅の情景をこれまで以上に大事にして旅をしていきたい、そう思わせてくれる出来事でした。

この漫画を読み進めている途中で、思わず屋上に駆け上がりたくなりました。正面間近に鳩間島の姿があります。この漫画がこの宿に置いてあったのは偶然ではないでしょう。そういえばかつて与那国島へ行った際、ゲストハウスに「Dr.コトー診療所」が置いてありました。台風で閉じ込められた日、それを読み耽っていたのです。舞台となった島を目の前に見てからまた読み続けるのは何とも印象的でありました。
ちなみにDr.コトーは原作においては舞台は鹿児島の甑島なのですが、それはまあそれとして…

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周 ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する