即時更新でお届けする、日本一周の旅実況中継

 | ホーム | 

166kmを走行して四時半に鹿児島市街に戻って来ました。やはり薩摩半島周遊は一日にちょうどよい分量です。
九ヶ月間もいたのだから無理もないのですが、あらゆる点において沖縄のものが基準になり、沖縄のものが日々の当たり前になっていました。まだその感覚から復帰していなくて、違和感があります。それでも家並みや町並みなどについては今日一日走り回って大分倭のそれが馴染んできました。一方でまだ元の感覚が全く戻っていない分野もあります。
一昨日からずっと気になっているのは、周りにサンダル履きで歩いている人が全然いなくて、皆靴を履いていることです。だってまだ九月中旬の鹿児島ですよ。昼間は真夏の暑さなんですよ。それにもかかわらずです。天文館で、鹿児島中央駅の商業ビルの中で、気付けば短パンにサンダル履きで歩いているのは私一人で、周りにはそんな格好の人は一人もいないのです。

沖縄では靴を履くなんて一部の職業の人の就業中に限られます。たとえば昼に夕にユニオンに買い物に行って、老若男女を問わず靴を履いている人を探す方が難しい。まだその感覚がまるで抜けていないのです。だから天文館に飲みに行くのに長ズボンと靴を履いていこうとは全く思えません。だって暑いから。
今夜もただ一人ぺたぺたとサンダルを摺って鹿児島の町を歩くことになりそうです。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周 ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する