即時更新でお届けする、日本一周の旅実況中継

 | ホーム | 

DSC08950_20180827163025f40.jpg
この流れならば、市場通りにある無数の古く味わいある食堂の中からどれかを選んで入るのが自然です。そしてそうしたい気持ちも勿論ありました。しかしそれらを差し置いて前から気になっていた店で昼を食べることにしました。農連プラザの二階の食堂街に入る表題の店です。

むろん味わいのようなものはありませんし、大仰な屋号も無粋で気に入りません。しかし開店記念でそれぞれが百円引き、カツカレーで元の価格が通常のカレーの百円増しの700円と、ただでさえ安いところにこれは魅力です。潔くカレー専門でやっている店のカレーというものをたまに無性に食べたくなるというのもありました。

DSC08951.jpg
注文したのはその600円になっているカツカレーです。しかしカツは薄く固く、お世辞にも美味とは言えません。ルウも深みがなく凡庸な味わいで、専門店と思えば物足りないです。魔法のランプのようなカレーポットは見た目には興奮必至ですが、残念ながらこれはカツカレーには合っていません。これだとカツにばかりルウがかかってしまうからです。そもそも皿が小さくて食べづらいです。見た目を重視して食べ易さを損じてしまっているのは本末顛倒です。
一方で美点は、ルウに入っている牛肉が柔らかく煮込まれていてたいへん美味なことです。ここから導き出される結論は、カツカレーはいまひとつですが普通のカレーは全く悪くないということです。今なら500円で食べられるのだから尚更です。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する