即時更新でお届けする、日本一周の旅実況中継

 | ホーム | 

本当は整備が終わったカブで慣らし運転がてら海沿いの景色の良いところを走ったり城山展望台に行ったりしたかったのですが、残念ながら天気が良くありません。バイク屋への行き帰りで雨に打たれなかったのが幸運なくらいです。仕方なく宿に留まっていてもやる事がありません。暇に飽かして数日前にあった印象的な出来事を書いてみます。とはいっても悪い印象です。

DSC06570.jpg
DSC06571.jpg
名護のゲストハウス、ALL FRIENDSにいた時の話です。ここは談話室がたいへんに広い宿で、幾つかのソファに加え、ゆったりと四人が、詰めれば六人が着けるテーブルが四つも置いてあります。そのテーブルの一席で朝食を食べていました。その時この広大な談話室に私一人で、がらんとして静まり返っていました。そこに一人の若者がやって来ました。彼も手に朝食を持っていたのですが、驚いたことに私の向かいの席に座ったのです。
陽気で友好的な外国人が、よかったら朝食をご一緒してもいいですか、と笑顔で近付いてきたわけでありません。無表情で無言のまま私の目の前にすっと座り、無言のまま手に持っていたものを食べ始めたのです。むろん初対面の人間です。では一体何故これだけの広い場所でわざわざ私の前に座るのか。私だったら努めて離れた席に座りますが。まったくもって理解に苦しみますが、とにかくこういう奴が一番嫌いです。
これが美しい女性で、上目遣いでちらちらと目配せしてくるというなら色々な意味で状況が違ってきます。しかし断りもなく無言で目の前に座ったのは冴えない面構えをした男なのです。そして私と目を合わせるでもなくうつむいて無言で食べ続けています。ただただ不自然で気持ち悪く、そして不愉快でした。一気に朝食が不味くなりました。一体何が目的だったのか、返す返すも理解に苦しみます。

私はこういう時に、不愉快だからあっちへ行けとはっきり言う人間です。しかしこの時もう食べ終わる寸前で、そしてフェリーの時刻を気にしながら本部港へ急ぐことで頭が一杯で、こんな輩の相手をしている場合ではありませんでした。そのような状況だったのが不幸中の幸いだったかも知れません。しかし今思い出しても気持ちの悪い出来事でした。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する