即時更新でお届けする、日本一周の旅実況中継

 | ホーム | 

高いに不思議の高いあり、安いに不思議の安いなし。先日二千円という安価で購入した新しいバイクカバー、値段の割に生地が厚くしっかりしていると言いましたが、徐々に粗も見えてきました。

DSC09184_201809121749509e9.jpg
まず、バイクの大きさに合わせてバックルで絞ることが出来るのですが、上部中央のバックルを留めるとどうしてもこのような状態になります。そしてここに雨水が溜まってしまうのです。それから今はまだ初期の撥水性が保たれていて、見事に水をはじいています。それにもかかわらず中に水が沁み、カバーの内側も濡れているのです。どうしてなのかと察するに、恐らく縫い合わせが雑なのだと思います。他には思い当たりません。
しかし前述の通りバイクカバーの意義の半分は防犯でもあります。二千円と思えば何ら不満はありません。強い雨に打たれそうな時は敢えて上部のバックルを留めないなど、使い方を工夫する余地がありそうです。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周 ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する