即時更新でお届けする、日本一周の旅実況中継

 | ホーム | 

DSC09042_2018090618094631e.jpg
長期滞在していた那覇の宿を出て移動の旅を再開するにあたって、この先不要になる荷物を実家に送りました。やはり結構な量になりました。珍しく箇条書きを用いて一覧を記します。

シュノーケル、水着
スニーカー
ここまでの日記
撮影済みのSDカード
船の切符など記念品の類
郵便貯金の通帳
まっとうな温泉
さぬきうどん全店制覇攻略本
腹筋ローラーおよび膝下用のマット
飯盒
フライパンとフライパン洗い用のブラシ

日記はノートではなくルーズリーフを使って書いていたので、ここまでの分は送ってしまいます。紙というやつは意外と重く嵩張るもので、これも減らせば大分違います。通帳とは記念貯金用の通帳のことで、欄が全て埋まった先代です。この中で特筆すべきは飯盒、フライパン、そしてまっとうな温泉でしょう。

DSC09044_2018090618094854b.jpg
前回の日本一周と今回の大きな違いは、前回は飯盒で頻繁にご飯を炊いていたのに対して今回は一度もこれをやっていないことです。歳とともに米を食べる量がどんどん減ってきたこと、今回は序盤の花見の旅がかなり忙しかったので朝に米を炊いている時間がなかったことが原因です。こういったことは旅の序盤に習慣がつかないと面倒になってしまうのです。それにしてもただの一度も使わないとは自分でも思いませんでした。

フライパンも似たようなものです。記憶が正しければ、使ったのはここまでの一年半の旅の間で僅か二回だけ。晩酌のあてに肉を焼いて食べたのです。重さと嵩があるくせにこの使用頻度では、持っていても仕方ありません。送ってしまうに限ります。

DSC09043_20180906180947c87.jpg
満を持してこの日本一周に持って出たまっとうな温泉ですが、ここまでに使ったのはこれも僅か二回。これは予想外の展開でした。どうしてこうなったのかというと、この本に載っている温泉は人里離れた山の中にあるものが多いのです。入浴するためにわざわざ経路から外れて行き止まりの山道を行き、引き返して来なければならないような所ばかり。これは原付の旅には重荷なのです。
この先の復路の旅でも一度や二度くらいは出番があるのかも知れませんが、この本の大きさや厚さを考えるとこの使用頻度では携行する割に合いません。残念ながらこれも送ってしまいます。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
コメント
この記事へのコメント
ビートさんこんにちは。

今回の記事は非常に興味深いですね、原付旅の場合は基本的に携行できる荷物が限られているのでこう言った取捨選択は避けられない事だと思います。

そしてその人の旅のスタイルによっても必要な物は変わってくるのでこのあたりは個々の判断も変わってくるかもしれないですね。

個人的には腹筋ローラーの退場は残念な気もしますが結構嵩張るので仕方がないですね(実際自分もずっと旅中携行していましたので)

あとは讃岐うどんの本を返すと言う事は帰路では四国に立ち寄られないのかと勝手に勘ぐっていますが良い意味での裏切りを期待しています(笑)
2018/09/06(木) 20:11 | URL | トミー #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する