即時更新でお届けする、日本一周の旅実況中継

 | ホーム | 

二軒目へ移行します。那覇の居酒屋巡りの変遷として、初期は沖縄料理を色々と味わえる店を求め、まず目を付けたのが「なかむら家」でした。しかし通ううちに粗が見えてきました。客層が俗で騒がしいこと、何より刺身がいまひとつという致命的な欠点がありました。やがて豆腐が美味い「じぇいや」と宿のすぐ近くの「花咲」に落ち着いて今に至ります。
では今回那覇で最も多く足を運んだ店はどこか。それが変哲もない焼き鳥屋だと言ったら、意外に思われる方も多いでしょう。

DSC08972.jpg
これは偏に、最も多く訪ねたこの店がその全ての回で二軒目だったからです。石垣島で「だるま」を訪ねた際に力説したのですが、歳とともに食べる量がどんどん減っているという状況下で、二軒目で再び一通りの劇を作ることが出来なくなってきました。こうなると串ものの店が二軒目には理想的なのです。串ものなら小出しに次々と注文出来るし、少しずつ色々な味を楽しめるし、大体のネタはどんな酒にも合います。

そしてこの店は静かなる実力店です。串のあらゆるネタだけでなく、お通しのキャベツをひとかじりしただけで良い物を仕入れていると分かります。粗くちぎって味噌を添えただけのキャベツのお通しを、ここではいつもきれいに平らげていました。焼きも丁寧で何を食べても美味く、値段も良心的です。
こんな店が宿のすぐ近くにあって深夜まで営業していると言えば、最も多く通ったことに納得していただけるかと思います。唯一の欠点はカウンターが四席しかなく、その全てが埋まっていることも少なくないことです。しかし外からカウンターの空席状況がよく見えます。これは独酌にとって重要な要素なのです。今夜も盤石のリリーフをしてくれました。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周 ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する